FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年03月22日 (日) | 編集 |
ロト7セット球を個別に攻略するコーナー。
今週すぐには役立たないけど、おおよそ10週間後に、
また同じセット球が使用球になるかというときに重要。

今回は、セットHの9周後を徹底分析です。
 ↓

■数字の登場回数
(下線は最新使用回の当選数字)

4回出現 30 32 
3回出現 01 11 23 25 27 

2回出現 
02 03 04 05 07 09 12 14 
16 20 21 24 28 33 36


1回出現
06 08 13 15 17 19
29 34 35 37


ボーナスのみ出現 18 31
0回出現 10 22 26 


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



赤ライン=第65回以前と第66回以降の境界線

本数字 ボーナス 接続
第101回 11 12 21 23 28 36 37 03 16 1 J
第93回 02 05 11 14 17 30 32 31 37 0 D
第82回 01 03 16 20 25 27 34 18 37 3 D
第73回 12 16 23 25 27 30 32 28 33 2 D
 
第63回 04 08 19 24 28 30 32 12 37 0 D
第47回 02 09 11 14 20 21 36 06 15 0 J(A)
第34回 04 06 07 23 24 32 35 08 27 0 F
第21回 01 09 13 15 25 30 33 19 28 2 I
第7回 01 03 05 07 27 29 33 06 15 - J
水色=同ット前回から繰り越し、接続=前の週に使用されたセット

■各十台の出現
00台 10台 20台 30台
累計 17個 13個 18個 15個
平均 1.89個 1.44個 2.00個 1.67個

■連続数字など/難易度
続・空き 下一桁 その他の特徴 1等
第101回 連2間1 同1 00台無し ★3 0口
第93回 連0間1 同1 20台無し ★2 2口
第82回 連0間2 同0 特になし ★2 0口
第73回 連0間3 同1 間1三間1、00台無し ★2 0口
 
第63回 連0間2 同2 三間1、奇数偶数比1:6 ★3 1口
第47回 連1間1 同1 特になし ★4 2口
第34回 連2間1 同1 連間複合、10台無し ★3 0口
第21回 連0間1 同2 奇数偶数比6:1 ★3 1口
第7回 連0間4 同2 間1四間1、全奇数、
10台無し、00台4つ
★0 3口
易=このブログ独自判定の当てやすさ、難★1←→★5易

■繰り越し
前回り越し ボーナスから 回から ット前回
第101回 2個・11 36 0 1個 28 1個・11
第93回 1個・32
三繰1個・05
1個・11 1個・14
三繰1個・05
0
第82回 2個・01 03 0 1個 27 3個・16 25 27
第73回 2個・12 32 0 0 2個・30 32
 
第63回 2個・04 32 0 1個 28 0
第47回 0
三繰1個・02
0 2個・09 21
三繰1個・02
0
第34回 2個・04 24 0 0 0
第21回 1個・13 0 0 2個・01 33
第7回 0
三繰1個・05
0 2個・01 03
三繰1個・05
-

■球の色(抽選順)
本数字 ボーナス
第101回              
第93回              
第82回              
第73回              
 
第63回              
第47回              
第34回              
第21回              
第7回              

■セットHの球の配色
セットH
01
08
15
22
29
36
02
09
16
23
30
37
03
10
17
24
31
 
04
11
18
25
32
 
05
12
19
26
33
 
06
13
20
27
34
 
07
14
21
28
35
 



■傾向
意図的に周回遅れにされているとおぼしきセット球。
7巡目では前回から9週後に二番目から使用で1回分早まりました。
8巡目は11週後に一番目から使用されて元の位置に。
そして、9巡目は8週後に三番目から使用されて波乱。

一応これまでは、周回遅れの定位置を維持していて、
遅れを取り戻したり、更に遅らせたりする意図は無かった様子。
しかし、9巡目は一気に2回分早まったので微妙。

次巡以降、早まった分を遅らせるのか、現状維持か、
そのまま周回遅れを取り戻す方向に向かうのか、
先行きが不透明で厄介な状態になってしまいました。



1巡目・続数字0組「間1四間1、全奇数」(観音寺16億円)
2巡目・続数字0組「奇数偶数比6:1」
5巡目・続数字0組「三間1、奇数偶数比1:6」
■■■■■第66回の壁■■■■■
6巡目・続数字0組「間1三間1」
7巡目・続数字0組「特になし」
8巡目・続数字0組「特になし」

続が弱く、空き数字メインの傾向は、
ロト7全体で傾向が変わったと思われる第66回の前と後でも
あまり変わらないような印象でした。

しかし、空き数字も徐々に少なくマイルドになっていて、
逆に狙いが付けづらくなってきています。



3巡目・2組・空き1組「連間複合、10台無し 」
■■■■■第66回の壁■■■■■
9巡目・2組・空き1組「00台無し」

最新9巡目は主流の0組ではなく、
3巡目と同一の要素形で、下一桁数字も1組と一致。

しかし、3巡目は3数字密集の連間複合+1組で、
要素2箇所分散型の片方が3数字密集タイプ。
9巡目は要素3箇所分散型と違いがあります。



残りの4巡目は、1組・空き1組・下一桁数字1組。
典型的な平均値で、各十台も個数にあわせて分布。
突然変異的な「超普通」の組み合わせとなっています。



第66回以降で顕著な特徴は、
「いずれかの十台無し」の比率がかなり高いこと。
4巡中3巡の75%で、いずれかの十台沈黙。

残りの1巡も、10台1個・30台1個だったので、
僅差での「各十台あり」だったかもしれません。

そして、4巡とも「いずれかの十台3つ」が成立。
そのうち、20台3個が3巡で10台3個が1巡。
一見すると20台が調子良さそうですが、
3個揃わなかった1巡が「20台無し」と極端です。

6巡目と9巡目はともに「00台無し」&20台3個で、
各十台個数が完全に一致しています。

ロト7初期の典型「00台が強く、10台が弱い、20台安定」が崩壊。
第66回以降に「00台無し」と「20台無し」が出ているのが象徴的。

唯一皆勤賞が残っているのは30台。
30 32コンビが揃って依然として出現数首位。
8巡中3巡、特に第66回以降に2巡も同時に出たことも注目。

一方で、奇数偶数比が著しくかたよる特色は、
第66回以降は鳴りを潜めています。



以前は強数字不在だったセットHですが、
第66回以降は30 32コンビが活躍。
そして、25 27コンビも注目株。

第66回以降の4巡中2巡で、それぞれ2回ずつコンビで出現。
空き数字王国ならではの特殊な出現傾向。

最新9巡目は空きメインではなかったので、
両コンビとも不発に終わりましたが、
次巡以降の復活も充分に考えられると思います。



繰り越し関連は、全セット球でも異例と言える
前回り越し2個が主流の多め傾向。
全体では9巡中6巡の3分の2の確率。
第66回以降に限れば、4巡中4巡のパーフェクト!

前回使用のセット球との絡みもあるのに、
なぜこんなアホのように繰2が多いのか謎過ぎる。
せっかくだから、セットH使用が濃厚な場合は、
繰2を狙ってみるべきなのかもしれない。

もうひとつの謎は、り越しが8巡中3回と案外多い上に、
そのうち2回が05で、しかも05はその2回しか当選していないこと。

32は前回り越しが3回で、全てセットDから引き継ぎ。
以前は弱数字の32でしたが、最近はセットDでもセットHでも好調。

ボーナス繰り越しは、唯一8巡目で1個とイレギュラー。
しかし、達成した11は第101回時点で、
第66回以降の本数字+ボーナス総合出現数首位。
本数字にもボーナスにも結構当選するので、
むしろ前回ボーナス当選なら本数字への繰り越しを警戒するレベル。

回繰り越しが最も安定していない。
0〜2個で乱高下なのでヒントにならない。

ット球繰り越しも安定していません。
繰り越しよりも、30 32コンビと25 27コンビに注目するべきか。



球の色は、9巡中8巡で「緑」「黄色」が登場と定番。
出ていないのは両色とも1巡目だけで、その後は8巡連続。
回数も1回に出る個数も多めで安定しています。

その他の色を、第66回以降の4巡で見てみると、
「赤」が3巡出ているだけで、それ以外は2巡と半数の登場。
上位2色の皆勤賞と比べると、明らかな格差が。



■次回以降の展望

★第66回以降の流れが来ると思うなら、
共通項:いずれかの十台無し、いずれかの十台3個、
30台安定、奇数偶数比普通

続無し、空き(複合)、25 2730 32を警戒」

または、
2組、空き1組、要素多箇所分散」

★第65回以前の流れに戻ると思うなら、
「00台爆発&10台少なめ、20・30台安定
 続無し、空き複合、奇数偶数比かたより」

または、
「平均の連1間1・同1を基準に濃いめ方向へ
 各十台まんべんなく」と分析。

最新9巡目がイレギュラーぽかったので、
次は0組+空き数個パターンに戻るのかがカギ。
各十台比率を意識して狙うのもありか。

ット球繰り越しよりも、第66回以降に出ている数字が
繰り返し出ることを警戒した方が良いかも。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック