FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年05月31日 (日) | 編集 |
ロト7セット球を個別に攻略するコーナー。
今週すぐには役立たないけど、おおよそ10週間後に、
また同じセット球が使用球になるかというときに重要。

今回は、セットJの11周後を徹底分析です。
 ↓

■数字の登場回数
※大阪抽選はカウントしていません。
(下線は最新使用回の当選数字)

5回出現 37  
4回出現 07 
3回出現 02 08 09 13 19 35

2回出現 
05 06 12 14 15 16 17 20 
28 29 30 33


1回出現
01 04 10 11 18 
21 22 23 24 25 34 36


ボーナスのみ出現 32
0回出現 03 26 27 31


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30


セットJは、実質的に「大阪抽選」がセット球の使用1回分×2として、
カウントされていると考えられます。


青ライン=第104回以前と第105回以降の境界線
赤ライン=第65回以前と第66回以降の境界線
ブルーグレー地=大阪抽選

本数字 ボーナス 接続
第111回 07 08 09 24 28 30 33 01 34 01 H(B)
 
第100回 01 02 11 16 25 35 36 09 14 012 C
第90回 02 08 09 13 14 18 37 11 25 21 F
第79回 02 04 07 09 21 29 37 06 36 2 C
第69回 13 17 20 22 28 29 37 11 12 2 C
 
第57回 05 06 12 16 17 20 33 08 32 01 A
第46回 02 05 06 15 23 27 30 04 35 2 A
第37回 07 08 10 13 14 19 37 29 33 21 E
第28回 06 07 12 15 19 35 37 01 11 31 B
第17回 02 03 05 22 34 36 37 07 15 - D
第6回 05 15 19 23 30 34 35 06 25 - I
水色=同ット前回から繰り越し、=同セット三巡繰り越し以上、接続=前の週に使用されたセット、
=大阪同ット前回から繰り越し


■各十台の出現
00台 10台 20台 30台
累計 19個 19個 11個 14個
平均 2.11個 2.11個 1.22個 1.56個

■連続数字など/難易度
続・空き 下一桁 その他の特徴 1等
第111回 連0三連1間1 同1 10台無し ★4 1口
 
第100回 連2間0 同3 特になし ★4 0口
第90回 連2間0 同1 20台無し ★1 1口
第79回 連0間2 同2 10台無し、00台4つ ★3 0口
第69回 連1間1 同1 00台無し、20台4つ ★2 1口
 
第57回 連2間0 同1 特になし ★2 0口
第46回 連1間0 同1 暦内 ★4 1口
第37回 連2間1 同1 連間複合、20台無し、10台4つ ★2 1口
第28回 連1間1 同2 20台無し ★2 1口
第17回 連2間2 同1 連間複合2、10台無し ★1 0口
第6回 連1間0 同0三同1 特になし ★4 0口
易=このブログ独自判定の当てやすさ、難★1←→★5易

■繰り越し
前回り越し ボーナスから 回から ット前回
第111回 0
四1個・30
0 1個・24
四1個・30
0
 
第100回 1個・35 1個・11 2個・11 25 1個・02
第90回 0 0 1個・14 3個・02 09 37
第79回 0 1個・07 0 2個・29 37
第69回 1個・13 0 1個・17 2個・17 20
 
第57回 0 0 2個・12 17 0
第46回 1個・02
三繰1個 27
0個 2個・06 15
三繰1個 27
2個・02 05
第37回 1個・10 1個・37 1個・19 3個・07 19 37
第28回 0 0 0 3個・15 19 35
第17回 1個・05 1個・34 1個・02 -
第6回 1個・05 0 1個・23 -

■球の色(抽選順)
本数字 ボーナス
第111回              
 
第100回              
第90回              
第79回              
 
第69回              
第57回              
第46回              
第37回              
第28回              
第17回              
第6回              

■セットJの球の配色
セットJ
01
08
15
22
29
36
02
09
16
23
30
37
03
10
17
24
31
 
04
11
18
25
32
 
05
12
19
26
33
 
06
13
20
27
34
 
07
14
21
28
35
 



■傾向
過去に大阪抽選での使用が2回あり、
どちらもセットJの1回分とカウントされた模様。
実質的に東京抽選が他のセット球より2回少ない。



ロト7全体で他のセット球では、
「第65回以前=第105回以降、第66回〜第104回は別」
という推測が成り立つように思える節があります。

でも、ひょっとしたらセットJに関しては、
「第65回以前=第66回〜第104回、第105回以降は別」
かもしれない・・・と感じられる部分が。
理由は以下の項目で順次。



37が頭ひとつ抜けて強いセット球。

「37」自体はロト7全体で、第65回以前は最弱、
第66回〜第104回は中堅に位置していました。
第105回以降は、とりあえず第111回までは当選ゼロで、
再び最弱の座に返り咲いてしまいました。

セットJでは、第65回以前が50%、第66回〜第104回が75%、
大阪抽選が50%と、異様に高い出現率が特徴でしたが、
まだ1回とはいえ、第105回以降は不発で0%に。

今後また躍進する可能性もありますが、
第111回はあまりセットJらしくなく、
ロト7初期っぽい傾向だったのは気掛かりです。



最新11巡目の第111回では、
07が空位だった4回当選に浮上し単独2位に。

その他は比較的均等な出現分布となりましたが、
下位グループが若干強めだった印象です。



第65回以前は10台が安定して強く、20台が弱かった。
第66回〜第104回は第65回以前と共通点もありますが、
各十台の勢力がバラバラ。
第105回以降は、とりあえず「10台無し」でスタート。

セットJの第65回以前≠セットJの第105回以降
ロト7全体の第65回以前=セットJの第105回以降
という図式の方が、しっくり来るという印象。

10巡目・第100回以外で、
「いずれかの十台から3個以上当選」という共通点。



要素は、続数字や空き数字の2箇所分散型が主流。

最新第111回ではセットJ初の三連続数字で、
唐突でイレギュラーな感はありますが、一応は2箇所分散型。
典型的な初期の「00台爆発」系にかなり近いので、
ロト7全体の第65回以前」っぽい印象。

しかし、それ以前は続数字2組の比率が異様に高い。
第66回〜第104回はロト7全体でも連2間0系が頻発パターン。
セットJでは第65回以前でも多かったのが特徴。

特に度々発生していたのが、
「00台2個以上で続数字、10台3個以上で続数字、合計連2
これが東京全期間で9巡中3巡に当てはまり、
第28回・第100回では10台に続がないものの非常に近い。

東京9巡中6巡も、00台で続または三連続が出現。
そして、そのうち3巡で「20台無し」&37当選という共通点。
今後はセットJらしさが戻ると読むのであれば、
これを積極的に狙っていくのも一手です。

それともロト7全体の初期っぽいままなのか、
流れを推測して注目していく必要があります。



繰り越しは、イレギュラーが結構あります。

前回り越し1個が基準なのに対して、
東京9巡中4巡が0個と比率が高い。
そして、り越し2個以上が、いまだにゼロの超少なめ傾向。

ボーナス繰り越しは0個が基準なのに対して、
東京9巡中3巡で1個は比較的多く、これも普通じゃない。
機械的に前回ボーナスを外すのは危険かも。

回繰り越しは、平均すると基準の1個。

ット球繰り越しは1個が基準なのに、2〜3個が明らかに多い。
しかも、37の含有率が異様に高く、「20台無し」時に3個。
ひとつのパターンとして狙えるぐらいの共通点があります。

特に第37回と第90回は構成数字が酷似していて4数字も一致。
「第65回以前=第66回〜第104回」の証拠となりそうなデータ。
第105回以降も似たような組み合わせが来てくれるでしょうか。

10巡目は1個と大人しかったですが、
それでも、02は同セット三巡繰り越しと特殊。

東京9巡で、三巡繰り越しがすでに3回という異様な密度。
同じ数字が繰り返し当選していてチャンス。

と思っていたら最新11巡目は、二度目の0個。
やはり、変わり目があったのは濃厚ですが、
今までの流れが切れているかが懸念材料。



球の色は、いまだ「黄色」が大阪抽選含め皆勤賞を継続中!
出現数首位の37が黄色に属しているのが大きい。

「ベージュ」も大阪含め11巡中10巡と堅調。
「緑」は東京9巡中8巡登場ながら、大阪2巡で未当選。

一方で「紫」が、第65回以前と第105回以降で未当選なのに、
第66回〜第104回は皆勤賞なのが明確な差。

「紺」と「赤」は、第66回〜第104回で未当選なのに、
第65回以前と第105回以降では普通に出現。

ここら辺りが明らかに、
「第65回以前=第105回以降、第66回〜第104回は別」で、
「第65回以前=第66回〜第104回、第105回以降は別」説と
合致しないのが微妙なところ。



■次回以降の展望

★共通項として、
続と空きなどの要素2箇所分散、
 り越し0〜1個、ボーナス繰り越し1個警戒」

★第105回以降の流れが来ると思うなら、
「00台から三連続数字、10台無し、
 28 30(初期トップ4?、または、その時の好調数字?)警戒」

★第65回以前と第66回〜第104回共通の流れが来ると思うなら、
「00台2個以上で続数字、10台3個以上で続数字、合計連2
 20台は0〜1個、30台は高確率で37が1個」

★第66回〜第104回の流れが来ると思うなら、
「 20台安定(高確率で29)&30台安定(高確率で37
 いずれかの十台4つで、その中に要素2箇所分散、
 いずれかの十台無し」と分析。

次回以降が、どっちの流れに振れるかで差が出そう。
第105回以降の方は再現されるか不安はありますが、
狙いやすい面があるので賭けてみるのも手。

ット球繰り越しも、どちらの流れかに影響されそう。
第105回以降なら無難に1〜2個。
第104回以前ならット球繰り越しとは無関係に、
過去頻出数字をチェックした方が良いかも。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック