FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年01月13日 (火) | 編集 |
ロト7セット球の過去使用状況
※小数字=前回使用の古い順で何番目から選ばれたかを表します。

第91回 第92回 第93回 第94回 第95回 第96回 第97回 第98回 第99回 第90回
I4
9巡目

第81回 第82回 第83回 第84回 第85回 第86回 第87回 第88回 第89回 第90回
D2 H2 B1 I1 E2 G1 A1 C1 F2 J1
9巡目 7巡目 8巡目 大阪抽選 10巡目

第71回 第72回 第73回 第74回 第75回 第76回 第77回 第78回 第79回 第80回
B1 D1 H1 I2 G1 E1 A1 C1 J1 F1
7巡目 8巡目 6巡目 9巡目

第61回 第62回 第63回 第64回 第65回 第66回 第67回 第68回 第69回 第70回
F2 D2 H1 G1 I1 E3 A3 C1 J1 F2
6巡目 7巡目 5巡目 大阪抽選 8巡目

第51回第52回 第53回第54回 第55回第56回 第57回第58回 第59回第60回
D10 B1 G1 I2 C1 A1 J1 E3 A8 B4
6巡目 5巡目 7巡目 大阪抽選



第41回第42回 第43回第44回 第45回第46回 第47回第48回 第49回第50回
B1 G1 C8 I1 A1 J3 H1 F3 E1 D1
4巡目 5巡目 6巡目 大阪抽選

第31回第32回 第33回第34回 第35回第36回 第37回第38回 第39回第40回
I1 A3 F2 H1 E1 E1 J3 D1 F6 C2
3巡目 4巡目 大阪抽選 5巡目

第21回第22回 第23回第24回 第25回第26回 第27回第28回 第29回第30回
H1 C3 F1 A1 E1 D1 B3 J1 C4 G1
2巡目 3巡目 4巡目

第11回第12回 第13回第14回 第15回第16回 第17回第18回 第19回第20回
F A1 C3 E1 G1 D5 J2 G8 B3 I1
1巡目 2巡目 大阪抽選3巡目

第1回第2回 第3回第4回 第5回第6回 第7回第8回 第9回第10回
A E G C I J H B D D
1巡目 大阪抽選

1巡目2巡目3巡目4巡目5巡目6巡目7巡目8巡目9巡目10巡目11巡目
ブルーグレー地下線付き=大阪抽選(色付き=カウント有り、グレー=カウント無し)
 大阪抽選は状況により、セット球の使用1回分とカウントする場合としない場合があります。


以下は解説と予想です。
 ↓


■各セット球の前回使用の古い順/出現予想
※アルファベットの色→8巡目9巡目10巡目11巡目

番目前回 Set予想 備考 分析 番目
回数
1番目 11週前 D  10巡目可で、やはり有力
 スルー1週
分析 48
2番目 10週前 H  割り込みあったので意外に 分析 12
3番目 9週前 B  9巡目じゃなくてもOK回 分析 11
4番目 7週前 E ×  4番目から連続は薄い
 前回採用位置(1週連続)
分析 3
5番目 6週前 G ×  選ぶ理由は特になし 分析 1
6番目 5週前 A  前巡は大阪抽選で使用 分析
大阪
1
7番目 4週前 C 分析 0
8番目 3週前 F 分析 3
9番目 2週前 J 分析 0
10番目 1週前 I 分析 1
※各セット球個別の当選番号・攻略の最新データは[分析]リンクから

スルーは最も長く出ていないセット(1番目)になってから、何週選ばれなかったを表す数値です。
※「番目回数」は何番目から選ばれたかの集計です。各セット球の選択回数とは無関係です。


現在までの最長スルー5 1番目からの最長連続選択6



第91回ロト7は、セットIが使用球。
長く出ていない順で4番目からの採用。
(その前は1番目から選択)

最も使用が古い2セットのいずれかを採用していた
小シャッフル路線が、遂に23回で途切れる!

昨年7月下旬から、5ヶ月以上も続いていただけに、
途切れること自体が、すでにフェイントという領域に。

しかし、同じ9巡目3番目からではなく、
4番目から選んだのは、小シャッフル路線終結を
派手に宣言するためだったのかもしれません。

それでは、次回の予想です。



素直・優しい路線

1番目のセットDは、引き続き有力候補。
 参考資料→ロト7セットD分析〈9巡後時点〉

最も長く使われていない1番目は、使用実績ではダントツ。
今回も筆頭使用候補なのは間違いない。

そして、9巡目10巡目のブレンド具合を考えると、
次は10巡目の方がベターに思えるのでなおさら。

小シャッフル路線が途切れたといっても、
いきなり1番目2番目も全く使わなくなるわけではないはず。
ですが、一度1番目からフォーカスが外れると、
また戻ってくる間に寄り道するのも過去に多数あり。

そういう意味では、小シャッフル路線に戻るにしても、
2番目を経由した方が適切と思えるのが弱点。



普通・許容範囲路線

2番目のセットHは、意外に面白いポジション。
 参考資料→ロト7セットH分析〈7巡後時点〉

使用実績では2位の2番目
上記のように、小シャッフル路線に戻るなら充分あり。

相変わらず問題なのは、8巡目ラスト1セットだということ。
意識的に遅らせて使用された過去から周回遅れになり、
扱いは実質9巡目相当になっているはず。

わざと遅らせているわけですから、1番目まで待って、
または1番目になってからスルーした後に使うのが理想。

なんですが、前の周は2番目で使っているし、
先週は4番目から割り込みが入ったので、
2番目とはいえ、すでに前回使用から10週経過していて、
使うタイミングとしては申し分ない・・・
どころか、かなり面白いかもしれません。

案外あるような気がします。



3番目のセットBは、微妙な線。
 参考資料→ロト7セットB分析〈8巡後時点〉

3番目は、小シャッフル路線の影響で実績3位に転落。
しかも先週は3番目を跳び越えて、4番目から採用のフェイント。
去年7月以来、24回も使われていないわけですから、
小シャッフル路線が崩れた今、使ってあげても良いはず。

順番的には、そこそこ優位だと思うんですが、
やはり9巡目10巡目のブレンド具合の点で気になります。
ここで、4回連続9巡目を使うよりも、
一度10巡目を挟んだ方がバランス良く思えます。



意外・意地悪路線

4番目のセットEは、可能性が薄い。
 参考資料→ロト7セットE分析〈9巡後時点〉

先頭から遠く使用実績が少ない4番目
先週の採用がようやく三度目で、
超フェイント枠の8番目にやっと並んだばかり。

使用自体がフェイントレベルなので、
2回連続使用だと超フェイント領域。

10巡目なのは少し魅力的ですが、
あまりないような気がします。



5番目のセットGも、ひょっとしたら。
 参考資料→ロト7セットG分析〈9巡後時点〉

5番目は先頭からかなり遠い。

1番目3番目のせめぎ合いだけでも、
お腹いっぱいになるぐらい興味深い。

2回連続で番狂わせを起こしたいなら、
4番目も超凶悪なフェイントカードだし・・・。

5番目の出る幕は無いんじゃないでしょうか。
でも、いままで小シャッフル路線が続いた鬱憤を晴らすなら、
連続の超フェイント強シャッフルがあったりして。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック