FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2014年12月20日 (土) | 編集 |
第89回用のロト7予想を当選番号と照合した結果です。

5等×1通り、6等×4通り

第89回の要素の形は連0間3・同2とかなり特殊。
空き数字が分散して3組など狙えるはずがない。

正直言って事前の対策は不可能と言えるレベルで、
多くの予想コーナーで潰しが利くことも期待できない。

もうちょっと5等が出てくれても良かったとは思いますが、
どっちにしろ上位を拾うのは難しい要素形。

分散型間3がそうそう続いて出るとも思えないので、
早く切り替えて、次に行きたい気分です。



ちなみに、第89回前のリハーサルでは、

〈リハ89〉 05 08 13 17 28 29 34 (09 32)
連1間0・同1 繰り越し1個相当

かつてのトップ4から「28 29」で、28は上位でもある。
かつてのワースト3から当選無し・・・と結構理想的。

なので、試しに予想と照合してみた結果は、
5等相当×4通り、6等相当×7通り、3個的中×13通り

本抽選より、入賞圏内はかなり増えていますが、
それでも4等相当以上は出ていないのが悲しい。



それでは、第89回のロト7予想の結果を確認してみましょう。
 ↓

オレンジ文字が本数字で、緑文字がボーナス数字。

〈第89回〉 01 03 11 26 28 34 36 (17 20)


「第89回ロト7予想!〈今週の乱数から編〉」は、
連1間1・同1が25予想、連1間0・同1が8予想、三連1が11予想。

連1間1・同1 
〈8788番〉 01 04 13 17 18 34 36  6等
3個的中だけどハズレ×1 〈8773番〉

連1間0・同1 3個的中もなし
三連1  3個的中もなし

連1間1・同1空きが1組ヒットすれば有利だけど、
他の空き2組が必ず成立しないというジレンマ。

連1間0・同1空き3組が全て成立しないので、
絶対に3個の数字が出ないという苦しい状況。



「第89回ロト7予想!〈基本の平均値編〉」は21予想。

〈天1953〉 03 11 12 17 22 24 28  6等
3個的中だけどハズレ×3 〈天1954〉〈天1957〉〈天1959〉

条件はあまり良くないんだけど、
意外に3個以上は比較的多く出ました。



「第89回ロト7予想!〈中心数字は復調の効率削除・消去編〉」は21予想。

〈天削1009〉 01 07 11 20 28 29 36  5等
※5等の抽選にボーナス数字は使用しません

〈天削992〉 03 04 11 20 24 27 36  6等
〈天削1003〉 01 06 14 20 28 34 35  6等

3個的中だけどハズレ×4 
〈天削993〉〈天削1000〉〈天削1004〉〈天削1011〉

削除数字から当選したのは・・・
  • 直近10回で出現していない17
本数字に関しては完璧に対応できて、
11数字をミス無く削除することができました!

その分、当選数字の濃度も上がって、
3分の1で3個以上の数字が的中し、
今回の最優秀予想コーナーの栄冠を獲得!

・・・なんですが、空き0組設定なのに、
間3が出たのが致命的な打撃。
要素がもうちょっと近かったら上位を狙えてたかも。



「第89回ロト7予想!〈各十台ありv.s.00台爆発編〉」は21予想。

3個的中だけどハズレ×6 
〈天旧1596〉〈天旧1598〉〈天旧1601〉
〈天旧1604〉〈天旧1610〉〈天旧1612〉


こちらは、01 03 26 28 + 3436で4等が狙えた。
一方で、ボーナス数字が2つともレシピ外で、6等は無理。

という状況で3個的中が6通りと結構多く登場。
しかし、5個的中の4等はまだしも、
なぜ4個的中の5等が1通りも出ないのか不思議。

ワザと5等を避けてるんじゃないかと思うほど、
引きが悪くて入賞ゼロが無念過ぎる。
形としては潰しが利きそうだったのに。



「第89回ロト7予想!〈セット球意識編テスト36〉」は28予想。

セットJ意識 セット球想定ハズレ

3個的中もなし

セット球想定をハズしているので、
コンセプトが全く違い、入賞を望む状態じゃない。



セットF意識 セット球想定的中

3個的中だけどハズレ×1 〈天9F010〉

26 28の含有率はかなり高かったものの、
当選しなかった数字の含有率も高かったため、
かなりハイリスクハイリターン型になっていた。
コンセプト真ん中でない限り、入賞は難しかった。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック