FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年09月21日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、キャリーオーバー無し。

過去の実績からすると、次回第128回の当選金額は、
1等単独当選で、2億円台前半と予想されます。

18週も続いたキャリーオーバーが途切れたと思ったら、
2回連続で1等が2口出て、キャリーどころじゃない状況。
それでも、1等当てれば億万長者の可能性は極大!


傾向が変わったと思われる第120回にあわせてリセット。

第65回以前/第66回〜第104回/第105回〜第119回/
第120回以降に分けて集計。
第120回以降のデータを元に分析・考察していきます。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」
第105回〜第119回のまとめ→「ロト7第120回予想のための真考察」


それでは第128回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第120回〜第127回の8回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

4回出現 02 16 35
3回出現 01 18 

2回出現 
04 10 13 15 17 
21 26 27 28 30 34 36 37


1回出現 
03 05 06 08 11 12 14 19 
22 23 29 32 


ボーナスのみ出現 09 25 
0回出現 07 20 24 31 33


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第127回〉 10 12 15 23 28 30 35 (06 25


★直近6回出現回数上位
3回 01 35  
2回 02 10 15 16 17 18 27 28 34 36



★本数字に現在連続出現していない長さ下位

第120回以降の8週
07 09 20 24 25 31 33



第1回から、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがない数字

04



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第127回10 12 15 23 28 30 3506 2512
第126回04 10 13 16 17 21 2701 18011
第125回01 06 11 14 19 28 3518 2101101
第124回01 02 15 17 18 22 3606 2722
第123回01 03 05 08 29 34 3623 28110
第122回02 16 18 26 27 34 3505 120232
第121回02 04 13 16 21 30 3719 2930
第120回02 16 18 26 32 35 3709 36010
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




■第120回以降の傾向

30台で抜け出した35が同率首位
02 16 35が1位 出現率50.0%(4回/8回)
01 18が4位 出現率37.5%(3回/8回)


本数字+ボーナスの総合出現数
ボーナス当選2回の18が依然首位


「30台無し」に続いて「00台無し」と波乱
「各十台あり」発生率 62.5%(5回/8回)
20台出席率 100%(8回/8回)


初めて普通のり越し1個+ボーナス繰り越し0
前回からり越し1個以上は75.0%(6回/8回)


3連続の同1組から同2組へ
下一桁数字1組以上は、75.0%(6回/8回)


まだ第120回以降で三連無し・・・
三連続数字以上の出現率は、0%(0回/8回)



★第120回以降に見られる傾向

やや濃いめ連2間1・同1
トリッキーな連0間X・同0 or 2

第127回は、第120回と一致の連0間2・同2



■詳細解説

★第120回以降の上位数字出現傾向
01 02 16 18 の中から、全く当選無し・・・。

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第127回10 12 15 23 28 30 3506 25
第126回04 10 13 16 17 21 2701 18
第125回01 06 11 14 19 28 3518 21
第124回01 02 15 17 18 22 3606 27
第123回01 03 05 08 29 34 3623 28
第122回02 16 18 26 27 34 3505 12
第121回02 04 13 16 21 30 3719 29
第120回02 16 18 26 32 35 3709 36

第120回以降で01 02 16 18から
いずれかが当選する確率は、7回/8回で87.5%。

遂にパーフェクトが途切れてしまった・・・。
失速加減が尋常じゃなかったので予感はありましたが、
第120回以降の同じ数字の繰り返し当選が、
すでに過去のものになった空気で物悲しい。

もはや、復活を期待できそうな気配はあまり無いし、
ロト7全期間を通して最強の「28」や、
「第66回〜第104回」で出現数首位の「35」あたりに、
勢いが移っていくかもしれません。



00台は、第105回〜第119回が後半好調で、
第120回以降は前半が好調でしたが・・・、

ここに来て突然の「00台無し」とは予想できませんでした。
30台も「30台無し」から見事に復帰したので、
心配は要らないかもしれません。

ただ、0102が復活するのかどうか、
代わりに04が伸びてくるのか、
それとも00台前半の隆盛はすでに終わっているのか、
注目すべき岐路に立っている感じです。

ゾーンとして勢いがあった30台後半でしたが、
35が抜け出して首位まで駆け登りました。
「34 35 36 37」が並んでいたのに、
今は「35+その他大勢」という印象。

逆にゾーンとしての存在感を増してきたのが、
16 18の失速で強者不在となった10台。
「10台無し」の後、4回連続で10台3個以上と躍進。
10台後半だけでなく、広くまんべんなく10台から出現。
最近は突出した数字が無く、交代で登場するのが特徴。



「第65回以前=第105回〜第119回」は、
それなりの信憑性があるのではないかと。

じゃあ「第66回〜第104回=第120回以降」は?
ここに来て、ロト7全期間での最強数字28や、
「第66回〜第104回」で出現数首位の35が目立ってきたので、
出現数字的にも流れが似てきた雰囲気も。

セット球個別の分析では、結構似ていると思います。
ザックリ「第66回〜第104回=第120回以降」
という認識でも、そう間違いじゃないような。



最初期トップ4の「23 28 29 30」から、
なんと「23 28 30」が同時当選。
「23」は第120回以降で本数字初当選。

使用されたセットAでは、全期間で最初期トップ4が強く、
「23 28 30」の同時当選も二度目なのがポイント。
これから勢いに乗ることもありえますが、
セット球主導の単発で終わっても不思議じゃない。



第65回以前のワースト3の18 25 37

第120回以降で好調だった「18」は尻すぼみ。
好調30台後半の一員「37」は、やはり下り調子。
25」はやっとボーナス数字1回当選のみ。



第120回以降の本数字+ボーナスの総合出現数。

18が依然首位なのは、ボーナス2回が効いている。
正攻法の本数字上位02 16 35は届かない。

本3回&ボーナス2回で計5回18

本4回&ボーナス0回で計4回02
本4回&ボーナス0回で計4回16
本4回&ボーナス0回で計4回35 ↑Up!
本3回&ボーナス1回で計4回01

本2回&ボーナス1回で計3回21
本2回&ボーナス1回で計3回27
本2回&ボーナス1回で計3回28 ↑Up!
本2回&ボーナス1回で計3回36
本1回&ボーナス2回で計3回の06 ↑Up!

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第120回〜当選数字シンプル版」



第120回以降を、各十台で分析。 ブルーグレー地=大阪抽選
126→13030台無し00台無し
121→125各十台あり各十台あり10台無し各十台あり各十台あり
116→120各十台あり各十台あり10台無し各十台あり各十台あり

三回連続(前期からは四回連続)「各十台あり」→「10台無し」→
二回連続「各十台あり」→「30台無し」→「00台無し」でした。

 各十台あり  5回/8回  62.5% 
00台無し1回/8回 12.5% 
10台無し1回/8回 12.5% 
20台無し0回/8回 0% 
30台無し1回/8回 12.5% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

まさかの2連続「いずれかの十台無し」は驚き。
第120回以降独自のリズムになってきたんでしょうか。

わずか集計8回で、早くも皆勤賞が20台だけ!

最終的には「各十台あり」最多は揺るがなそうですが、
先が読めない展開になってきました。

■第105回〜第119回のデータ
 各十台あり  10回/15回  66.7% 
00台無し0回/15回 0% 
10台無し3回/15回 20.0% 
20台無し1回/15回 6.7% 
30台無し1回/15回 6.7% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

■第66回〜第104回のデータ
 各十台あり  25回/39回  64.1% 
00台無し6回/39回 15.4% 
10台無し2回/39回 5.1% 
20台無し4回/39回 10.3% 
30台無し2回/39回 5.1% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

■第65回以前のデータ
 各十台あり  33回/65回  50.8% 
00台無し5回/65回 7.7% 
10台無し12回/65回 18.5% 
20台無し4回/65回 6.2% 
30台無し13回/65回 20.0% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第65回以前と第66回〜第104回を比較すると、
00台無し20台無しV.S.10台無し30台無しで、
強弱が逆転していました。

「第65回以前=第105回〜第119回」説が、
そこそこ信憑性がある比率でした。

「第66回〜第104回=第120回以降」説はどうかというと、
10台無し」に「30台無し」のイレギュラーに、
順当な「00台無し」が加わり、盛り返しましたが、
まだ逆転せずにイレギュラー優勢。



「直近6回での出現数」は、勢いのある数字が激減。
6回中3回には、後発組の01と、新規加入の35のみに。
一時、隆盛を極めた02 16は、6回中2回に下降。

6回中2回グループは上りと下りの交差点。
10台後半の「15 16 17 18」が揃ったのは目を引きます。



長期休眠数字は、期間が短くまだまだ集計不能。

第127回は、第120位以降初当選が「12 23」と2個。
8週段階で残り7個と、地道に数を減らしています。



★出現傾向

から0〜2個、
から1〜2個、
■から2〜4個、
から1〜2個

ぐらいが基準になると予想しましたが、

から1個、
■から4個、
から2個

また過去1回当選グループが最多で4個。
本数字初当選も2個と下位が強い。
上位からは、わずか1個と奮わず。

結構な大所帯の2回出現グループが、
連続して沈黙しているので、上位の顔ぶれが変わらず。

全体的に許容範囲かもしれないけど、
ちょっとバランスがおかしく、かたよった分布。

次回の基準は、まだ精度が出なさそうですが、

から1〜2個、
から2〜3個、
■から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいと予想してみます。



★前回からの繰り越し個数
ブルーグレー地=大阪抽選
126→130繰0ボ1繰1
121→125繰3繰0三繰2繰1ボ1繰2繰0三繰1
ボ1
116→120繰0ボ1

三繰1以上も繰1個分としてカウント
繰0 2回/8回 25.0% 
繰1 3回/8回  37.5% 
繰22回/8回 25.0% 
繰31回/8回 12.5% 
 三繰 2回/8回 25.0% 
 四繰 0回/8回 0% 
 ボ繰 4回/8回 50.0% 

第120回以降は、それ以前と比較して、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少ない
  2. 「前回り越し0個」が比率的に多い
  3. り越し、ボーナス繰り越しなどの特殊型が多い
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い

三繰でもなく、ボーナス繰り越しも付かなかった。
純粋なり越し1個は逆に珍しくて新鮮。
第120回以降で初めてと言える「普通」の結果。

というわけで、上記項目の1〜3が当てはまりませんでしたが、
4はしっかり継承しているのに注目。
繰1はむしろ少数派だし、次回以降はまた荒れるかも。



続・空き・下一桁その他の特徴
第127回連0間2・同200台無し
第126回連1間0・同130台無し、10台4つ
第125回連0間0・同1-
第124回連2間1・同1連間複合
第123回連0間3・同0間1三間1、10台無し、00台4つ
第122回連2間1・同1-
第121回連0間1・同0-
第120回連0間2・同2-

第127回の要素は、
0組・空き2組・下一桁数字2
00台無し

要素の数値自体は第120回と一致しています。
連0間X空きメイン系」ですが、
「00台無し」なので、多少雰囲気が違います。

第126回は類型に全然当てはまらなかったので、
今回はかなりマシになりましたが、
難易度的に比較的高かった様子。

下一桁数字は、連0間X系では同0組か同2組。
その法則が乱れなかったのは良い感じ。

このパターンをまた狙っていくか、
もうひとつの類型「連2間1・同1」を狙う手も。
ただ、あまり安定していないので不安が残る。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック