FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年02月09日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、1週キャリーオーバー中。

累積金額は約2億7千万円。
過去の実績からすると、次回第96回の当選金額は、
1等単独当選で、6億円近辺と予想されます。

最高額8億円は厳しいですが、
5億円以上は、まず間違いないですから、
当たれば充分に幸せな億万長者です!


このコーナーでは傾向が変わったと思われる
第66回以降のデータを元に分析・考察しています。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第1回〜第90回のまとめ→「ロト7第91回予想のための考察」


それでは第96回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第66回〜第95回の30回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

10回出現 28 35  
9回出現 18   
8回出現 01 10 13 25 29  
7回出現 11 14 30  

6回出現 
03 05 15 20 26 32 34 37 

5回出現 
02 04 07 09 21 27 31

4回出現 08 16 17 24 36
3回出現 06 12 19 22 23
2回出現 33


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第95回〉 01 08 13 14 18 30 3426 36


★直近6回出現回数上位
4回 14  3回 05 13 30  
2回 01 02 08 15 18 25 29 32



★本数字に現在連続出現していない長さ下位
25週 33  15週 24  11週 16 23  10週 06  
9週 21 22  8週 12 31  

★東京抽選でのみ現在10回以上出現していない数字
21回 12  13回 31  


第66回以降に、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがある数字 青文字は継続中
25週 33  

18週 19  18週 08(第65回以前から24週連続)  
17週 17  15週 13、15、22、24  
13週 12  

11週 26(第65回以前から20週連続)  
11週 03(第65回以前から16週連続)  
11週 1623、27 

10週 36(第65回以前から11週連続)    
10週 05、06、07、11、37  


第66回以降に、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがない数字

01、02、04、09、10、14、18、20、
21、25、28、29、30、31、32、34、35


第1回から、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがない数字

04



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第95回01 08 13 14 18 30 3426 361111
第94回13 19 20 27 28 29 3026 3611
第93回02 05 11 14 17 30 3231 371111
第92回04 05 15 25 26 29 3211 2730
第91回01 05 07 14 15 25 3518 2411
第90回02 08 09 13 14 18 3711 2501
第89回01 03 11 26 28 34 3617 2011
第88回03 04 10 14 25 29 3018 1903
第87回08 09 12 18 20 28 3113 1510
第86回03 10 20 21 22 26 3024 3530
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




■第66回以降の傾向

空白の9回出現に18が飛び込んで単独3位!
28 35が1位 出現率33.3%!
18が3位 出現率30.0%!


本数字+ボーナスの総合出現数
18が再び単独首位に


第66回以降の最下位グループだった19 33から当選無し


「20台無し」→「00台無し」→「20台無し」で
3回連続「いずれかの十台無し」が成立!
「各十台あり」発生率66.7%(20回/30回)
10・30台出席率 各96.7%(29回/30回)


第93回に続くり越し1個+り越し1
前回からり越し1個以上は80.0%(24回/30回)


もはやスタンダードの下一桁同2
下一桁数字1組以上は、83.3%(25回/30回)


四連の後に、三連とはいかなかった
三連続数字以上の出現率は、13.3%(4回/30回)



★第66回以降に顕著な傾向
2箇所に要素分散、下一桁数字多め、各十台あり

第95回は、1組のみで、20台無しと合致せず。
掴みどころが無くて難しかった。



■詳細解説

★第66回以降の上位数字出現傾向
10 18 25 28 35の中から、18が当選。

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第95回01 08 13 14 18 30 3426 36
第94回13 19 20 27 28 29 3026 36
第93回02 05 11 14 17 30 3231 37
第92回04 05 15 25 26 29 3211 27
第91回01 05 07 14 15 25 3518 24
第90回02 08 09 13 14 18 3711 25
第89回01 03 11 26 28 34 3617 20
第88回03 04 10 14 25 29 3018 19
第87回08 09 12 18 20 28 3113 15
第86回03 10 20 21 22 26 3024 35
第85回06 07 10 11 22 26 3514 23
第84回08 16 23 28 29 35 3612 37
第83回01 11 21 26 28 32 3518 22
第82回01 03 16 20 25 27 3418 37
第81回01 03 10 18 28 31 3509 21
第80回02 05 10 18 21 24 2725 34
第79回02 04 07 09 21 29 3706 36
第78回05 06 10 14 24 28 3607 20
第77回03 10 23 25 26 28 3015 29
第76回04 13 18 29 32 34 3624 33
第75回04 09 15 17 19 35 3710 20
第74回05 13 14 15 16 24 3109 11
第73回12 16 23 25 27 30 3228 33
第72回11 12 18 19 20 31 3209 21
第71回01 06 13 29 34 35 3702 15
第70回09 10 18 21 27 33 3504 11
第69回13 17 20 22 28 29 3711 12
第68回02 07 13 15 24 34 3512 23
第67回07 11 15 17 18 25 3506 33
第66回01 11 25 28 31 33 3703 20

10 18 25 28 35から、
いずれかが当選する確率は、27回/30回で90.0%。

18は第66回以降の30回で、最高が5回休みと、
ムラの無さでは出現数首位の28 35を上回ります。
コンスタントに当選し実力発揮でなかなか優秀。

182528は、間を空けずまんべんなく型。
1035は、短期集中当選型と分類できます。

01 13 29は集計に組み込むか保留中。



第94回はイレギュラーと言える「00台無し」でしたが、
第95回の00台は復活の複数当選で及第点。

続にも空きにもならなかったけど、
奇数偶数ミックスで2個以上は狙い目だった。
次回もこの形に期待したいところ。



暫定新最弱数字の19 33から、第94回に突然19が当選。
しかし、第95回では再び不発となり、ある意味で安心。
一応は、短期反復当選に警戒しておく時期。

というわけで、33は圧倒的オンリーワン最弱数字に。
また第66回以降のような大規模変更が無い限り、
浮上するのは難しいかもしれません。
長期休眠中でもあるし、有力削除数字としておすすめ。



第66回以降の本数字+ボーナスの総合出現数。

18が単独の首位に再び躍り出る。
前に出られた11は、本数字とボーナスともに強いので、
総合力で巻き返しがあるかもしれません。

本9回&ボーナス4回で計13回18 ↑Up!

本7回&ボーナス5回で計12回11

本10回&ボーナス1回で計11回28
本10回&ボーナス1回で計11回35

本8回&ボーナス2回で計10回25
本6回&ボーナス4回で計10回20

本8回&ボーナス1回で計9回10
本8回&ボーナス1回で計9回13 ↑Up!
本8回&ボーナス1回で計9回29
本6回&ボーナス3回で計9回15
本6回&ボーナス3回で計9回37

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第66回〜当選数字シンプル版」



第66回以降を、各十台で分析。 ブルーグレー地=大阪抽選
91→95各十台あり各十台あり20台無し00台無し20台無し

86→90各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり20台無し
81→85各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり
76→80各十台あり各十台あり各十台あり10台無し30台無し
71→75各十台あり00台無し00台無し各十台あり20台無し
66→70各十台あり各十台あり各十台あり00台無し各十台あり

三週連続「各十台あり」→「00台無し」→
二週連続「各十台あり」→二週連続「00台無し」→
「各十台あり」→「20台無し」→
三週連続「各十台あり」→「10台無し」→「30台無し」→
九週連続「各十台あり」→「20台無し」→
二週連続「各十台あり」→
20台無し」→「00台無し」→「20台無し」でした。

 各十台あり  20回/30回  66.7% 
00台無し4回/30回 13.3% 
10台無し1回/30回 3.3% 
20台無し4回/30回 13.3% 
30台無し1回/30回 3.3% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

「各十台あり」独走体制が完全に途切れて、
3回連続「いずれかの十台無し」の流れにシフト。
かなり激動の時代に入ってしまったか。

第65回以前のデータは、
 各十台あり  33回/65回  50.8% 
00台無し5回/65回 7.7% 
10台無し12回/65回 18.5% 
20台無し4回/65回 6.2% 
30台無し13回/65回 20.0% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第65回までの半分以下の抽選回数で、
第66回以降は、すでに同じ4回も「20台無し」が成立。

第65回以前と第66回以降を比較すると、
00台無し20台無しV.S.10台無し30台無しで、
強弱の逆転現象が、ますます鮮明になってきました。

第66回以降では、まだ「各十台あり」が強いと言えますが、
目に見えて勢いに陰りが出てきたので不安がよぎる。

それでは、次回はどうなるか予想となると霧の中ですが・・・
「各十台あり」と「00台無し」と「20台無し」で均等の三択?
それぐらい決め手がなく、流動的なので、
他の部分から予想を詰めて、成り行き任せが良いでしょうか。


ちなみに「20台無し」繋がりでワンポイント。

〈第95回〉 01 08 13 14 18 30 34 (26 36)
〈第90回〉 02 08 09 13 14 18 37 (11 25)

第90回と第95回は、ともに「20台無し」で、
共通の数字が4個と非常に構成が似ていました。



「直近6回での出現数」は、14が再び4回にアップ!
直近8回に範囲を変えると、驚異の8回中5回・出現率62.5%!
見事な短期集中当選で、出現数順位も上がってきています。
逆に言うと、その前はそんなに成績が良い方ではなかった。

直近6回中3回当選は、り越し達成の13がランクイン。
ともにり越しを達成している0530も揃う。
まんべんなく出る数字より、短期集中型が好調。

直近6回中2回当選は、だいぶ淘汰されてきました。
この中に次に台頭する数字が含まれる可能性は充分。



長期休眠数字から、当選数字はありませんでした。
削除数字として比較的あてになるので、
完璧に沈黙してくれると計算できてありがたい。

最近は大物休眠数字の当選ラッシュが続いていましたが、
超大物33はどっしり構えているのが心強い。

06が新たに10週休眠の仲間入り。

そして、予備軍の9週休眠の21 22と、
すでに長期休眠中の23 24をあわせると、
20代前半が壊滅的な絶不調。
20台無し」が増えてきたのも思わず納得です。

8週休眠で予備軍入りの12 31
8週前が大阪抽選だったので、それ以来当選していません。
東京抽選では、さらに長期間出ていないので要注意。



★出現傾向

から1〜2個、
から2〜3個、
から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいが基準になると予想しましたが、

から1個、から2個、
から2個、
から1個、
から1個

となりました。

上位にかたよったのは、ウェルカムでなかなか良い感じ。
理想を言えば、首位2数字にも出て欲しかった。
最近は上寄りが続いて、予想が組み立てやすいはず。

下位グループを完全に切り捨てられるぐらい
スッパリ上に寄ってくれると嬉しいですが、
やはりポツンと1個だけとか当選してしまうのは仕方ないか。

次回の基準は、

から1〜2個、
から2〜3個、
から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいと予想してみます。



★前回からの繰り越し個数
ブルーグレー地=大阪抽選
91→95繰1繰3繰1三繰1繰1繰1三繰1
86→90繰3繰1繰0繰1繰0
81→85繰2繰2三繰1繰2三繰1
76→80繰1繰0繰2繰0繰2
71→75繰1繰0繰2繰1繰1
66→70繰1繰2繰3繰1繰0

三繰1以上も繰1個分としてカウント
繰0 6回/30回  20.0% 
繰1 12回/30回 40.0% 
繰29回/30回 30.0% 
繰33回/30回 10.0% 
 三繰 4回/30回 13.3% 

2回前の第93回に続き、前回り越し1個+り越し1個。
これには不思議な予兆現象があって、

第93回 繰1三繰1→第95回 繰1三繰1
第83回 繰0三繰1→第85回 繰0三繰1

普通ありそうにない謎の連動がとても興味深い。

そして、第66回以降は30回抽選しています。
繰0繰3の統計が、ちょうど3の倍数で10%単位なのも
超自然的に思えなくないけど、偶然でしょうか。


第66回以降は、第65回以前と比較して、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少ない
  2. 「前回り越し0個」が比率的に多い
  3. り越しなどの特殊型が少ない
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い
三繰1が徐々に増えてきて、項目3が崩れつつあります。
しかし、まだまだ想定内に収まっているかなという印象。

理論で言うと、次回は繰2以外の可能性が高い。
少ないといっても、繰1が最多なので有力候補。
乱高下もありえるので、突然の繰0復活もなくはない。

普通に繰3が来てもおかしくありませんが、
そうなると、り越し、り越しもありそう。

結局、繰2以外全部になってますが、
分かりやすい候補に欠けるので対策が難しいです。



第95回の要素は、
1組・空き0組・下一桁数字2
20台無し

数字の絡みが1組しかなく、バラけている割には、
「20台無し」とかたよりがあり、掴みどころがない。
スッキリした見た目に反して、意外に高難度。

おおまかに言えば、第66回以降の流れは、
  1. 連2間0の2箇所分散型濃いめ系
  2. 連0間X空きメイン系
  3. 連1間1の平均値近辺系
の3つに大別できるかもしれません。

その全てより薄めで、予想の核となる取っ掛かりが少ないので、
この流れが続くとちょっとツラい。

いっそ濃いめに振れるとありがたい気もします。
来た時の効果を期待するなら、連2間0や、
第94回の四連までいかなくても三連などの
濃いめを狙っていくのはひとつの戦略だと思います

下一桁数字は、最近2組が大勢。
同様に多めの三同1とあわせて意識しても良いかと。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック