FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年07月27日 (日) | 編集 |
ロト7セット球を個別に攻略するコーナー。
今週すぐには役立たないけど、おおよそ10週間後に、
また同じセット球が使用球になるかというときに重要。

今回は、セットCの8周後を徹底分析です。
 ↓

■数字の登場回数
(下線は最新使用回の当選数字)

4回出現 02 23 24
3回出現 04 06 28

2回出現 
07 08 12 13 15 
16 17 26 31 34 35


1回出現
03 09 10 11 14 
21 22 25 27 29 30 36 37


ボーナスのみ出現 05 20 33

0回出現 
01 18 19 32


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



本数字 ボーナス 接続
第68回 02 07 13 15 24 34 35 12 23 01 A(C)
第55回 04 12 14 17 23 30 36 13 33 1 I
第43回 04 06 07 08 24 31 37 05 13 21 G
第40回 02 06 11 23 26 31 34 07 20 111 F
第29回 02 03 16 17 24 26 28 15 31 11 J
第22回 02 04 08 09 15 23 25 03 10 01 H
第13回 06 10 16 21 27 28 35 15 34 1 A
第4回 12 13 22 23 24 28 29 02 14 - G
水色=同ット前回から繰り越し、=同セット三巡繰り越し、接続=前の回に使用されたセット

■各十台の出現
00台 10台 20台 30台
累計 16個 13個 18個 9個
平均 2.00個 1.63個 2.25個 1.13個

■連続数字など/難易度
続・空き 下一桁 その他の特徴 1等
第68回 連1間1 同2 特になし ★2 1口
第55回 連0間1 同1 特になし ★4 1口
第43回 連0三連1間1 同2 三連間複合、
10台無し、00台4つ
★2 0口
第40回 連0間0 同2 特になし ★3 1口
第29回 連2間2 同1 三間1、カレンダー内、
30台無し
★2 0口
第22回 連1間2 同1 カレンダー内、
30台無し、00台4つ
★3 0口
第13回 連1間0 同1 特になし ★4 0口
第4回 連2三連1間0 同2 カレンダー内、
00・30台無し、20台5つ
★0 0口
易=このブログ独自判定の当てやすさ、難★1←→★5易

■繰り越し
前回り越し ボーナスから 回から ット前回
第68回 3個・07 15 35 0 0 0
第55回 1個・23 0 3個・04 14 36 1個・04
第43回 1個・31 1個・08 1個・08 2個・06 31
第40回 2個・23 26 0 1個・34 1個・26
三巡1個・02
第29回 0 0 2個・17 28 1個・02
第22回 3個・09 15 25 0 2個・02 23 0
第13回 1個・27 0 0 1個・28
第4回 1個・23 0 2個・24 29 -

■球の色(抽選順)
本数字 ボーナス
第68回              
第55回              
第43回              
第40回              
第29回              
第22回              
第13回              
第4回              

■セットCの球の配色
セットC
01
08
15
22
29
36
02
09
16
23
30
37
03
10
17
24
31
 
04
11
18
25
32
 
05
12
19
26
33
 
06
13
20
27
34
 
07
14
21
28
35
 



■傾向
常に先頭で使われているセット球なので、
ロト7全体のトレンドを左右する重要な存在かも。

8巡目の一番乗りは譲ったかもしれませんが、
東京抽選だけの視点では8巡目トップバッター。



8巡目で02 24が当選し、先に4回当選した23に並ぶ。
出現率50%の数字が3個もあるのは結構スゴい。

しかも、2324のどちらかが出たのが8巡中6巡で、
規則正しく交互に出ている。
両方出たのが一巡目だけ、両方出なかったのが2巡目だけ。
どちらかを予想に入れるのも有効だと思います。
次回は順序的に23

それに続く2回出現グループは04 06 28
00台偶数と、かつてのトップ4含む20台で、
ロト7全体の傾向と合っていて興味深い。

第68回当選数字は、02 24の他は、
1回当選グループから5個と異様なかたより。
本数字未当選が少ないとはいえ、バランス良くない。

「各十台あり」と「いずれかの十台無し」が、ほぼ交互に出現。
第68回で初の連続「各十台あり」となりましたが、
ズレていた流れが元に戻って各50%の出現率に。

8巡目を終了して、20台だけが皆勤賞を維持。



第68回の要素は、1組・空き1組・下一桁数字2組。

●平均よりやや薄め&各十台あり
●要素濃いめ&いずれかの十台無し

のどちらかにキレイに二極化している印象でしたが、
第68回は前者の「平均よりやや濃いめ」となりました。

下一桁数字は、1組が4巡&2組が4巡。
完全に均衡しているので、独立して考えた方が良いかも。

「00台爆発」や「20台爆発」が多かったけど、
徐々にマイルドな傾向になっているかもしれません。
もちろん「濃いめ」にヤマを張るのも戦略のひとつ。



繰り越しは、第68回はり越し3個と波乱。
定期的にり越し多め回が発生する傾向。

ボーナス繰り越しは0個で順当。

回繰り越しは0個で少なく、
ット球繰り越しも0個で少ないという変わった結果に。

ただ、ット球のボーナス数字が、次の本数字に繰り越す
セットCならではのパターンが見事に発現。

ここにも、次の順で23登場のフラグが発生っぽい。



ここで、セットCの繰り越しと「23」の不思議な関係について。

「23」は8巡中4巡出ているわけですが、
その4回中3回で「23」が前回り越し数字となっています!
残りの1回は前回繰り越し!

この変わった記録はセットCだけでは達成できません。
前の回に「23」が当選していなければならないわけですから。

で、調べてみるとセットCの前の週に「23」が当選したのは、
8巡中4巡あります。その4巡のうち3巡でり越し。
そう、1回空振りしているんです!
第42回で「23」が当選した次の回、第43回でセットCを使用。
ですが「23」は当選せず前回り越し数字とならず。

そして、8巡目・第68回は、前回も前々回にも「23」は出ず。
しかし、前回は大阪抽選で、3回前は「23」が当選。
つまり、東京の前々回で「23」が当選という中途半端な状況。
その結果・・・ボーナス数字に23が当選。
68回抽選して、なんとこれが「23」のボーナス数字初当選。

そして出現率50%なのに「23」のット球繰り越しは0回。
1・3・5・7巡目の奇数順に完璧に飛び石当選。
ご丁寧に偶数巡は完全に1回休み状態。
(代わりに「24」が出ることが多い)

これって、単なる偶然の確率を超えている気がします。



球の色の出方にも特徴があります。
8巡経過しても、いまだに「緑」が皆勤賞をキープ。

「緑」に02 23があるのは強いですが、どちらも出ないときに
ロト7全体の出現数最下位「37」が当選したりという運もある。

そして、さすがに「7球目が緑」は、もう無理かな。



■次回以降の展望
「20台が強く、30台が弱い
 00台か20台で密集系多発型、
 いずれかの十台無しの濃いめ(3分の2)
 または、特徴のない薄め(3分の1)
 ただし、下一桁数字は1〜2組」と分析。

オプションでカレンダー内。
順序が変わった揺り戻しで、次は「濃いめ」かも。

ット球繰り越しは1個が無難といえば無難。
前回ット球のボーナスから繰り越しは要チェック!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック