FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年07月06日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、11週キャリーオーバー中ですが、
その途中に1等最高額8億円が4本出ているので、
累積金額は約5億8千万円。

過去の実績からすると、次回第117回の当選金額は、
1等単独当選で、最高額8億円!
加えて1億円強のキャリーオーバーと予想されます。

うーん、貯金が残り少なくなってきましたが、
まだ最高額8億円には届きそう。
貴重なチャンスを活かしましょう。



このコーナーでは傾向が変わったと思われる
第65回以前/第66回〜第104回/第105回以降に分け、
第105回以降のデータを元に分析・考察していきます。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」



それでは第117回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第105回〜第116回の12回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

6回出現 06  
5回出現 08 27 28 30  
4回出現 07 09
3回出現 13 15 17 20 33 36 

2回出現 
03 04 10 12 14 19 
21 22 24 26 31 32 35 37 


1回出現 02 23 25 29 

ボーナスのみ出現 01 11 18 34 
0回出現 05 16


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第116回〉 09 14 23 27 28 31 3203 20


★直近6回出現回数上位
4回 27  3回 06 07 08 09 28  
2回 13 14 15 37



★本数字に現在連続出現していない長さ下位
12週 01 05 11 16 18 34  10週 19
9週 03  8週 02

第105回以降に、東京抽選でのみ出現していない数字
9回 12 22 



第105回以降に、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがある数字 青文字は継続中
12週 01 05 11 16 18 34
11週 23  10週 14 19 25



第105回以降に、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがない数字

02 03 04 06 07 08 09 10  12 13 15 17 20 
21 22 24 26 27 28 29 30  31 32 33 35 36 37



第1回から、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがない数字

04



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第116回09 14 23 27 28 31 3203 201111
第115回06 08 13 14 20 25 2724 2631
第114回08 13 26 27 28 29 3704 1211
第113回04 06 07 09 15 17 3714 202111
第112回06 07 10 15 27 35 3613 2012
第111回07 08 09 24 28 30 3301 340111
第110回04 12 22 30 31 35 3619 370111
第109回06 17 20 21 24 30 3207 23211
第108回02 06 07 08 28 30 3618 2112
第107回03 08 09 13 17 27 3329 3102
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




■第105回以降の傾向

27 28アップで2位争い激戦!

06が1位 出現率50.0%!(6回/12回)
08 27 28 30が2位 出現率41.7%!(5回/12回)


本数字+ボーナスの総合出現数
こちらでも27 28の追い上げが脅威ですが、
いつの間にか20が同率首位に!


第65回以前のワースト3の18 25 37は、
3連続登場後の沈黙


交互成立の「各十台あり」と「いずれかの十台無し」
「各十台あり」発生率 66.7%(8回/12回)
00台出席率 100%(12回/12回)


また多めでり越し1個+り越し1
前回からり越し1個以上は91.7%(11回/12回)


前回が第105回以降初だったのに、今回も下一桁同0
下一桁数字1組以上は、83.3%(10回/12回)


まだまだ我慢の時期
三連続数字以上の出現率は、25.0%(3回/12回)



★第105回以降に見られる傾向
平均値ど真ん中連1間1・同1
00台で三連続数字&10台沈黙の「00台爆発」系、
3数字密集型+下一桁数字多め

第116回は、連2間0で、
第66回〜第104回に特徴的だった2箇所分散型。



■詳細解説

★第105回以降の上位数字出現傾向
06 08 28 30の中から、28が当選。

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第116回09 14 23 27 28 31 3203 20
第115回06 08 13 14 20 25 2724 26
第114回08 13 26 27 28 29 3704 12
第113回04 06 07 09 15 17 3714 20
第112回06 07 10 15 27 35 36 13 20
第111回07 08 09 24 28 30 3301 34
第110回04 12 22 30 31 35 3619 37
第109回06 17 20 21 24 30 3207 23
第108回02 06 07 08 28 30 3618 21
第107回03 08 09 13 17 27 3329 31
第106回06 10 12 19 21 22 3001 11
第105回03 15 19 20 26 28 3317 21

第105回以降で06 08 28 30から
いずれかが当選する確率は、12回/12回で100%。

順調に28が当選で100%維持。
それは良いんですが・・・
律義に3回ごとに1回当選を守っていた28が、
急に2回で当選してしまったのは、
喜んでいいのか、悲しんでいいのか。

30が短期集中当選&長期休眠路線を驀進中で、
06 08が一息付いたところだったので、
穴を空けずに済んで良かったのかも。



00台後半と、28 30近辺が強いのは変わらず、
第105回以降と第65回以前で似ている傾向。

第116回では、00台後半は09の単独当選。
直近6回中3回当選の50%で、06 07 08 09が並ぶ!
わざわざ足並揃えるような挙動が不思議。

20代後半は27 28がコンビで登場。

かつての首位「23」も、やっとの当選で合流ですが、
使用されたセットIの影響が大きいかもしれません。
完全復活はそんなに期待できないか?

参考資料:「ロト7セットI分析〈11巡後時点〉」



第66回〜第104回の暫定最弱数字の06 19 33は、
第105回以降に絶好調の06が、依然単独首位。

結局19は、第105回・第106回の2回のみの当選で、
遂に10週連続休眠入りとなってしまいました。

33は、もうちょっとまともですが、勢いは失っている感じ。


第65回以前のワースト3の18 25 37は、
第105回〜第112回は沈黙していたので、
「第105回以降は第65回以前に回帰」説に説得力。

しかし、第113〜115回で、37と25あわせて3連続登場。
第116回は、ひとまず沈黙しましたが今後はどうなるか。



かつてのトップ4の「23 28 29 30」からは、
第105回以降に「28 30」が大活躍で出現数同率2位。

しかし、第114回でやっと「29」が初当選で、
第116回でようやく「23」も本数字に顔見せ。

これから巻き返しがあるのかもしれませんが、
感触としてはちょっと望みが薄いかなぁという感じ。



第105回以降の本数字+ボーナスの総合出現数。

熾烈な2位争いの27 28に目を奪われがちですが、
サラッと20が本3+ボーナス3で6回の同率首位!

本6回&ボーナス0回で計6回06
本3回&ボーナス3回で計6回20 ↑Up!

本5回&ボーナス0回で計5回08
本5回&ボーナス0回で計5回27 ↑Up!
本5回&ボーナス0回で計5回28 ↑Up!
本5回&ボーナス0回で計5回30
本4回&ボーナス1回で計5回07

本4回&ボーナス0回で計4回09 ↑Up!
本3回&ボーナス1回で計4回13
本3回&ボーナス1回で計4回17
本2回&ボーナス2回で計4回21

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第105回〜当選数字シンプル版」



第105回以降を、各十台で分析。 ブルーグレー地=大阪抽選
116→120各十台あり
111→11510台無し各十台あり20台無し各十台あり30台無し
106→110各十台あり各十台あり10台無し各十台あり各十台あり
→105各十台あり

三回連続「各十台あり」→「10台無し」→
二回連続「各十台あり」→「10台無し」→
「各十台あり」→「20台無し」→
「各十台あり」→「30台無し」→
「各十台あり」でした。

 各十台あり  8回/12回  66.7% 
00台無し0回/12回 0% 
10台無し2回/12回 16.7% 
20台無し1回/12回 8.3% 
30台無し1回/12回 8.3% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

完璧に「各十台あり」と「いずれかの十台無し」が
交互に成立するというリズムになっています。

「各十台あり」が基本ですが、連続で出なくなりました。
かといって「いずれかの十台無し」も連続で出ない。

■第66回〜第104回のデータ
 各十台あり  25回/39回  64.1% 
00台無し6回/39回 15.4% 
10台無し2回/39回 5.1% 
20台無し4回/39回 10.3% 
30台無し2回/39回 5.1% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

■第65回以前のデータ
 各十台あり  33回/65回  50.8% 
00台無し5回/65回 7.7% 
10台無し12回/65回 18.5% 
20台無し4回/65回 6.2% 
30台無し13回/65回 20.0% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第65回以前と第66回〜第104回を比較すると、
00台無し20台無しV.S.10台無し30台無しで、
強弱が逆転していました。

「第105回以降は第65回以前に回帰」説が、そこそこ有力。
10台無し」2回と「30台無し」は順当でしたが、
1回の「20台無し」がイレギュラー。

今のリズムだと、次回は「いずれかの十台無し」で、
「第65回以前回帰」説をとるなら、
やはり「10台無し」と「30台無し」が有力か。

そろそろ続けて「各十台あり」でも、おかしくないけど。



「直近6回での出現数」は、6回中4回に27が昇格!
り越し達成が大きいですが、
印象としては意外な伏兵といった感じ。

ただ生半可な勢いでは4回まで行かないので、
今後の活躍にも注意する必要がありそうです。

6回中3回は、06 07 08 09 + 28で、
00代後半と最強28がキレイに並びました。

そして6回中2回は、かなり量が減りましたが、
13 14 15 + 37で、
こちらも10台中盤と過去最弱37がキレイに。

四連続当選だった30が姿を消してしまいましたが、
なんか物凄い顔ぶれの直近上位です。

見た通り、00台後半の躍進は本物。
第116回は帳尻合わせっぽい09だけでしたが、
大阪抽選を除く直近9回の中に、

06 07」「06 08」「08 09
06 07 08」「07 08 09」「04 06 07 09

と揃っているので、密集爆発を要警戒。
00台後半に限らず、第105回以降では、
同じ数字が繰り返し出ているので狙い目!



長期休眠数字は、集計可能になった直後に「14 25」当選。
しかも、14は連続当選となりました。

そして、第65回以前の最多出現「23」も、
11週未当選後に満を持して登場。

第105回以降で未出現数字が、意外に多くあったのに、
10週経過後にポロポロと当選するようになりました。

直近10回で、20台は全て当選していますが、
00台と10台は出る数字と出ない数字が極端。
意識して選んだ方が、結果に繋がりやすそう。



★出現傾向

から1〜2個、
から1〜2個、
から2〜3個、
■から1〜2個、
から0〜1個

ぐらいが基準になると予想しましたが、

から2個、
から1個、
■から3個、
から1個

となりました。

最も数が多かった2回出現グループから当選ゼロ。
最上位グループからも当選無く、セカンドグループ躍進。

1回出現グループ■から3個と、
ボーナスのみから1個で過半数は痛手。
あまりにも下位グループが強過ぎ。
最近は標準的なことが多かったのに・・・。

次回の基準は、

から1〜2個、
から1〜2個、
から2〜4個、
■・から1〜2個

ぐらいと予想してみます。



★前回からの繰り越し個数
ブルーグレー地=大阪抽選
116→120繰1三繰1
111→115四繰1繰1繰2三繰1繰1繰3
106→110繰1ボ1繰0繰1繰2ボ1三繰1
→105繰1

三繰1以上も繰1個分としてカウント
繰0 1回/12回 8.3% 
繰1 7回/12回  58.3% 
繰22回/12回 16.7% 
繰32回/12回 16.7% 
 三繰 3回/12回 25.0% 
 四繰 1回/12回 8.3% 
 ボ繰 2回/12回 16.7% 

第66回〜第104回は、第65回以前と比較して、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少ない
  2. 「前回り越し0個」が比率的に多い
  3. り越しなどの特殊型が少ない
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い
という感じでしたが、第105回以降は、
  1. 過半数が繰1が優勢と変化
  2. 繰0は少なめ
  3. 特殊型三繰四繰が多め
  4. 特殊型含めると繰1主体で同一個数ありな感じ

またり越し合計2個と多め。
加えて、本数字だった20ボーナスに移行したので、
繰1想定だと苦戦を強いられました。

繰1」と「多め」が交互というリズムから、
また別の方向性に向かっているかもしれません。

27は好調なので、下手するとり越しあるし、
交代で14り越しという目もある。

次回の想定は、ちょっと難しいですが、
基本の個数は1個狙いが無難でしょうか。



第116回の要素は、
2組・空き0組・下一桁数字0
各十台あり

第66回〜第104回の主流が復活したような
2箇所分散型の連2間0となりました。

でも、使用されたセットIは、なんとなく、
第66回〜第104回の流れが継続している風なので、
単発のイレギュラーと捉えた方が良いかもしれません。

なので、現在期待できる流れの
「00代後半の繰り返し当選数字から、
複数個を軸に組み立てる」戦略がひとつの手。

下一桁数字0組は、
前回が第105回以降で初めてだったのに、
いきなり2連続で成立は結構なイレギュラー。

標準の下一桁同1に戻ってくれるでしょうか。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック