FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年10月28日 (火) | 編集 |
ロト7セット球の過去使用状況
※小数字=前回使用の古い順で何番目から選ばれたかを表します。

第81回 第82回 第83回 第84回 第85回 第86回 第87回 第88回 第89回 第90回
D2
9巡目

第71回 第72回 第73回 第74回 第75回 第76回 第77回 第78回 第79回 第80回
B1 D1 H1 I2 G1 E1 A1 C1 J1 F1
7巡目 8巡目 6巡目 9巡目

第61回 第62回 第63回 第64回 第65回 第66回 第67回 第68回 第69回 第70回
F2 D2 H1 G1 I1 E3 A3 C1 J1 F2
6巡目 7巡目 5巡目 大阪抽選 8巡目

第51回第52回 第53回第54回 第55回第56回 第57回第58回 第59回第60回
D10 B1 G1 I2 C1 A1 J1 E3 A8 B4
6巡目 5巡目 7巡目 大阪抽選

第41回第42回 第43回第44回 第45回第46回 第47回第48回 第49回第50回
B1 G1 C8 I1 A1 J3 H1 F3 E1 D1
4巡目 5巡目 6巡目 大阪抽選

第31回第32回 第33回第34回 第35回第36回 第37回第38回 第39回第40回
I1 A3 F2 H1 E1 E1 J3 D1 F6 C2
3巡目 4巡目 大阪抽選 5巡目

第21回第22回 第23回第24回 第25回第26回 第27回第28回 第29回第30回
H1 C3 F1 A1 E1 D1 B3 J1 C4 G1
2巡目 3巡目 4巡目

第11回第12回 第13回第14回 第15回第16回 第17回第18回 第19回第20回
F A1 C3 E1 G1 D5 J2 G8 B3 I1
1巡目 2巡目 大阪抽選3巡目

第1回第2回 第3回第4回 第5回第6回 第7回第8回 第9回第10回
A E G C I J H B D D
1巡目 大阪抽選

1巡目2巡目3巡目4巡目5巡目6巡目7巡目8巡目9巡目10巡目
ブルーグレー地下線付き=大阪抽選(色付き=カウント有り、グレー=カウント無し)
 大阪抽選は状況により、セット球の使用1回分とカウントする場合としない場合があります。


以下は解説と予想です。
 ↓


■各セット球の前回使用の古い順/出現予想

番目前回 Set予想 備考 分析 番目
回数
1番目 11週前 B  小シャッフル路線で丁度1周
 スルー1週
分析 42
2番目 9週前 H ×  2番目連続使用は微妙
 前回採用位置(1週)
分析 9
3番目 8週前 I  路線を変えるなら最有力 分析 11
4番目 7週前 G ×  9巡目かつ遠い 分析 2
5番目 6週前 E ×  強シャッフルに変更なら 分析 1
6番目 5週前 A 分析 1
7番目 4週前 C 分析 0
8番目 3週前 J 分析 3
9番目 2週前 F 分析 0
10番目 1週前 D 分析 1
※各セット球個別の当選番号・攻略の最新データは[分析]リンクから

スルーは最も長く出ていないセット(1番目)になってから、何週選ばれなかったを表す数値です。
※「番目回数」は何番目から選ばれたかの集計です。各セット球の選択回数とは無関係です。


現在までの最長スルー5 1番目からの最長連続選択6



第81回ロト7は、セットDが使用球。
長く出ていない順で2番目からの採用。
(その前は、6回連続で1番目から選択)

6週続いたシャッフル無しがようやく途切れました。
ただし、シャッフル幅が最小限の2番目からなので、
小シャッフル路線は継続しているかもしれません。

8巡目9巡目のブレンド具合を考えると、
やや9巡目の方が有利な印象だったので、
そちらを優先したような選択となりました。

1番目から連続選択記録は6回でストップ。

1番目の10週前使用から、10番目の1週前使用まで、
起伏無くフラットな並びになっていたのも終了。
セットBとセットHの間に段差ができました。

それでは、次回の予想です。



素直・優しい路線

1番目のセットBは、引き続き有力候補。
 参考資料→ロト7セットB分析〈7巡後時点〉

最も長く使われていない1番目は実績でダントツ。
それは良いとして、現在の小シャッフル運営が、
続くか続かないかに焦点が絞られる。

今の周回と前の周回を比べると変化がとても少ない。
D→H→GI→E→A→C→J→F→BD だったのが、
D→H→IG→E→A→C→J→F→DB になる。

セットDだけがダブってしまうけど、
それ以外は10セット1周で良い区切りじゃないかと思える形。

せっかく小シャッフルでやってきたので
とりあえず、そこまではやっとこうっていう考えもありそう。
やはり、この路線がまだ続くか、もう終わるかがカギ。



普通・許容範囲路線

2番目のセットHは、二重に位置が悪い。
 参考資料→ロト7セットH分析〈6巡後時点〉

1番目3番目に過去使用実績で劣る2番目は位置的に弱い。
さらに、2番目から連続使用するのは珍しい。

また、3周連続でD→Hという並びになってしまう。

そして、セットH自身にも問題がある。
唯一残った7巡目だけど、扱いは8巡目と同じっぽい。
わざと周回遅れにさせられているとおぼしきセット球。

あまり積極的に使われないような立場なので、
1番目になってから選ばれた方がしっくり来る。

この位置でこれほど悪条件が揃っているので、
逆にフェイントの手札としては超凶悪。



3番目のセットIは、結構有力な候補。
 参考資料→ロト7セットI分析〈7巡後時点〉

1番目に次ぐ実績を持つ3番目
小シャッフル路線が終了するなら最も無難。

運営方針次第ではあるものの、
1番目のセットBと、ほぼ二択と言える状況。
それ以外はフェイントに近いと思います。

しかし、8巡目9巡目のブレンド具合では、
もう1セットだけ9巡目を使っても良いかなと
思えるところが若干の不安要素。



意外・意地悪路線

4番目のセットGは、あまりなさそう。
 参考資料→ロト7セットG分析〈8巡後時点〉

先頭から遠く使用実績が少ない4番目

上記のように9巡目でも良いかなというのはあるけど、
4番目の位置と天秤にかけると、
そんなにアドバンテージがある感じではない。

むしろ小シャッフル路線の終結を宣言する意味で、
強シャッフルを仕掛けてくるなら面白いポジション。



5番目のセットEは、場合によってはあり。
 参考資料→ロト7セットE分析〈8巡後時点〉

5番目は先頭からかなり遠い。

ただ、上記4番目と同じ理由で選ばれる可能性あり。
距離がさらに遠い分、効果も派手になりそう。



■フェイント専用枠8番目には、セットJがいます。

10巡目の合間の9巡目なので、結構面白い。
強シャッフルに転じるメッセージとしても強烈。
タイミング的に普段より可能性が高いかもしれない。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック