FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年09月22日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、キャリーオーバー無し。

過去の実績からすると、次回第77回の当選金額は、
1等単独当選で、2億円強と予想されます。

1等前後賞あわせて3億9千万円の
『オータムジャンボ宝くじ』が発売中。

それに対して目玉となる話題が無いロト7・・・
いえいえ、第77回ロト7で、7が三つ並んで777
きっと良いことありますって。



それでは第77回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第76回までの数字の登場回数は以下の通り。
(下線付は最新回当選番号本数字)

23回出現 23  
22回出現 04  21回・20回出現 なし  
19回出現 15 28  
18回出現 24  
17回出現 08 29
16回出現 02 05 34 36 

15回出現 01 06 07 13 16 17 30 33
14回出現 11 12 35
13回出現 03 19 21 27
12回出現 10 31 32

11回出現 09 14 18 20 26
10回出現 37
9回出現 22 25


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第76回〉 04 13 18 29 32 34 3624 33


★直近6回出現回数上位
3回 13 32  
2回 04 12 15 16 18 19 29 31 34 35 37



★本数字に現在連続出現していない長さ下位
20週 26  16週 03  13週 08  
8週 02 07


★本数字に10週以上出なかったことが複数回ある数字 青文字は継続中
13週&12週&10週&10週 22  

26週&14週&11週 25  20週&13週&10週 26  
17週&16週&10週 37  17週&14週&13週 31  
16週&15週&10週 20  13週&12週&10週 09

24週&12週 18  20週&10週 02  19週&11週 13  
19週&11週 21  18週&17週 32  18週&11週 27  
16週&11週 03  14週&11週 10  12週&11週 05  
13週&10週 08  12週&10週 06  11週&10週 11  
10週&10週 24

★本数字に10週以上出なかったことがある数字
23週 19  18週 14  17週 12  13週 07、17、29、34  
12週 35  11週 28、30、36  10週 01、16


★本数字に10週以上出なかったことがない数字
04、15、23、33



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第76回04 13 18 29 32 34 3624 3311
第75回04 09 15 17 19 35 3710 2010
第74回05 13 14 15 16 24 3109 1111
第73回12 16 23 25 27 30 3228 3320
第72回11 12 18 19 20 31 3209 2101
第71回01 06 13 29 34 35 3702 1513
第70回09 10 18 21 27 33 3504 1101
第69回13 17 20 22 28 29 3711 1211
第68回02 07 13 15 24 34 3512 2330
第67回07 11 15 17 18 25 3506 3321
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




■これまでの傾向

9週休眠から目覚めた04が連続当選!
23が1位 出現率30.3%!
04が2位 出現率28.9%!
15 28が3位 出現率25.0%!


本数字+ボーナスの総合出現数
15の首位は変わらずも、3位争いが超熾烈


かつてのワースト3の18 25 37から、18が当選


波乱の「20台無し」の後は標準の「各十台あり」
00台出席率89.5%(68回/76回)
20台出席率93.4%(71回/76回)


3回連続標準のり越し1
前回からり越し1個以上は81.3%(61回/75回)


こちらも標準に戻って下一桁同1
下一桁数字1組以上は、90.8%(69回/76回)


直近4回で3回も「三間」が登場
三連続数字以上の出現率は、25.0%(19回/76回)



★過去に頻出していた流れ
壱、00台爆発&10台沈黙、濃いめ
弐、10台多数&あまり出ていない数字出現、薄め

第76回は、夏前までの傾向と一致しない



■詳細解説
かつてのトップ4数字23 28 29 30からは、貴重な29の当選。

★トップグループ数字出現傾向 ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第76回04 13 18 29 32 34 3624 33
第75回04 09 15 17 19 35 3710 20
第74回05 13 14 15 16 24 3109 11
第73回12 16 23 25 27 30 3228 33
第72回11 12 18 19 20 31 3209 21
第71回01 06 13 29 34 35 3702 15
第70回09 10 18 21 27 33 3504 11
第69回13 17 20 22 28 29 3711 12
第68回02 07 13 15 24 34 3512 23
第67回07 11 15 17 18 25 3506 33
第66回01 11 25 28 31 33 3703 20
第65回04 07 12 22 23 24 2825 34
第64回04 15 16 17 20 29 3619 26
第63回04 08 19 24 28 30 3212 37
第62回04 10 12 15 27 32 3309 16
第61回05 10 11 21 28 31 3713 14
第60回03 07 09 15 16 23 3405 33
第59回05 08 12 13 21 30 3527 34
第58回01 06 07 08 23 32 3311 34
第57回05 06 12 16 17 20 3308 32
第56回04 23 26 27 28 32 3629 30
第55回04 12 14 17 23 30 3613 33
第54回01 03 05 10 18 22 2307 35
第53回01 04 14 16 20 33 3612 30
第52回08 10 22 24 26 32 3405 09

これ以前のデータは、↓をご覧になってください。
「ロト7・2013年度「23・28・29・30(+02)」出現傾向」

23 28 29 30の中から、いずれも本数字に出なかったのは過去24回。
いずれかが本数字に当選する確率は68.4%。

かつてのトップ4数字が最大の危機に直面する中で、
起死回生の「三番手」29の当選となりました。

爆発力と安定性を兼ね備えていた23も、
ここのところ勢いに陰りが見えて悲しい。
6月最初の第61回以降は特にパッとしない。

そこら辺りから弱数字躍進の兆しがあるのは
決して無関係ではないでしょう。

「強数字不振・弱数字躍進」から
「強数字・弱数字共存」への芽も感じられるけど、
まだまだ23の受難は続くかもしれない。



意外な30台爆発で、10台の大量当選はお休み。
しかし、00台と20台は1個ずつで、さらに影が薄い。

04が四週繰り越し→9週休眠→連続当選とワイルド過ぎる。
短期爆発力&長期休眠を特徴とする00台偶数の面目躍如。
02 08が後に続く可能性もありますが、
とりあえず04に任せて、休眠を続けるかも。

04 29」が強数字、「13 18」が弱数字、
32 34 36」で「三間」という大胆な構成。

04 15 23 28」の上位数字、
「23 28 29 30」のかつてのトップ4、
13 35 37」の最近好調弱数字、
18 25 37」のかつてのワースト3、
というようにキレイな配分で、ある意味オールスター。

まだまだ、弱数字躍進の流れは続くかもしれませんが、
強数字のミックス具合がカギを握る要素のひとつか。

30台は、第75回の「35 37」と、
第76回の「32 34 36」とボーナス「33」で異様な占有率。
反動で次回はカレンダー内「01〜31」に収まったりして。



総合出現数は、15の首位で変わりません。
しかし、3位の座を奪い合う激しい争いが勃発!
さらにその下も混戦模様で大きな動き!

本19回&ボーナス10回で計29回15
本17回&ボーナス8回で計25回08

本23回&ボーナス1回で計24回23
本22回&ボーナス2回で計24回04 ↑Up!
本16回&ボーナス8回で計24回34 ↑Up!

本19回&ボーナス3回で計22回28
本15回&ボーナス7回で計22回33 ↑Up!

本18回&ボーナス3回で計21回24 ↑Up!
本17回&ボーナス4回で計21回29 ↑Up!
本14回&ボーナス7回で計21回11

本16回&ボーナス4回で計20回05
本15回&ボーナス5回で計20回06

集計・検索は
「ロト7全当選数字シンプル版」をご利用ください。



かつてのワースト3の18 25 37から、18が当選。
いずれかの出現率は、直近5回中4回、
直近10回中8回で、先週と同じく80%をキープ。

今回は、かつてのトップ4と当選を分け合いましたが、
勢いは完全にこちらが上で、以前では考えられない出目。



各十台で分析。 ブルーグレー地=大阪抽選
76→80各十台あり

71→75各十台あり00台無し00台無し各十台あり20台無し
66→70各十台あり各十台あり各十台あり00台無し各十台あり
61→65各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり30台無し
56→6010台無し各十台あり10台無し各十台あり各十台あり
51→5510台無し各十台あり各十台あり30台無し各十台あり

46→50各十台あり各十台あり10台無し30台無し30台無し
41→4520台無し各十台あり10台無し30台無し各十台あり
36→40各十台あり20台無し各十台あり各十台あり各十台あり
31→35各十台あり各十台あり各十台あり10台無し各十台あり
26→3000台無し30台無し20台無し30台無し各十台あり

21→25各十台あり30台無し各十台あり20台無し30台無し
16→2030台無し10台無し00台無し各十台あり30台無し
11→15各十台あり00台無し各十台あり10台無し各十台あり
6→10各十台あり10台無し10台無し各十台あり10台無し
1→5各十台あり00台無し
10台無し
各十台あり00台無し
30台無し
30台無し

「各十台あり」→「10台無し」→「各十台あり」→「10台無し」→
六週連続「各十台あり」→「30台無し」→
三週連続「各十台あり」→「00台無し」→
二週連続「各十台あり」→二週連続「00台無し」→
「各十台あり」→「20台無し」→「各十台あり」でした。

 各十台あり  40回/76回  52.6% 
00台無し8回/76回 10.5% 
10台無し12回/76回 15.8% 
20台無し5回/76回 6.6% 
30台無し13回/76回 17.1% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第75回は超意外な「20台無し」でしたが、
第76回は基準に帰って「各十台あり」でした。

徐々に「各十台あり」の連続登場が短くなり、
盤石な体制が揺らぎつつあるのは、
弱数字躍進・濃いめ路線と連動しているかのよう。

要素濃いめが「いずれかの十台無し」で、
要素薄めが「各十台あり」というのが定番パターン。
30台に密集した「三間」と一応の濃いめなのに、
「各十台あり」だったのは、ちょっと基準外。

以上を踏まえると次回は、
濃いめで「いずれかの十台無し」でも全然おかしくない。
ただ、現実的には「各十台あり」が50%超なのも考慮すべき。
無難に行くなら半々で。



「直近6回での出現数」は、3回以上当選に13が再浮上。
入れ替わりに35がダウンするのは先週と逆のパターン。

ともに弱数字躍進の中心的な存在で、
直近10回で50%出ているほど勢いがある。

直近6回中2回当選グループを見てみると、
10台と30台が異様に幅を利かせているのが分かる。
かつての00台爆発・20台安定路線の正反対。



長期休眠数字から、11週休眠だった36が当選。
元々そんなに弱い数字ではなく、10回以上休眠は初めて。
なので、傷が深くならないうちに復帰できて良かった。

予備軍8週休眠に02 07と00台が入ってきたのが不穏。



★出現傾向

から1〜2個、
から2〜3個、
から1〜2個、
から1〜2個

ぐらいが基準になると予想しましたが、

から1個、
から3個、
から1個、
から1個、から1個

となりました。

一応は基準の範囲内に収まりましたが、
過去の実績を考慮すると、もっと上側に寄っていいかも。
つまり下克上の流れが根強いとも言える。

次回の基準は、同じく

から1〜2個、
から2〜3個、
から1〜2個、
から1〜2個

ぐらいと予想してみます。
流れを意識して下側を強めにするのもありでしょう。



第46回繰1三繰1→第47回・三繰1
第48回・繰0→第49回・繰2

第50回・繰1三繰1→第51回・繰1三繰1→第52回・四繰
第53回・繰0→第54回・繰1→第55回・繰1

第56回・繰2三繰1→第57回・繰0→第58回・繰2第59回繰1
第60回・繰0→第61回・繰0→第62回・繰1→第63回・繰2

第64回・三繰1→第65回・四繰→第66回・繰1第67回繰2
第68回・繰3→第69回・繰1→第70回・繰0→第71回・繰1
第72回・繰0→第73回・繰2→第74回・繰1→第75回・繰1
第76回・繰1→第77回?

3週連続り越し1個でとりあえず安定してきた。
最近の流れだと異変の可能性は常にあるけど、
一応の基準として立てられる安心感はある。

それにしても、り越しが全く出ない。
その原因も夏以降に変わった流れの一部と考えるのが妥当か。

り越し数字は1504と強数字系が続いているので、
29狙いも面白いけど全然連続当選していないんだな。



第76回の要素は、
0組・空き2組・下一桁数字1組 三間1

その前の回の
連0間3・同3 間1三間1、奇数偶数比6:1、20台無し
をひたすら地味にした感じ。

三数字密集系の濃いめではあるけれど、
全体的には、さほどギトギトに濃くはない。

ただ直近4回中3回で「三間」はやっぱり異常な頻度で、
『夢ロトくん』のマイブーム的ななにかがあるのかも。

連2三連1→間1三間1→四連→間1三間1→三間1
の次はどう続くのかが問題ですが、
超濃いめから、マイルドな濃いめに移っているのを
どう読むかがカギになるでしょうか。

マイルドな濃いめが続くか、一気に平均〜薄めに傾くか、
それとも超濃いめに戻るか、と色々考えられます。
三連? 三間? そのどちらでもない? でも迷う。

しかし流れが変わらない限り、濃いめが来そう。
マイルドな濃いめで、素朴な三連とか個人的に期待。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック