FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年10月23日 (金) | 編集 |
回別第132回
抽選日2015年10月23日
本数字07 10 14 16 20 30 31
ボーナス数字(35) (37)

1等0口 該当なし 
2等7口 1477万1,100円 
3等113口 128万1,000円 
4等5,432口 1万5,600円 
5等8万9,305口 2,300円 
6等15万5,506口 1,200円 

販売実績額22億8108万9,600円 
=760万3,632口×300円 
キャリーオーバー3週累積 7億9949万3,370円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット E
抽選順序103107201430163537
球の色


■繰り越し
前回からり越し0
ボーナスから1個 31
回から2個 20 31
ット前回から0個 (第123回・セットE

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間1・同0三同1
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★★☆☆ り越しがイレギュラー

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第132回ロト7は、1等が出ず3週累積、
8億円がキャリーオーバー!

またまた億万長者は誕生せずでした。
ゼロからスタートで、3週累積したのに、
8億円まであとわずか50万円ほど届かず。

1等が連発した後とはいえ、結構珍しいケース。
注目度・販売実績額が下がってしまっていたようです。

2週続けて1等が出なかった後は、
1等1口ならスカッと文句無しに最高額8億円!
という図式になるように、回復して欲しいところ。



第120回〜第126回で、好調だった16
最初期トップ4で第127回以降に2回当選していた30
第127回以降はボーナス当選が多い35
残りは、あまり目立たない数字が揃ってなんとも中途半端。

使用されたセットEの過去データと照らしても、
07 10の同時当選が、14巡で3回目というのはあるものの
核心に迫るほど似た傾向は無い様子。

ちょっと掴みどころが無く、流れの変わり目で、
どこに位置しているのか分かりにくい歯切れの悪い回。



3連続「いずれかの十台無し」→2連続「各十台あり」→「20台無し」
からの「各十台あり」は、標準的と言えば標準的。
しかし、特徴が無いとも言え、難しさに拍車がかかる。



要素を確認。
続数字1組、空き数字1組、下一桁数字0組・数字1組」
各十台あり

平均値連1間1・同1の下一桁数字が数字に。
紙一重で平均の近くでしたが、想定はしづらい領域。
予想も濃いめより難易度が高いので厄介。
本当に掴みどころが無いという点では一級品。


下一桁数字は、繰り返しになりますが三同1個。
三同1が成立したのは第113回以来で、随分と久しぶり。
つまり、これも最近の流れとは全然関係ない・・・。



繰り越し関連は、前回り越しは0個、
ボーナス繰り越しは1個でイレギュラー。

第120回〜第126回では、7回中4回もボーナス繰り越し1個で異変。
そうち半分の2回が、今回と同じ繰1ボ1

第127回以降はボーナス繰り越しは全て0個なので、
この点では第120回〜第126回の流れに戻ったのか?

回繰り越しは、2個で想定内の多め。
ただ、20 31は強い数字というわけではないし、
31は「本数字→ボーナス→本数字」という難解な挙動。

ット前回繰り越しは、0個でイレギュラーな少なめ。
前の巡から流れが変わっていたなら仕方ないのか・・・。

全体的にイレギュラーが多く、
手がかりが無かったり、裏目に出たりで苦戦。



今回の使用球は、セットE
2番目に長く使用されていなかったセット球。

より古い12巡目が1番目でしたが、扱いが特殊なセット球。
そろそろ1番目以外から使いそうな時期だったし、
充分に予測できた変化球という感じ。



球の色は、同色2個が「緑」と「紫」と「紺」の3色。
それに「ベージュ」を足した4色が本数字。

さらに、ボーナスも「緑」と「紺」だったので、
「赤」「黄色」「水色」の3色が、ボーナスにも出ない完全沈黙。
今回は鮮やかな色がなく、全体的にどんより系。



★その他の情報

リハ13201 13 16 24 28 31 3205 21

第132回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間0・同1 各十台あり 配色:セットA

要素は平均値の一歩違いにして、
ロト7初年度最多成立の連1間0・同1
こちらも平均値に近いけど、掴みどころが少ない。

本抽選と同じく第120回〜第126回で好調だった「16」が登場。
そして、やはり同じく前回ボーナスの「31」が本数字で波乱。
最初期トップ4から、こちらは「28」と入れ換え。

なんとなくイメージとして本抽選に似ていて、
同様に厄介で難しかった印象。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック