FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年08月17日 (日) | 編集 |
ロト7セット球を個別に攻略するコーナー。
今週すぐには役立たないけど、おおよそ10週間後に、
また同じセット球が使用球になるかというときに重要。

今回は、セットBの7周後を徹底分析です。
 ↓

■数字の登場回数
(下線は最新使用回の当選数字)

4回出現 34
3回出現 02 

2回出現 
01 03 08 10 14 15 
21 22 28 29 32 35 36


1回出現
06 07 09 11 13 16 17 18 19 20 
23 24 26 30 31 37


ボーナスのみ出現 05 25 33

0回出現 04 12 27


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



本数字 ボーナス 接続
第71回 01 06 13 29 34 35 37 02 15 01 F
第60回 03 07 09 15 16 23 34 05 33 01 A(E)
第52回 08 10 22 24 26 32 34 05 09 2 D
第41回 02 03 08 15 34 35 36 25 28 0 C
第27回 01 10 11 14 17 18 28 25 26 1 D
第19回 02 14 19 20 21 22 31 01 15 2 G
第8回 02 21 28 29 30 32 36 06 08 - H
水色=同ット前回から繰り越し、=同セット三巡以上繰り越し、接続=前の週に使用されたセット

■各十台の出現
00台 10台 20台 30台
累計 12個 12個 12個 13個
平均 1.71個 1.71個 1.71個 1.86個

■連続数字など/難易度
続・空き 下一桁 その他の特徴 1等
第71回 連1間1 同0 連間複合 ★3 0口
第60回 連1間1 同1 特になし ★3 1口
第52回 連0間4 同2 間2三間1、全偶数 ★0 0口
第41回 連1三連1間0 同1 20台無し ★3 0口
第27回 連2間0 同2 カレンダー内
30台無し、10台5つ
★2 0口
第19回 連0四連1間0 同2 カレンダー内 ★1 0口
第8回 連0三連1間1 同1 三連間複合、10台無し ★2 0口
易=このブログ独自判定の当てやすさ、難★1←→★5易

■繰り越し
前回り越し ボーナスから 回から ット前回
第71回 1個・35 0 3個・
13 29 37
0
四巡1個・34
第60回 0 1個・34 2個・07 23 0
三巡1個・34
第52回 0
四1個・08
0 1個・24
四1個・08
2個・08 34
第41回 2個・02 34 0 0 0
第27回 0
三2個・11 18
0 2個・01 17
三2個・11 18
1個・14
第19回 2個・21 31 1個・20 2個・02 22 2個・02 21
第8回 1個・29 0 1個・30 -

■球の色(抽選順)
本数字 ボーナス
第71回              
第60回              
第52回              
第41回              
第27回              
第19回              
第8回              

■セットBの球の配色
セットB
01
08
15
22
29
36
02
09
16
23
30
37
03
10
17
24
31
 
04
11
18
25
32
 
05
12
19
26
33
 
06
13
20
27
34
 
07
14
21
28
35
 



■傾向

1巡目、28 29 30 32三連間複合
2巡目、四連続数字
3巡目、10台5つで、その中に続数字2
4巡目、連1三連1で、希少な20台無し
5巡目、ロト7初の全偶数! ロト7初のり越し!
 空き数字4組で、全ての数字が空きに絡む「間2三間1」

からのー・・・・・
6巡目、平均値ど真ん中連1間1・同1・各十台あり
7巡目、平均値の薄め連1間1・同0・各十台あり、連間複合

明らかに6巡目から普通になっているけど、
7巡目は薄めの割には30台の連間複合でトリッキー。

過去に「34 35 36」の三連が出ているので、
「34 35 37」の連間複合は意外ではないし、
むしろ派手な傾向への回帰かもしれない。

「普通過ぎた」6巡目で1等が1口出ましたが、
また1等0口に戻って防御率の高さをキープ。



各十台別の平均出現率を見ると、
絶妙なバランスの妙で、各十台が計ったように横一線に。
しかし、わずかに頭ひとつ抜け出しているのが30台。
他の十台より個数が少ないのに大健闘。

7巡全てで、いずれかの十台が3個以上同時当選をキープ。
しかも、3個以上×2つの十台が2回。
20台と30台が3回ずつ、00台が2回、
10台は1回のみだけど5個同時当選。

10台無し、20台無し、30台無しが1回ずつで、各十台あり4回。
過去に「00台無し」だけが無い。



34がセットB四巡繰り越し達成。
セットBでの出現数4回で単独トップになりました。

ロト7全体では「四週繰り越し」達成するまでに、
65回=1年3ヵ月以上かかりました。

なのに、セット球個別ではわずか7巡で「四巡繰り越し」クリア!
これは同じセット球では、出やすい数字がかたよるのでは?
という仮説が裏付けされているようで期待が持てる。

出現数3回で単独2位なのが「02」です。
一時はロト7全体でも1位となるほど好調でしたが、
その後、長期休眠に入り、第68回に復活するも単発に終わる。

セットBでも最初の4巡で3回当選した後は、
最新の第71回にボーナス当選しただけ。
ロト7全体の流れが今後も影響するかも。

さらに、全体の流れに影響を受けているのが、
第71回時点で猛威を振るっている「弱数字の躍進」です。
定番最弱数字だった37が、セットBでも初当選。
そこそこの弱数字13も初当選。
下一桁*3と*7の弱め傾向も、かなり改善。

ここら辺りはセット球の垣根を越えて、
短期間に数回当選する勢いが感じられます。

上位2数字だけ突出していて、他はまんべんなく出る傾向。
第60回は過半数の4個が初当選。
第71回も3個が初当選で、10個あった1回グループから当選ゼロ。



圧倒的に偶数にかたよっていた奇数偶数比。
5巡目までは偶数の5勝0敗、うち1回は「全偶数」の完封!

しかし、6・7巡目ともに奇数偶数比5:2で奇数勝利。
こちらも弱数字躍進と同じように、
大きな視点で確率が均等になる力が働いている印象。



15が本数字・ボーナスともに強いのは、やはりロト7全体と一致。
そして、ボーナス数字で下一桁*5が強いのが謎。
最初の1巡除き、以降6巡の全てに登場。



繰り越しに関しては、多いって言うより派手。

1巡目、り越し1
2巡目、り越し2個+ボーナス繰り越し1
3巡目、り越し2
4巡目、り越し2
5巡目、り越し1

6巡目、り越し0個+ボーナス繰り越し1個+三巡繰り越し
7巡目、り越し1個+四巡繰り越し

標準的なのは1・7巡目だけ。
ただし、7巡目は前回繰り越し3個&同ット四巡繰り越し。



球の色は、まだまだ「黄色」が皆勤賞継続!
しかも上位2数字は「黄色」じゃないところがスゴい。

「赤」も当選無しは1回だけと安定。
こちらも上位2数字を含んでいないのに・・・。

「紺」がまた出ず、過去に本数字2回・延べ2個のみ当選。
圧倒的な最弱色となっています。



■次回以降の展望
「いずれかの十台が3個以上。
 要素濃いめで連続系極地爆発型」

または、
「いずれかの十台が3個以上、各十台あり。
 要素平均値連1間1・同1近く」と分析。

オプション:球の色「黄色」1個以上、「紺」削除。

意外にロト7全体の流れの影響を受けやすいみたいなので、
濃いめ狙いでも、そのときどきのトレンドに合わせ、
三連や連間複合など、使い分けるのがいいかも。

繰り越し関連は「多め」というより「派手め」狙い。
次巡は34五巡繰り越しを狙っても面白そう。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック