FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年11月20日 (金) | 編集 |
回別第136回
抽選日2015年11月20日
本数字10 17 24 27 30 33 37
ボーナス数字(18) (31)

1等0口 該当なし 
2等12口 1071万6,600円 
3等138口 130万4,600円 
4等7,501口 1万4,000円 
5等12万0,568口 2,100円 
6等21万1,203口 1,100円 

販売実績額28億3707万3,300円 
=945万6,911口×300円 
キャリーオーバー7週累積 22億2253万3,760円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット I
抽選順序303724101727331831
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 24
ボーナスから0
回から1個 30
ット前回から0個 (第125回・セットI
(ボーナス→ボーナス1個 18

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0間0・同1三同1
その他の特徴00台無し
予想しやすさ★★☆☆☆ かなりトリッキー

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第136回ロト7は、1等が出ず7週累積、
2222百万円がキャリーオーバー!

にゃんにゃんにゃんにゃんと、また億万長者が誕生せず。
次回は1等最高額8億円×3本分のキャパシティ。
常に大きなチャンスがあるのは嬉しい限りですが、
そろそろ1口ぐらい1等が出ても良いんじゃないかと。



割と珍しい「00台無し」が、久しぶりに成立。
比較的狭い所に抽選数字が固まっているはずなのに、
互いが近接せずに、続数字も、空き数字も無し。

それもそのはずで、00台を除いた最小数字10と、
最大数字37が登場していて、挟まれた最大限広い範囲から、
伸び伸びと当選しちゃっているのが大問題。

続・空きが無い分、かなり下一桁が重なって、
数字1組+数字1組と最近では稀に見る多め。
前回が同0三同1組だったので、流れを継承しつつパワーアップ。

そして、抽選順に見て最初の5個の球の色が、
「ベージュ・ベージュ・黄色・黄色・黄色」は、
時間軸に沿って中継を見ればインパクト絶大です。

ここらあたりが相当にトリッキーで、
結構な『普通じゃない』感を醸し出していました。
これは1等無理っぽいと思わせるような当選番号。



最初期トップ4の一角&第127回以降絶好調の30と、
前回当選の24は、ある意味では順当な当選。

しかし、現役最長16週休眠中だった33や、
最初期ワースト3で14週休眠中だった37が、
揃って当選してしまうという非常事態。

最初期ワースト3で11週休眠中だった18ボーナスに。
弱数字躍進の異様な流れで大きな痛手。
この点でも相当に厄介な数字の出方。

その他の10 17 27 3124は、
全て第127回以降に2回ずつ当選でした。

第127回以降の単独首位30
可も無く不可も無い中堅数字10 17 24 27 31
未当選だった33 37 18という不思議な取り合わせ。



「10台無し」→「各十台あり」→「00台無し」という繋がり。

第127回以降は「いずれかの十台無し」が多めで、
「各十台あり」が半分強と考えると妥当な結果ですが、
いきなり「00台無し」に来られても対処はしづらい。



要素を再確認。
続数字0組、空き数字0組、下一桁数字1組・数字1組」
00台無し

またしても、第127回以降で主流の「平均値連1間1・同1近辺」でも、
連X間2・同2系」でもなく、前例の無い独特な要素となりました。

要素2箇所分散型が多いのに、連0間0で要素0箇所・・・。
00台無しなのに、各数字の距離があり過ぎるのは前述の通り。

前回が連2間1で、多めが来るかと思わせて超薄め。
振れ幅が大きい上に、掴みどころがなくて高難易度。


下一桁数字は、同1三同1組。
前回に続き2回連続の数字1組成立で、
第127回以降は3回目となりました。

主流の下一桁同2組は、第127回以降で5回達成。
同X三同1組が3回、同1組が2回となっています。



繰り越し関連は、前回り越しが1個と標準的。
個数が目まぐるしく変わるのは相変わらずですが、
全く標準的な繰1は第127回以降の前半に回帰した感じ。

ボーナス繰り越しは0個で標準的。

回繰り越しは1個と標準的。
第127回以降の最強数字30で納得。

ット前回繰り越しは、0個と少ない。
なぜか2回続けて0個ですが、今回はボーナス→ボーナスあり。

普段はその他に、本数字←→ボーナス数字の間で、
多少やり取りがあるんですが、今回は全体的にあっさり。



今回の使用球は、セットI
1番目に長く使用されていなかったセット球。

フェイント気味に他を選ぶ可能性はありましたが、
普通に考えれば最も無難だったので問題なし。



球の色は、上述のように波乱気味。
しょっぱな2個連続「ベージュ」からの3個連続「黄色」は、
色が似ているだけにパッと見のかたより感が凄まじい。

その余波で「赤」がボーナスだけ、
「緑」「水色」がボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ13601 07 08 11 20 30 3204 21

第136回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同2 各十台あり 配色:セットA

平均値連1間1・同1近くでオーソドックスですが、
こちらも下一桁が多めなのは流れ踏襲か。

強数字「30」登場も、本抽選との共通点。
「32」も最近強いですが、出たのはこちらだけ。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック