FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年09月28日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、キャリーオーバー無し。

過去の実績からすると、次回第129回の当選金額は、
1等単独当選で、2億円台前半と予想されます。

1等当選が途切れず、3回連続でキャリーオーバー無し。
オータムジャンボ宝くじも発売され、
注目度もますます低下してしまいそうですが、
地道に2億円を目指して挑戦しましょう。


傾向が変わったと思われる第120回にあわせてリセット。

第65回以前/第66回〜第104回/第105回〜第119回/
第120回以降に分けて集計。
第120回以降のデータを元に分析・考察していきます。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」
第105回〜第119回のまとめ→「ロト7第120回予想のための真考察」


それでは第129回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第120回〜第128回の9回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

5回出現 02
4回出現 16 35
3回出現 01 04 18 26 27

2回出現 
08 10 13 15 17 
21 23 28 30 32 34 36 37


1回出現 
03 05 06 11 12 14 19 22 29 

ボーナスのみ出現 09 25 
0回出現 07 20 24 31 33


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第128回〉 02 04 08 23 26 27 32 (03 35


★直近6回出現回数上位
3回 01  
2回 02 04 08 10 15 17 23 27 28 35 36



★本数字に現在連続出現していない長さ下位

第120回以降の9週
07 09 20 24 25 31 33



第1回から、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがない数字

04



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第128回02 04 08 23 26 27 3203 3512
第127回10 12 15 23 28 30 3506 2512
第126回04 10 13 16 17 21 2701 18011
第125回01 06 11 14 19 28 3518 2101101
第124回01 02 15 17 18 22 3606 2722
第123回01 03 05 08 29 34 3623 28110
第122回02 16 18 26 27 34 3505 120232
第121回02 04 13 16 21 30 3719 2930
第120回02 16 18 26 32 35 3709 36010
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




■第120回以降の傾向

02が小休止から復活で単独首位
02が1位 出現率55.6%(5回/9回)
16 35が2位 出現率44.4%(4回/9回)


本数字+ボーナスの総合出現数
0235が、18に追いつき同率首位


「30台無し」→「00台無し」→「10台無し」と波乱
「各十台あり」発生率 55.6%(5回/9回)
20台出席率 100%(9回/9回)


初登場からの連続り越し1個+ボーナス繰り越し0
前回からり越し1個以上は77.8%(7回/9回)


また同1組へ戻り安定
下一桁数字1組以上は、77.8%(7回/9回)


ずっと第120回以降で三連無し・・・
三連続数字以上の出現率は、0%(0回/8回)



★第120回以降に見られる傾向

やや濃いめ連2間1・同1
トリッキーな連0間X・同0 or 2

第128回は、平均値ど真ん中の連1間1・同1で合致せず



■詳細解説

★第120回以降の上位数字出現傾向
01 02 16 18 の中から、かろうじて02が復活。

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第126回02 04 08 23 26 27 3203 35
第127回10 12 15 23 28 30 3506 25
第126回04 10 13 16 17 21 2701 18
第125回01 06 11 14 19 28 3518 21
第124回01 02 15 17 18 22 3606 27
第123回01 03 05 08 29 34 3623 28
第122回02 16 18 26 27 34 3505 12
第121回02 04 13 16 21 30 3719 29
第120回02 16 18 26 32 35 3709 36

第120回以降で01 02 16 18から
いずれかが当選する確率は、8回/9回で88.9%。

前回でパーフェクトが途切れ、勢いが急落。
02が3回休眠から復帰するも、尻すぼみ感が半端無い。

複数当選するほどの流れが戻ってくるのか、
今後も安定して当選してくれるのか、
一抹の不安を感じずにはいられません。



00台は、第105回〜第119回が後半好調で、
第120回以降は前半が好調でしたが・・・、

「00台無し、10台3個」から「00台3個、10台無し」へと、
見事な転換で窮地を脱出しました。

02 04スタートが異様に多く、00台偶数が超強い、
セットCらしい出目の02 04 08の3個。
「いずれかの十台無し」が多いのが厄介ですが、
01を含め、ここらあたりが安定してくれると嬉しい。

ゾーンとして勢いがあった30台後半から35が抜け出し、
第128回は32が当選で裾野が広がった感じ。

第120回以降の30台は、35が4回当選、
30 32 34 36 37が2回当選、31 33が0回当選
と、上位・中盤・下位と明確に三極化。

10台は16 18が失速し、
「10台無し」→4回続けて3個以上→「10台無し」
という落差の激しい展開で安定しない。

ただ、まんべんなくバラけて出るので、
第120回以降で唯一の未当選数字が無い十台。



「第65回以前=第105回〜第119回」は、
それなりの信憑性を持って終了しました。

「第66回〜第104回=第120回以降」も、
セット球個別の分析では、結構納得できます。

でも「第65回以前・第105回〜第119回」比べ、
「第66回〜第104回・第120回以降」は特徴が少ないので、
どちらにせよ難しいという印象です。



最初期トップ4の「23 28 29 30」から、23が連続当選。
第120回以降で、第127回が本数字初当選だったのに。

「第66回〜第104回」期では、あまり強くなかったし、
23を得意とするセット球が、たまたま2回続いたと見ることも。



第65回以前のワースト3の18 25 37

第120回以降で好調だった18は、ボーナスに転じた後、
フェードアウトして戻ってこれないのか!?

好調30台後半の一員だった37は、7週休眠に。
25はボーナス数字1回当選のみ。



第120回以降の本数字+ボーナスの総合出現数。

ボーナス2回当選の技巧派18に、
直球で本数字5回のみ当選の02と、
その中間の35が並んで、首位は三すくみ。

本5回&ボーナス0回で計5回02 ↑Up!
本4回&ボーナス1回で計5回35 ↑Up!
本3回&ボーナス2回で計5回18

本4回&ボーナス0回で計4回16
本3回&ボーナス1回で計4回01
本3回&ボーナス1回で計4回27 ↑Up!

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第120回〜当選数字シンプル版」



第120回以降を、各十台で分析。 ブルーグレー地=大阪抽選
126→13030台無し00台無し10台無し
121→125各十台あり各十台あり10台無し各十台あり各十台あり
116→120各十台あり各十台あり10台無し各十台あり各十台あり

三回連続(前期からは四回連続)「各十台あり」→「10台無し」→
二回連続「各十台あり」→
30台無し」→「00台無し」→「10台無し」でした。

 各十台あり  5回/9回  55.6% 
00台無し1回/9回 11.1% 
10台無し2回/9回 22.2% 
20台無し0回/9回 0% 
30台無し1回/9回 11.1% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

なんと3連続「いずれかの十台無し」で絶句。
こんなに繋がることは、かなり異例な事態。

しかも、なぜか5回ごとに「10台無し」の謎リズム。
集計9回で、皆勤賞が20台だけなのと、
すでに「10台無し」が2回は、かたよりが大きい。

10台無し」を中心軸にして、集計表が左右対称を維持。
ひょっとして、次回「00台無し」のフラグなのか!?

■第105回〜第119回のデータ
 各十台あり  10回/15回  66.7% 
00台無し0回/15回 0% 
10台無し3回/15回 20.0% 
20台無し1回/15回 6.7% 
30台無し1回/15回 6.7% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

■第66回〜第104回のデータ
 各十台あり  25回/39回  64.1% 
00台無し6回/39回 15.4% 
10台無し2回/39回 5.1% 
20台無し4回/39回 10.3% 
30台無し2回/39回 5.1% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

■第65回以前のデータ
 各十台あり  33回/65回  50.8% 
00台無し5回/65回 7.7% 
10台無し12回/65回 18.5% 
20台無し4回/65回 6.2% 
30台無し13回/65回 20.0% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第65回以前と第66回〜第104回を比較すると、
00台無し20台無しV.S.10台無し30台無しで、
強弱が逆転していました。

「第65回以前=第105回〜第119回」説が、
そこそこ信憑性がある比率。

「第66回〜第104回=第120回以降」説はどうかというと、
10台無し」に「30台無し」のイレギュラーに、
順当な「00台無し」が加わり、盛り返しましたが、
また「10台無し」逆襲でイレギュラー優勢。



「直近6回での出現数」は、遂に6回中3回が1個だけに。
しかも、4〜6回前に3連続当選をした01なので、
上り調子とは言えない斜陽感。

6回中2回グループは、各十台選りすぐりの超大所帯。
02が復帰したものの、16 18がフェードアウトの憂き目に。

強く勢いのある数字が激減し、まんべんなく平均的に。



長期休眠数字は、やっと9週目でまだ本集計とはいかず。

第128回は、第120回以降初当選の数字は無し。
未当選は残り7個と現状維持で、
このまま10週休眠に突入するんでしょうか。



★出現傾向

から1〜2個、
から2〜3個、
■から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいが基準になると予想しましたが、

から1個、
から3個、
■から3個

第128回は、やや上寄りのかなり順当な分布。
0回当選グループが、完全沈黙だったのはありがたい。

理想を言えば、基準を外れて上位多めだと、
さらに予想が組み立てやすいかな。

次回の基準は、

から0〜1個、
から0〜1個、
から2〜4個、
■から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいと予想してみます。



★前回からの繰り越し個数
ブルーグレー地=大阪抽選
126→130繰0ボ1繰1繰1
121→125繰3繰0三繰2繰1ボ1繰2繰0三繰1
ボ1
116→120繰0ボ1

三繰1以上も繰1個分としてカウント
繰0 2回/9回 22.2% 
繰1 4回/9回  44.4% 
繰22回/9回 22.2% 
繰31回/9回 11.1% 
 三繰 2回/9回 22.2% 
 四繰 0回/9回 0% 
 ボ繰 4回/9回 44.4% 

第120回以降は、それ以前と比較して、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少ない
  2. 「前回り越し0個」が比率的に多い
  3. り越し、ボーナス繰り越しなどの特殊型が多い
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い

三繰でもなく、ボーナス繰り越しも付かなかった。
「普通」のり越し1個は、
第120回以降では第127回が初だったのに、
第128回も続けて成立して逆に驚き。

上記項目の1〜3が当てはまりませんでしたが、
遂に4も陥落で、全て反転した裏の目に。
これからどうなっていくんでしょうか・・・。



続・空き・下一桁その他の特徴
第128回連1間1・同110台無し
第127回連0間2・同200台無し
第126回連1間0・同130台無し、10台4つ
第125回連0間0・同1-
第124回連2間1・同1連間複合
第123回連0間3・同0間1三間1、10台無し、00台4つ
第122回連2間1・同1-
第121回連0間1・同0-
第120回連0間2・同2-

第128回の要素は、
1組・空き1組・下一桁数字1
10台無し

平均値ど真ん中ですが、そのものは第120回以降で初。
近いところはありますが、パターンというほどでもない。

要素の出現確率的には、最も多くなるはずなので、
なにかのタイミングで揃っても不思議じゃありません。
逆に言うと、勢いのある流れがないから
平均値に辿り着いちゃったと言えなくもない。

一応、ひとつの類型「連2間1・同1」と一歩違いなので、
それに近い流れと認識して予想するのも一手。
もうひとつ類型「連0間X空きメイン系」も留意すべきか。

下一桁数字は、同2組から同1組に戻って安定の兆し。
ここが暴れないでくれると、余計な心配が減るんですが。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック