FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年11月22日 (日) | 編集 |
ロト7セット球を個別に攻略するコーナー。
今週すぐには役立たないけど、おおよそ10週間後に、
また同じセット球が使用球になるかというときに重要。

今回は、セットIの13周後を徹底分析です。
 ↓

■数字の登場回数
(下線は最新使用回の当選数字)

7回出現 28
6回出現 23
5回出現 05
4回出現 01 14 

3回出現 
03 04 06 10 12 13 15 
16 19 21 22 24 27 35 


2回出現 07 09 29 30 31 33 

1回出現 
02 08 11 17 18 20 
25 32 34 36 37


ボーナスのみ出現 なし
0回出現 26


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30




ロト7の傾向は、
第65回以前第66回〜第104回
第105回〜第119回第120回〜第126回
第127回以降で、分かれていると考えられます。

そして、
第65回以前第105回〜第119回第127回以降
第66回〜第104回第120回〜第126回
なのではというのが、ひとつの推測。



青緑ライン上=第126回以前と第127回以降の境界線
赤茶ライン上=第119回以前と第120回以降の境界線
青緑ライン下=第104回以前と第105回以降の境界線
赤茶ライン下=第65回以前と第66回以降の境界線

本数字 ボーナス 接続
第136回 10 17 24 27 30 33 37 18 31 0 F
 
第125回 01 06 11 14 19 28 35 18 21 2 F
 
第116回 09 14 23 27 28 31 32 03 20 0 G
第106回 06 10 12 19 21 22 30 01 11 0 F
 
第91回 01 05 07 14 15 25 35 18 24 1 J
第84回 08 16 23 28 29 35 36 12 37 1 B
第74回 05 13 14 15 16 24 31 09 11 1 H
 
第65回 04 07 12 22 23 24 28 25 34 2 G
第54回 01 03 05 10 18 22 23 07 35 1 G
第44回 03 04 06 15 27 28 29 01 14 0 C
第31回 09 12 13 19 23 33 34 20 32 2 G
第20回 02 05 13 20 21 23 28 11 22 3 B
第5回 01 03 04 05 16 21 28 22 31 - C
水色=同ット前回から繰り越し、接続=前の週に使用されたセット

■各十台の出現
00台 10台 20台 30台
累計 24個 25個 29個 13個
平均 1.85個 1.92個 2.23個 1.00個

■連続数字など/難易度
続・空き 下一桁 その他の特徴 1等
第136回 連0間0 同1三同1 00台無し ★2 0口
 
第125回 連0間0 同1 特になし ★3 0口
 
第116回 連2間0 同0 特になし ★3 1口
第106回 連1間2 同2 連間複合 ★3 0口
 
第91回 連1間1 同0四同1 奇数偶数比6:1 ★1 0口
第84回 連2間0 同2 特になし ★3 0口
第74回 連0四連1間0 同2 暦内、10台4つ ★1 0口
 
第65回 連0三連1間0 同2 暦内、30台無し、20台4つ ★3 0口
第54回 連1間2 同1 三間1、暦内、30台無し ★3 0口
第44回 連1三連1間1 同0 連間複合、下一桁七連、
暦内、30台無し
★1 0口
第31回 連2間0 同1三同1 特になし ★2 1口
第20回 連1間1 同1 連間複合、暦内、
30台無し、20台4つ
★3 0口
第5回 連0三連1間1 同1 三連間複合、暦内、
30台無し、00台4つ
★4 0口
易=このブログ独自判定の当てやすさ、難★1←→★5易

■繰り越し
前回り越し ボーナスから 回から ット前回
第136回 1個・24 0 1個・30 0
 
第125回 0
三繰1個・01
1個・06 0
三繰1個・01
2個・14 28
 
第116回 1個・14
三繰1個・27
0 1個・28
三繰1個・27
0
第106回 1個・19 1個・21 1個・22 0
 
第91回 1個・14 1個・25 1個・01 1個・35
第84回 2個・28 35 0 1個・16 1個・16
第74回 1個・16 0 1個・31 1個・24
 
第65回 0
四繰1個・04
0 2個・24 28
四繰1個・04
2個・22 23
第54回 1個・01 0 2個・10 22 1個・03
第44回 2個・04 06 0 1個・15 0
第31回 1個・13 1個・34 0 2個・13 23
第20回 2個・02 20
三繰1個・21
0 0
三繰1個・21
3個・05 21 28
第5回 1個・28 0 0 -

■球の色(抽選順)
本数字 ボーナス
第136回              
 
第125回              
 
第116回              
第106回              
 
第91回              
第84回              
第74回              
 
第65回              
第54回              
第44回              
第31回              
第20回              
第5回              

■セットIの球の配色
セットI
01
08
15
22
29
36
02
09
16
23
30
37
03
10
17
24
31
 
04
11
18
25
32
 
05
12
19
26
33
 
06
13
20
27
34
 
07
14
21
28
35
 



■傾向
第65回以前は6巡中5巡で「30台無し」が成立していました。
第66回〜第104回の3巡、第105回〜第119回の2巡、
第120回〜第126回の1巡は、全て「各十台あり」で一度も成立せず。
そして、第127回以降は「00台無し」で30台3個とかけ離れる結果。

「30台無し」多発が、65回以前の範囲に収まってしまっているので、
第65回以前第105回〜第119回第127回以降説が微妙。

第65回以前は、
1巡目が「00台4個」&「20台2個」で、10台1個・30台無し
2巡目が「00台2個」&「20台4個」で、10台1個・30台無し
4巡目が「00台3個」&「20台3個」で、10台1個・30台無し
5巡目が「00台3個」&「20台2個」で、10台2個・30台無し
6巡目が「00台2個」&「20台4個」で、10台1個・30台無し
例外で、
3巡目が「00台1個」&「20台1個」で、10台3個・30台2個

第66回〜第104回は、
7巡目が「00台1個」&「20台1個」で、10台4個・30台1個
8巡目が「00台1個」&「20台3個」で、10台1個・30台2個
9巡目が「00台3個」&「20台1個」で、10台2個・30台1個

第105回〜第119回は、
10巡目が「00台1個」&「20台2個」で、10台3個・30台1個
11巡目が「00台1個」&「20台3個」で、10台1個・30台2個

第120回〜第126回は、
12巡目が「00台2個」&「20台1個」で、10台3個・30台1個

第127回以降は、
13巡目が「00台無し」&「20台2個」で、10台2個・30台3個


第105回〜第119回は、むしろ第66回〜第104回に近い印象。
ロト7全体でも第66回〜第104回は00台の勢いが減少。
でも、第105回〜第119回の傾向とは違和感があります。

セットIは、65回以前で異様に「30台無し」が出過ぎたので、
第105回〜第119回第66回〜第104回」と調整され、
さらに「=第120回〜第126回」という疑惑も。

しかし、第127回以降は「00台無し」+30台3個と新たな展開。
なんにせよ「30台無し」の復活は無かったのが残念。



ロト7全体の最初期トップ4のうち「23 28」が、
異様な強さを発揮しているセット球。

セットIでは、28が13巡中7巡当選で53.8%の当選率。
第127回以降・最新13巡目は不発に終わりましたが、
その他の4期間に渡って当選しているほどの定番。

一時はロト7最強数字の地位を保ち続けましたが、
第127回以降は全体でも不調なのが伝染したか。
ですが、次の巡で復活しても不思議じゃありません。

23が13巡中6巡当選で46.2%の当選率。
第120回〜第126回第127回以降・最新13巡目は不発。
成績自体は悪くないんですが、尻すぼみ感。

そして、23 28が揃って当選しているケースは、
65回以前/第66回〜第104回/第105回〜第119回であり、
合計すると4巡33.3%もあるのは、特筆に値します。

65回以前では、2328のいずれかが当選する確率100%!
これに「30台無し」の確率83.3%が組み合わさっていた!
この傾向が復活したら、抜群に予想しやすいんですが・・・。

後発ながら、最初期トップ4のうち「30」が存在感。
第105回〜第119回第127回以降限定ながら、3巡中2巡当選で、
この期間では23 28の代役を勤めるほどの好成績。



それに続く上位数字は12巡中5巡当選の05ですが、
全て65回以前第66回〜第104回で当選で、やはり尻すぼみ。

それと対照的なのは、尻上がりに好調な14
65回以前の6巡では、なんと未当選。
第66回〜第104回以降の各期間に登場して、
12巡中4巡当選と伸びてきましたが、第127回以降は不発。

これと似た傾向で、少し当選率が低いのが35

この数字の出現傾向を見ても、
65回以前第105回〜第119回
第66回〜第104回第105回〜第119回第120回〜第126回
という図式が成り立つような感触です。

01は約3分の1の確率で、多くの期間にまんべんなく登場。

ちなみに、第120回〜第126回で12巡目の第125回と、
第66回〜第104回で9巡目の第91回は、

〈第125回〉 01 06 11 14 19 28 35 18 21)
〈第91回〉 01 05 07 14 15 25 35 18 24)

と、セカンドグループの上位数字で共通点多し。



65回以前は、要素でも3巡目が例外。
三連間複合、連間複合、三連+連間複合、三間、三連と、
超濃いめ「三数字以上の密集爆発系」が特徴でした。

3巡目は続が2箇所の分散型濃いめ。
この2組・空き0組は、ロト7全体でいうと、
第66回〜第104回に典型的だったのを先取りした形?

連2間0はその後、第66回〜第104回の8巡目と、
第105回〜第119回の11巡目で登場。

〈第116回〉 09 14 23 27 28 31 32 (03 20)
〈第84回〉 08 16 23 28 29 35 36 (12 37)

8巡目と11巡目は23 28コンビ炸裂回だっただけでなく、
要素も連2間0と一緒で、続数字が20台と30台から。
各十台比率も一致と共通点が多く、非常に似ていました。

やはり、ロト7全体の流れに反してセットIは、
65回以前第105回〜第119回
第66回〜第104回第105回〜第119回第120回〜第126回」か!?

とはいえ、第120回〜第126回・12巡目と、第127回以降・最新13巡目は、
これまでと正反対の連0間0という超薄めが連発。
新しい流れとなっていくのかもしれませんが、
予想を組み立てる手がかりが皆無なので厳しい。


下一桁数字に関しては、初期は分かりやすく、
65回以前が標準的、第66回〜第104回が多め。

以降、第105回〜第119回第120回〜第126回は、
同0〜2個で変動し、安定しませんでした。

第127回以降・最新13巡目は同1三同1と超多め。
65回以前・3巡目は同じく同1三同1
第66回〜第104回・9巡目は同0四同1と、
たまに極端な多めに振れることがある様子。



繰り越し関連は、標準もあるけど、多め派手めが優勢。
全期間を通して、前回り越し0個だったことは無し。

り越し1個の場合でも、ボーナス繰り越しを伴うことが多く、
あまり標準的とは言えないので、やっぱり派手め。
しかし、第127回以降・最新13巡目は非常に素直でした。

ボーナス繰り越しは、第127回以降を除く他の期間で、
なぜか1回ずつ成立、通算4回で30.8%と高確率なので要注意。

回繰り越しも、やや派手め。

ット球繰り越しだけは、各期間で特徴が分離。
65回以前が多め、
第66回〜第104回が3巡とも1個、
第105回〜第119回が2巡とも0個、
第120回〜第126回が1巡で2個、
第127回以降が1巡で0個となっています。

65回以前第105回〜第119回第127回以降なのか?
各期間での統一感はあるので、流れを読んで狙いたい。



球の色は、同色3個も比較的多く出ていて、
まんべんなくというより、かたよりやすい傾向。

最新13巡目は「黄色」が3個&「ベージュ」が2個。
しかも2巡続けて、同色3個が抽選巡で3〜5個目の3連続。
6個目が「紺」で、7個目が「紫」なのも2巡連続。

12巡目は「水色」が3個同時出現。
上述のように構成数字が第91回と似ていますが、
なんと配色も「水色」3個含む7個中6個一致!
ボーナスをあわせると、9個中7個一致と驚異的!

「黄色」が本数字に出ず、
「ベージュ」が完全沈黙なのも共通点。

「赤」「紺」「黄色」は連続で出なかったこともあり、
当選しても1個のことが多く、弱いことは確か。
最新13巡目で「黄色」が3個は珍しい。

残りの4色は皆勤賞に近いというわけではないけど、
優秀な出現率&複数個当選が非常に多い。



■次回以降の展望

第120回〜第126回第127回以降の流れなら
「要素が一切無しの超薄め」

第66回〜第104回第105回〜第119回の流れなら
「要素が2箇所に分散型の濃いめ、特に連2間0
 各十台からまんべんなく、下一桁数字多めが基本
 注目数字:14 23 28」

65回以前の流れなら
「00台か20台どちらかで密集爆発、30台は沈黙
 連間複合近くを含む超濃いめ
 注目数字:01 03 04 05 23 28」

と分析。

第120回〜第126回第127回以降の流れは、
下一桁はバラバラ、共通する数字すらないので、
系統だって予想することは実質的に不可能。

65回以前第66回〜第104回第105回〜第119回の方が、
予想を組み立てやすいけど、あまり復活の気配が無いのが難。

ット球繰り越しは、0個狙いも一手。
次巡使用時の流れを読むのも大切。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック