FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年04月06日 (月) | 編集 |
ロト7は現在ロト7は現在、1週キャリーオーバー中。

累積金額は約2億4千万円。
過去の実績からすると、次回第104回の当選金額は、
1等単独当選で、5億円強と予想されます。

まだまだ8億円には届かないけど、
2億円台よりは、かなり嬉しい5億円クラス。
最高額じゃなくても結構な億万長者になれます。


このコーナーでは傾向が変わったと思われる
第66回以降のデータを元に分析・考察しています。

参考資料:第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」


それでは第104回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第66回〜第103回の38回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

14回出現 35  
13回出現 28  
12回出現 11   
11回出現 13  
10回出現 01 25
9回出現 14 18 29

8回出現 03 10

7回出現 
02 09 21 22 24 27 30 36 37

6回出現   
04 05 07 15 16 20 
26 31 32 34
 

5回出現 08 12 17 23
4回出現 19
3回出現 06 33


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第103回〉 02 03 11 12 22 35 3630 34


★直近6回出現回数上位
4回 11  3回 28 35 36  
2回 01 02 03 12 13 22 25 27



★本数字に現在連続出現していない長さ下位
18週 06  15週 10  11週 15 26  10週 05 32  
9週 20  8週 18 30 34  

★東京抽選でのみ現在10回以上出現していない数字
32回 33  8回 19  


第66回以降に、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがある数字 青文字は継続中

15週&11週 15  13週&13週 12  11週&11週 26  
10週&10週 05  10週&10週 36、37    


27週 33  

18週 06、19  18週 08(第65回以前から24週連続)  
17週 17  15週 10、13、22、24
14週 31  12週 16  

11週 03(第65回以前から16週連続)  
11週 23、27 

10週 07、11、32  


第66回以降に、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがない数字

01、02、04、09、14、18、20、
21、25、28、29、30、34、35


第1回から、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがない数字

04



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第103回02 03 11 12 22 35 3630 3403
第102回01 04 08 27 28 29 3113 2511
第101回11 12 21 23 28 36 3703 1621
第100回01 02 11 16 25 35 3609 14112
第99回13 17 22 24 27 28 3511 190131
第98回03 09 11 13 19 25 3310 3012
第97回07 13 14 16 22 24 3501 292111
第96回09 11 14 21 22 23 2410 3610
第95回01 08 13 14 18 30 3426 361111
第94回13 19 20 27 28 29 3026 3611
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




■第66回以降の傾向

28に並ばれた35が、すかさず抜け出す!
11は単独3位に浮上
35が1位 出現率36.8%!
28が2位 出現率34.2%!
11が3位 出現率31.6%!


本数字+ボーナスの総合出現数
首位11の本数字当選でさらに独走!


第66回以降で暫定ワースト3の06 19 33は沈黙


2個・2個・1個・2個の均等に近い「各十台あり」
「各十台あり」発生率 63.2%(24回/38回)
10台・30台出席率 各94.7%(36回/38回)


意外なり越し0
前回からり越し1個以上は81.6%(31回/38回)


第66回以降標準の下一桁同2組に続き、下一桁三同1
下一桁数字1組以上は、86.8%(33回/38回)


さすがに続けて三連続数字の確率は高くない
三連続数字以上の出現率は、15.8%(6回/38回)



★第66回以降に顕著な傾向
2箇所に要素分散、下一桁数字多め、各十台あり

第103回は、下一桁三同1組で多め、各十台ありで合致
しかし、要素が3箇所分散型で過剰



■詳細解説

★第66回以降の上位数字出現傾向
11 13 25 28 35の中から、11 35が本数字。

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第103回02 03 11 12 22 35 3630 34
第102回01 04 08 27 28 29 3113 25
第101回11 12 21 23 28 36 3703 16
第100回01 02 11 16 25 35 3609 14
第99回13 17 22 24 27 28 3511 19
第98回03 09 11 13 19 25 3310 30
第97回07 13 14 16 22 24 3501 29
第96回09 11 14 21 22 23 2410 36
第95回01 08 13 14 18 30 3426 36
第94回13 19 20 27 28 29 3026 36
第93回02 05 11 14 17 30 3231 37
第92回04 05 15 25 26 29 3211 27
第91回01 05 07 14 15 25 3518 24
第90回02 08 09 13 14 18 3711 25
第89回01 03 11 26 28 34 3617 20
第88回03 04 10 14 25 29 3018 19
第87回08 09 12 18 20 28 3113 15
第86回03 10 20 21 22 26 3024 35
第85回06 07 10 11 22 26 3514 23
第84回08 16 23 28 29 35 3612 37
第83回01 11 21 26 28 32 3518 22
第82回01 03 16 20 25 27 3418 37
第81回01 03 10 18 28 31 3509 21
第80回02 05 10 18 21 24 2725 34
第79回02 04 07 09 21 29 3706 36
第78回05 06 10 14 24 28 3607 20
第77回03 10 23 25 26 28 3015 29
第76回04 13 18 29 32 34 3624 33
第75回04 09 15 17 19 35 3710 20
第74回05 13 14 15 16 24 3109 11
第73回12 16 23 25 27 30 3228 33
第72回11 12 18 19 20 31 3209 21
第71回01 06 13 29 34 35 3702 15
第70回09 10 18 21 27 33 3504 11
第69回13 17 20 22 28 29 3711 12
第68回02 07 13 15 24 34 3512 23
第67回07 11 15 17 18 25 3506 33
第66回01 11 25 28 31 33 3703 20

11 13 25 28 35から、
いずれかが当選する確率は、35回/38回で92.1%。

35 28の首位争い、11 13の3位争いが熾烈。
最近は35 28のどちらか片方、
11 13のどちらか片方が当選というパターンが多い。

特に1113のライバル同士は、
直近15回中14回で、どちらかが本数字またはボーナス当選。
その14回のうち、12回が本数字で、ボーナスはわずか2回。

現在は大阪抽選を含む12回連続で記録更新中。
しかし、本数字に1113が同時当選したのは、
大阪抽選で1回だけなのが逆にスゴい。

上位4数字があまりにも快調なので、
それに比べて25の影が薄いのは仕方ない。



好不調の波がある00台は、第102回ではバラバラだけど3個、
第103回は続数字で奇数偶数ミックスの2個。
なんとなく類型にはまりやすく復活の兆し!?

しかし、ここから一転して「00台無し」に戻るのも、
最近は良くあるパターンなので難しい。

最も安定かつ勢いのある10台前半は、
第101回と全く同一の11 12続数字で2個。
10台前半で一人負けだった12がまさかの快進撃。



暫定新最弱数字の06 19 33は完全沈黙。
東京抽選での有力削除数字候補としては、
かなり安心感が出てきたような気がします。



第66回以降の本数字+ボーナスの総合出現数。

短期的には35よりも当選率の高い11は、
盤石の地位で独走体制は安泰。
とはいっても、35もかなりスゴいことに変わりはない。

本12回&ボーナス6回で計18回11 ↑Up!

本14回&ボーナス1回で計15回35 ↑Up!

本13回&ボーナス1回で計14回28

本9回&ボーナス4回で計13回18
本11回&ボーナス2回で計13回13
本10回&ボーナス3回で計13回25

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第66回〜当選数字シンプル版」



第66回以降を、各十台で分析。 ブルーグレー地=大阪抽選
101→10500台無し10台無し各十台あり
96→10030台無し各十台あり各十台あり00台無し各十台あり
91→95各十台あり各十台あり20台無し00台無し20台無し

86→90各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり20台無し
81→85各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり
76→80各十台あり各十台あり各十台あり10台無し30台無し
71→75各十台あり00台無し00台無し各十台あり20台無し
66→70各十台あり各十台あり各十台あり00台無し各十台あり

三週連続「各十台あり」→「00台無し」→
二週連続「各十台あり」→二週連続「00台無し」→
「各十台あり」→「20台無し」→
三週連続「各十台あり」→「10台無し」→「30台無し」→
九週連続「各十台あり」→「20台無し」→
二週連続「各十台あり」→
20台無し」→「00台無し」→「20台無し」→「30台無し」→
二週連続「各十台あり」→「00台無し」→
「各十台あり」→「00台無し」→「10台無し」→
「各十台あり」でした。

 各十台あり  24回/38回  63.2% 
00台無し6回/38回 15.8% 
10台無し2回/38回 5.3% 
20台無し4回/38回 10.5% 
30台無し2回/38回 5.3% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

いくら「各十台あり」の調子が悪いといっても、
出現率は半分を超えるわけですから、
この程度の間隔で出てもおかしくない。

とはいえ、安定性がまるで無いので、
次回の想定が立たないのが大きな問題点。
今は他の部分から予想を固めた方が無難でしょうか。

第65回以前のデータは、
 各十台あり  33回/65回  50.8% 
00台無し5回/65回 7.7% 
10台無し12回/65回 18.5% 
20台無し4回/65回 6.2% 
30台無し13回/65回 20.0% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第65回以前と第66回以降を比較すると、
00台無し20台無しV.S.10台無し30台無しで、
強弱が逆転している現象は現状維持。



「直近6回での出現数」は、11が6回中3回から4回へ再浮上。
やはり短期集中当選力では群を抜いています。

28 35が現状維持の6回中3回で、
ここまでが第66回以降の本数字当選上位3位。

直近4回中3回当選と地味に好調な36も、
6回中3回当選グループに上がってきました。

13は6回中2回に下降。
前回はボーナスでしたが、本数字は3回休み。

その他の直近4回中2回当選は、
00台序盤、10台序盤、下一桁*2などが特徴的。



長期休眠数字から当選はありませんでした。

予備軍9週・8週休眠数字からも当選ゼロで、
05 32が新しく10週休眠入り。
05が第66回以降で二度目の10週休眠、32は初めて。

第98回の大阪抽選では当選していたけど、
東京抽選には12回出ていなかった03が当選。
19は東京抽選で8回続けて当選無し。



★出現傾向

から1〜3個、
から1〜2個、
から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいが基準になると予想しましたが、

から1個、から1個、
から1個、
から3個、
から1個

となりました。
第103回はかなり素直な分布。

「上位が好調で、中盤が少なく、下位から多め」が、
4回続いていたので、結構な下克上傾向でした。
一転して、中盤から大量当選にホッと一息。

過去実績を考えると、もっと上寄りが理想ですが、
このパターンでも番狂わせが少なく及第点。

次回の基準は、

から1〜3個、
から2〜3個、
から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいと予想してみます。



★前回からの繰り越し個数
ブルーグレー地=大阪抽選
101→105繰2繰1繰0
96→100繰1繰2三繰1繰1三繰1繰1
91→95繰1繰3繰1三繰1繰1繰1三繰1
86→90繰3繰1繰0繰1繰0
81→85繰2繰2三繰1繰2三繰1
76→80繰1繰0繰2繰0繰2
71→75繰1繰0繰2繰1繰1
66→70繰1繰2繰3繰1繰0

三繰1以上も繰1個分としてカウント
繰0 7回/38回  18.4% 
繰1 17回/38回 44.7% 
繰210回/38回 26.3% 
繰34回/38回 10.5% 
 三繰 6回/38回 15.8% 

り越し多め気配も感じられましたが結局0個。
「01 04」→「02 03」が見事な避けっぷり。

強数字も毎回当選しているのに、
なぜか交代しながらの出現で連鎖しなかった。

「各十台あり」から、どう展開するか不透明で、
り越しにも影響を与えそうで難しい。

第66回以降は、第65回以前と比較して、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少ない
  2. 「前回り越し0個」が比率的に多い
  3. り越しなどの特殊型が少ない
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い
という傾向がみられたわけですが、最近は三繰1が増加。
繰0は本当に久しぶりの成立となりました。

「2回連続で同じり越し個数にならない」パターンだと、
次回は繰0以外の繰1繰2以上を警戒。
上位数字の11 35辺りが無難な候補。



第103回の要素は、
3組・空き0組・下一桁数字0組・数字1
各十台あり

要素3箇所分散型は、使用されたセットCでメジャー。
しかし、前々回・第101回でも成立しているし、
11 12続数字が同一なので、新しい流れの可能性。
漠然とした要素薄めよりは狙いやすいかもしれない。

おおまかに第66回以降の流れは、
  1. 連2間0の2箇所分散型濃いめ系
  2. 連0間X空きメイン系
  3. 連1間1の平均値近辺系
  4. 三連四連の超濃いめ系
の4つにとりあえず分類可能。
違う視点では、要素が2箇所に分散が多い。

これには当てはまっていないので、
5つめの分類として狙うのもひとつの手ですし、
単発だと読んで、他を待ち伏せするのも戦略。

下一桁三同数字1組は、前回の数字2組に続き、
第66回以降のスタンダードに戻ったという印象。
このまま安定してくれるとありがたい。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック