FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年03月29日 (日) | 編集 |
ロト7セット球を個別に攻略するコーナー。
今週すぐには役立たないけど、おおよそ10週間後に、
また同じセット球が使用球になるかというときに重要。

今回は、セットEの11周後を徹底分析です。
 ↓

■数字の登場回数
(下線は最新使用回の当選数字)
※大阪抽選はカウントしていません。

6回出現 11  5回出現 なし
4回出現 01 06 08 24 28
3回出現 04 07 29 31 33

2回出現 
09 10 17 18 20 21 22 23 
26 27 32 34 35 36


1回出現
05 12 13 14 16 25 30 37

ボーナスのみ出現 03
0回出現 02 15 19


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



赤ライン=第65回以前と第66回以降の境界線
ブルーグレー地・下線付き=大阪抽選

本数字 ボーナス 接続
第102回 01 04 08 27 28 29 31 13 25 0 H
第96回 09 11 14 21 22 23 24 10 36 22 F
第85回 06 07 10 11 22 26 35 14 23 0 I
第76回 04 13 18 29 32 34 36 24 33 0 G
第66回 01 11 25 28 31 33 37 03 20 21 I
 
第58回 01 06 07 08 23 32 33 11 34 1 J
第49回 08 11 12 17 24 26 27 14 21 01 F
第36回 05 06 10 11 20 28 36 25 37 2 E(H)
第35回 01 16 18 19 25 30 34 26 36 - H
第25回 01 06 11 16 17 18 21 10 24 0 A
第14回 04 07 08 09 24 28 30 34 36 1 C
第2回 20 24 29 31 33 34 35 12 32 - A
水色=同ット前回から繰り越し、=同セット三巡繰り越し以上、接続=前の週に使用されたセット

■各十台の出現
00台 10台 20台 30台
累計 21個 16個 24個 16個
平均 1.91個 1.45個 2.18個 1.45個

■連続数字など/難易度
続・空き 下一桁 その他の特徴 1等
第102回 連0三連1間1 同2 三連間複合、10台無し ★3 3口
第96回 連0四連1間1 同2 暦内、30台無し、20台4つ ★1 0口
第85回 連2間0 同1 特になし ★3 1口
第76回 連0間2 同1 三間1 ★2 1口
第66回 連0間1 同0三同1 奇偶比6:1 ★2 0口
 
第58回 連1三連1間0 同1 10台無し、00台4つ ★4 1口
第49回 連2間1 同1 連間複合、暦内、30台無し ★2 1口
第36回 連2間0 同2 特になし ★3 1口
第35回 連1間1 同0 連間複合 ★3 0口
第25回 連0三連1間0 同1三同1 暦内、30台無し、10台4つ ★1 2口
第14回 連0三連1間1 同2 暦内、10台無し、00台4つ、
第10回に酷似、過去の主流
★4 2口
第2回 連0三連1間2 同1 三連三間複合、
00・10台無し、30台4つ
★0 0口
暦内=カレンダーの1ヵ月の日数以内=最大数字が31以下
易=このブログ独自判定の当てやすさ、難★1←→★5易


■繰り越し
前回り越し ボーナスから 回から ット前回
第102回 1個・28 0 1個・01 0
第96回 1個・14 0 0 2個・11 22
第85回 0
三繰1個・35
0 2個・11 26
三繰1個・35
0
第76回 1個・04 0 1個・13 0
第66回 1個・28 1個・25 0 2個・01 33
 
第58回 2個・06 33 2個・08 32 2個・23 32 1個・08
第49回 2個・24 26 1個・08 1個・11 0
三巡1個・11
第36回 0 1個・36 1個・06 2個・06 11
第35回 0 0 1個・01 -
第25回 1個・16 0 1個・11 0
第14回 1個・28 0 0 1個・24
第2回 1個・34 0 - -

■球の色(抽選順)
本数字 ボーナス
第102回              
第96回              
第85回              
第76回              
第66回              
 
第58回              
第49回              
第36回              
第35回              
第25回              
第14回              
第2回              

■セットEの球の配色
セットE
01
08
15
22
29
36
02
09
16
23
30
37
03
10
17
24
31
 
04
11
18
25
32
 
05
12
19
26
33
 
06
13
20
27
34
 
07
14
21
28
35
 



■傾向
1〜3巡目・6巡目・10巡目・11巡目は、
三連続数字以上含み、いずれかの十台無し、
 11巡目を除いて、いずれかの十台4つ」
4・9巡目は「続数字2組、各十台ありで、まんべんなく」
5巡目は「続数字2組、連間複合、30台無し」

■■■■■第66回の壁■■■■■

7巡目は「連0間1・同0三同1、各十台ありで、まんべんなく」
8巡目は「連0間2・同1、三間1、各十台ありで、まんべんなく」

7・8巡目は第66回以降ならではという印象ですが、
三連系と連2間0系は、第66回の境界を感じさせず、
かなり共通点があるので、セット球の特性として活用したい。



第65回以前の6巡中5巡が、いずれかの十台無しで、
そのうち4巡が、いずれかの十台4つ。

第66回以降で最初の3巡=7・8・9巡目が、
各十台ありで、まんべんなく。

10巡目が、いずれかの十台無し&いずれかの十台4つ。
11巡目が、いずれかの十台無しだけれども、
いずれかの十台4つとはならず、3つ止まり。

「いずれかの十台無し&いずれかの十台4つ」は、
単純に三連または四連と連動しているので、
そちらとあわせて警戒すれば、事足りると思います。

過去に「00台無し」「10台無し」「30台無し」と、
「00台4つ」「10台4つ」「20台4つ」「30台4つ」が登場済。
「20台無し」が唯一成立していいません。

10巡時点で「いずれかの十台4つ」完全制覇は驚異的な記録。
しかも、5巡で「いずれかの十台4つ」と極端。

ロト7全体では、
第65回以前は「00台無し&20台無し」<「10台無し&30台無し」
第66回以降は「00台無し&20台無し」>「10台無し&30台無し」
という図式が成り立っています。

しかし、セットEでは全期間に渡って「10台無し&30台無し」優勢。
第66回以降も「10台無し」と「30台無し」が1回ずつ成立。
この部分でも、第65回以前と第66回以降で、
差が少ない珍しいセット球となっています。

延べ出現個数でも20台が強く、第65回以前っぽい傾向。

ロト7では第65回以前と第66回以降で、
使用する球を変えたのではないかと推測していますが、
セットEに関しては、変えていないのかもしれません。



三連続数字以上が11巡中6巡と異様に多い。
第65回以前の6巡中4巡で三連続数字が、
第66回以降の5巡中2巡で四連三連が出現。

第66回以降の最初の3巡では不発。
しかし、10巡目に四連、11巡目に三連と連続登場。
やはり、セット球固有の特性として認識すべき頻度。

続数字2組が3巡というのも意外に多めで、
同じく第65回以前と第66回以降にまたがり出現。
連2間0系が、第66回以降のトレンドのひとつですが、
こちらも今後、出てくる可能性があります。

下一桁数字は全巡1組以上で、100%の確率。
多めに振れることはあるにせよ、最低1組は確実。

第66回以降は主流の同2同0三同1が3回で、同1が2回。
比率的には第65回以前とさほど変わらないので、
流れを捉えているのかは微妙。

下一桁数字1組は二度とも下一桁*1で、
出現数最多の11絡みなのは要チェック。



当選数で圧倒的な単独首位の11ですが、
最新11巡目第102回では不発に終わりました。

第98回・第100回・第101回では本数字当選、
第99回ではボーナス当選と絶好調だったのに・・・。
これで、最も得意なセットEで出なかったのが不思議。

第66回以前も以後も関係なく、三連連2間0も関係ない。
セットE全期間にわたって、まんべんなく高確率で当選。
なので、次巡以降の復活も期待できるはず。

最新11巡目は、3回出現グループから3個、
2回出現から3個、1回出現から1個が当選。
中盤から大挙押し上げで、バランス良いとも言えます。

しかし、11以外に目立って強い数字が無く、
バラバラに出ている感があるので狙いづらい。
ット球繰り越しが0個のことが多いのが証拠。



繰り越し関連は、第65回以前は不安定でしたが、
第66回以降は、5巡続けて完璧にり越し1個と超安定。

ボーナス繰り越しは、四巡連続ありが異常事態でした。
第58回はロト7史上初のボーナス繰り越し2個。
第66回をまたいでのボーナス繰り越しは深刻でしたが、
その後は落ち着いて4巡続けて0個と安定しました。

回繰り越しは全く安定せず、ヒントにはならない。

ット球繰り越しも安定はしておらず、
0個と2個の落差が激し過ぎる。
当選数字がバラけているのが0個の原因でしょう。

一方で、2個と多めに出ることがあったり、
前回ット球のボーナス数字から本数字に当選することも。

とはいえ、11絡みが非常に多いので、
ット球繰り越しというより、11が来るか来ないかが問題か。



球の色は「水色」の皆勤賞が11巡目でもまだ継続中!
しかも大阪抽選も含めて登場!

さらに上掲の表を見ていただくとスゴいことが。
抽選4個目→3個目→2個目→1個目(大阪)→
ちょっと乱れて、3個目→2個目→
2個目(+7個目)→3個目→4個目(+1個目)→
5個目→6個目→7個目(+1・5個目)

キレイに斜めのラインを描いています。
人為的でなければオカルトっぽいですが、
単なる偶然ってことなんでしょうか。

最多登場11を含む「赤」も、11巡中10巡+大阪と好成績。
かたや「紺」や「黄色」などは完全沈黙が多い。



■次回以降の展望

★第65回以前と第66回以降で共通の流れなら、

三連続数字以上の密集型濃いめ
 下一桁数字も多め
 いずれかの十台無し、いずれかの十台4つ」

続数字2組・空き数字0組、または、
 続数字0組・空き数字1〜2組の2箇所分散型濃いめ
 下一桁数字は標準、各十台あり、まんべんなく」と分析。

せっかくセット球を意識して予想するなら、
特徴的な上記のパターンを狙っていきたい。

全期間で似た傾向があるので、
的を絞りやすくチャンスかもしれません。

ット球繰り越しは、0個狙いが一手。
あわせて11の復活も狙い目か。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック