FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年10月17日 (金) | 編集 |
回別第80回
抽選日2014年10月17日
本数字02 05 10 18 21 24 27
ボーナス数字(25) (34)

1等0口 該当なし 
2等6口 1508万2,300円 
3等161口 78万6,800円 
4等6,067口 1万2,200円 
5等9万1,076口 2,000円 
6等14万2,350口 1,100円 

販売実績額19億9640万9,700円 
=665万4,699口×300円 
キャリーオーバー2週累積  4億8218万4,370円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット F
抽選順序180224210527103425
球の色


■繰り越し
前回からり越し2個 02 21
ボーナスから0
回から3個 05 10 24
ット前回から4個 10 18 21 27(第70回・セットF
※集計ミスを訂正しました

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0間0・同0
その他の特徴連間同オールゼロ、30台無し
予想しやすさ★☆☆☆☆ 逆に珍しいオールゼロ

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

1等該当無しで2週キャリーオーバー!!
またも億万長者は出ず、残念でした。

2週キャリーしても、累積金額は5億円を割り込んでいます。
最近は最高額8億円のチャンスがなかったので、
注目度も下がっていて販売額が伸び悩んでいる結果かと。

次回は8億円が充分に期待できるので、
注目度も回復して売上げも伸びるのではないでしょうか。
次に繋がったという点では、1等が出なくても納得の範囲。



なんとロト7史上で初めて、
続数字、空き数字、下一桁数字が、
全て0組のオールゼロを記録。

一見すると普通に思えますが、逆にレアな要素。
平均の連1間1・同1から各1歩で計3歩も離れている超薄め。
シミュレーションでも数百回に1通り=数年に1回レベル。
ちょっと待ち伏せするには勇気が要り過ぎる特殊要素。

加えて、久しぶりの「30台無し」や、
前回り越しが多めの2個もちょっとずつトリッキー。

強数字は、上位3位&かつてのトップ4が不在で、
02 05 24といったセカンドグループが活躍。

02は10週休眠から復帰後連続当選で、
短期集中当選&長期休眠という00台偶数の面目躍如。

かつてのワースト3から18が当選で、またまた弱数字躍進。
初期とは正反対の位置で安定している感じ。



要素を再確認。
続数字0組、空き数字0組、下一桁数字0組」
連間同オールゼロ、30台無し

3回続けての下一桁数字2組から、0組への落差も激しい。
前回は連0間2・同2だったので、
平均から各1歩で計3歩離れているのは共通点。

とはいえ、事前に察知するのはほぼ不可能。



繰り越し関連は、前回り越しが2個と基準の1個より多い。
直近4回で0個→2個→0個→2個と超乱高下。
全くと言っていいほど安定性に欠ける。

ボーナス繰り越しは0個で順当。

そして、前回繰り越しは3個、
ット前回繰り越しも4個とかなり乱発。

特に10は、ロト7全体で直近4回中3回当選。
セットFでは三巡連続当選とハマっている。

その他、セットFでは、21も三巡連続当選。
05が直近四巡中三巡当選とヘビーローテーション。



今回の使用球は、そのセットF
1番目に長く使用されていなかったセット球。

ポジション的には順当ですが、
最も長く使用されていないセット球を6回連続使用。
その前は最長4回だったので、一気に2回分も記録更新。

なので、前の周回とセット球の並びが全然変わらない。
むしろ意識して、そういう風に選んでいると思われます。



球の色は、本数字に同色2個が1色だけで、
トータル6色と久々に標準的な色の分布。

1色だけ出なかった「紫」は、ボーナスにも出ず完全沈黙。
セットFでは三巡連続の完全沈黙です。



★その他の情報

リハ8002 09 11 24 26 30 3607 34

第80回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連0間2・同1 「各十台あり」

要素の形と「各十台あり」は、前回第79回の本抽選に近く、
繰り越し2個「02 09」+ボーナス繰り越し1個「36」相当。

今回の本抽選とは「02 24 34」が一致。
意外に数字が重複しているのが分かります。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック