FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年09月26日 (金) | 編集 |
回別第77回
抽選日2014年9月26日
本数字03 10 23 25 26 28 30
ボーナス数字(15) (29)

1等0口 該当なし 
2等8口 943万1,900円 
3等99口 106万7,000円 
4等4,883口 1万2,600円 
5等7万9,505口 1,900円 
6等13万4,731口 1,000円 

販売実績額16億6463万6,700円 
=554万8,789口×300円 
キャリーオーバー1週累積  2億2068万2,015円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット A
抽選順序262825033023101529
球の色


■繰り越し
前回からり越し0
(本数字→ボーナス1個 29
ボーナスから0
回から0
(本数字→ボーナス1個 15
(ボーナス→本数字1個 10
ット前回から
(東京抽選)
3個 23 26 28(第56回・セットA
(ボーナス→本数字1個 30
(ボーナス→ボーナス1個 29

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間3・同2
その他の特徴三間連間複合、20台4つ
予想しやすさ☆☆☆☆☆ 3回連続「三間」入り

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

1等該当無しでキャリーオーバー発生!
億万長者は誕生ならずで残念でした。

しかし、今回ほど特殊な出目で1等を獲られても困る。
金額が持ち越されたことを素直に喜ぶべき。



なんと、三つの数字が間空きで繋がる「三間」が、
3回連続! 直近5回中4回!
という異様なまでの確率で頻発!

しかも、今回は「三間」の端から続数字が繋がり、
さらに、その先に空き数字が繋がる「三間連間複合」です。
かつてない5数字密集はクレイジーこの上ない。
23〜30の8数字から5個も当選だなんて。

しかし、4週前の「三間」は、
〈第73回〉 12 16 23 25 27 30 32 (28 33)
と、かなり近く構成数字も似ていた不思議。



弱数字躍進の影で調子を落としていたかつてのトップ4数字が、
本数字23 28 30、ボーナス29と大炸裂!
こんなに大挙出現は、かなり久しぶりに見た気がします。

本数字出現数同率3位、本+ボーナス総合出現1位だった15
ボーナス当選で姿を見せるなど強数字好調。
まあ、でも並んで3位だった28が本数字当選で、15は4位に転落です。

「かつてのトップ4+現在の上位3位」の中で完全沈黙だったのは、
先週に連続当選を果たした「04」だけという強数字の逆襲。

ところが、強数字復活の反面、弱数字躍進も続いていた。
かつてのワースト3は好調を維持で25が抜け目なく当選。

そして、厄介なことに長期未出現数字の中から、
現役最長20週休眠中だった26と、
それに次ぐ16週休眠中だった03の2個が当選。

強弱ミックス、上位と下位の二極同時爆発という超メンドーな分布。
加えて、1個だけ可もなく不可もない10がチョコンと鎮座。
これを全て当て切る手がかりはさすがにどこにもない。

先週は「強数字2個+弱数字2個+三間」で、
エッセンスは同じ方向性だけど、今回は複雑過ぎる。
でも、最近の流れを見事に体現しているのは確か。



久々の20台大爆発があったかと思ったら、
00台は調子を落としたまま。

ここでも初期のセオリーの「表」と「裏」が、
同時に出ているイメージで対処しにくい。

今回「各十台あり」ではあるんですが、
10台が10のみで、30台が30のみ。

なので、申し込みカードに書き込むと、
「01〜10」と「21〜30」の縦2列しか使わない。
しかも上辺が「03&23」で、下辺が「10&30」と揃う。
で、左「01〜10」列がスカスカで、右「21〜30」列が超密集。

とても生身の人間が書き込めるとは思えない。
1等出なくてホッとしたのが正直なところ。



要素を再確認。
続数字1組、空き数字3組、下一桁数字2組」
三間連間複合、20台4つ、各十台あり

まだまだ続く「三間」フィーバー。
といっても「五階建ての三階までが三間でした」
ぐらいの感覚なので、そびえ立つ高い壁の攻略は超難題。

連2三連1→間1三間1→四連1→間1三間1→三間1
→三間連間複合
・・・もう、訳分からん・・・。

先週は比較的シンプルだったのに、
先々週とは別の方向に複雑化してしまった。
それにしても、まだ「三間」は続くんでしょうか・・・。



繰り越し関連は、
前回り越しが0個、
ボーナス繰り越し0個、
回繰り越しは0
と、まるっきり共通性が無い。

ボーナス繰り越し0個は順当ではあるけれど、
繰0々0は確率的にちょっとおかしい。

でも、前回は20台が「29」のみで、前々回は「20台無し」、
今回が「20台4つ」だったことを考えると仕方がないのか。

一方で、同ット前回繰り越しは、3個と超ヒット!
しかも、ボーナス絡みでさらに2個が関連。

〈第56回〉 04 23 26 27 28 32 36 (29 30
「20台4つ」で、こちらは三連続数字ながら20台爆発は一致。

ちなみにセットAの前巡は大阪抽選でしたが、
125(本→ボ15)と意外に標準的でした。



今回の使用球は、そのセットA
1番目に長く使用されていなかったセット球。

8巡目を5セット残したまま、遂に9巡目に突入。
しかも前の周回と順序が同じでシャッフル感ゼロ。

そんな悪条件ながら、
最も長く使われていないというのが理由か、
あっさりと使用されてしまいました。

うーん、少しスルーしても良かったと思うけど・・・。



球の色は、本数字が5色で、同色2個×2色。
「赤」がボーナスのみだけど2個出現。
「紺」が完全沈黙となりました。

比較的普通で、特筆すべきことはない。



★その他の情報

リハ7704 13 15 23 26 27 3712 19

第77回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同2 「各十台あり」で平均やや濃いめ

こちらも強「04 15 23」+弱「13 26 37」と、
本抽選より分かりやすい、かなりの強弱ミックス。
このうち「23 26」が本抽選と共通。

でも、要素は平均に近いオーソドックスな結果。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック