FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年10月10日 (金) | 編集 |
回別第79回
抽選日2014年10月10日
本数字02 04 07 09 21 29 37
ボーナス数字(06) (36)

1等0口 該当なし 
2等8口 907万6,100円 
3等83口 122万4,700円 
4等4,630口 1万2,800円 
5等7万6,764口 1,900円 
6等12万7,730口 1,000円 

販売実績額16億0183万8,900円 
=533万9,463口×300円 
キャリーオーバー1週累積  2億1372万3,005円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット J
抽選順序072902210904370636
球の色


■繰り越し
前回からり越し0
(本数字→ボーナス2個 06 36
ボーナスから1個 07
回から0
ット前回から2個 29 37(第69回・セットJ

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0間2・同2
その他の特徴10台無し、00台4つ
予想しやすさ★★★☆☆ 初期に近いけど37が

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

1等該当無しでキャリーオーバー発生!
残念ながら億万長者は出ませんでした。

かたよりの大きい当選番号だったので、
1等が出ずにキャリーオーバーが発生して、
逆にホッとした人が多かったかもしれません。



初期に猛威を振るった「00台爆発・10台沈黙」の形。
00台で空き2組がややトリッキーで、
初期にはあり得なかった弱数字37の当選が異質。

最近の濃いめ傾向とは違う流れになったのに、
数字の強弱ミックスは復活した感じ。

各十台比率は、初期の定番の
00台4個・10台0個・20台2個・30台1個。
これ専門で狙う予想コーナーもあるぐらいなので、
かたよってはいるけれど比較的受け入れやすい。



要素を確認。
続数字0組、空き数字2組、下一桁数字2組」
10台無し、00台4つ

直近3回の要素の形の移り変わりは、
連1間3・同2連1間0・同2連0間2・同2

明らかに傾向が変わってきたものの
要素の形は空き数字が乱高下している以外は似ていて、
3回連続で下一桁数字2組なのが共通項。

とはいえ、今回は連・間・同のどれもが、
平均値から一歩ずつはずれていて難易度は高い。



繰り越し関連は、前回り越しが0個と基準外。
こちらも直近3回で0個→2個→0個と乱高下。
今回のボーナス数字が、2個とも前回の本数字だったのも特殊。

ボーナス繰り越しも1個で波乱。
そして、前回繰り越しは0個で少ない。

これら3項目も全て基準から一歩ずつはずれていて、
トータルとして物凄い差異が出てしまいました。

ット前回繰り越しは2個で許容範囲の多め。
スゴいのは繰り越し数字の片方37が、
セットJの東京抽選6回中4回=3分の2も当選していること。
かつてのワースト3のうちのひとつが、こんなに活躍するとは。



今回の使用球は、セットJ
1番目に長く使用されていなかったセット球。

いくら順当なポジションとはいえ、
最も長く使用されていないセット球を5回連続使用。
前の周回とセット球の並びが全然変わっていない。

ワザとそういう選び方をしているように感じますが、
そろそろ変えても良いんじゃないでしょうか。



球の色は、本数字が同色3個と同色2個で大カブり。
その前が2回連続で同色2個×2色、
さらにその前が同色2個×2色+同色3個だったので、
最近はとても球の色がカブりやすい傾向。

なんと「紺」が3回連続で完全沈黙。
「赤」もボーナスに出ず完全沈黙、
「水色」がボーナスにだけ当選となりました。



★その他の情報

リハ7909 12 16 20 25 29 3015 31

第79回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間0・同2 「各十台あり」

要素の形と「各十台あり」は、
前回第78回のリハ&本抽選と一致。

弱数字「25」と強数字「29」が混在しているのも、
今回本抽選や第78回リハ、それ以前の本抽選の流れと同じ。

実は第77回の時もリハ・本抽選ともに下一桁同2組。
つまり、第77回リハ・本抽選、第78回リハ・本抽選、
第79回リハ・本抽選と、6連続で下一桁同2組が出現。

次回もまた出るんでしょうか?
注目です。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック