FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年11月23日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、7週キャリーオーバー中。

累積金額は約22億2千2百万円。
過去の実績からすると、次回第137回の当選金額は、
1等単独当選で、最高額8億円!
加えて17億円台後半のキャリーオーバーと予想されます。

1等3口でも最高額8億円は堅いでしょう。
かと言って、全然1等が出ない今の状況で、
同じ番号を3口買って、24億円狙いは凄まじい冒険。


傾向が変わったと思われる第127回からリスタート。

第65回以前/第66回〜第104回/第105回〜第119回/
第120回〜第126回/第127回以降に分けて集計。
第127回以降のデータを元に分析・考察していきます。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」
第105回〜第119回のまとめ→「ロト7第120回予想のための真考察」
第120回〜第126回のまとめ→「ロト7第127回予想のための芯考察」


それでは第137回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第127回〜第136回の10回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

6回出現 30  5回出現 なし  
4回出現 32
3回出現 04 07 10 15 17 20 23 24 27 34 

2回出現 03 08 09 12 13 14 28 31 35

1回出現 
01 02 05 11 16 19 21 25 26 33 36 37

ボーナスのみ出現 06 18 29
0回出現 22



01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30


〈第135回〉 10 17 24 27 30 33 3718 31


★直近6回出現回数上位

4回 30  3回 17 34  
2回 03 04 07 09 10 13 14 20 24 32



第120回〜第126回第127回以降に、
 本数字に現在進行形で連続出現していない長さ下位
13週 29  12週 18 22  11週 06  
8週 02 26  



第120回〜第126回第127回以降に、
 本数字に10週以上連続で出なかったことがある数字 青文字は継続中
16週 33  14週 09 37  13週 29  
12週 18 22  11週 06  10週 20 25 31



第120回〜第126回第127回以降に、
 本数字に10週以上連続で出なかったことがない数字

01 02 03 04 05  07 08 10
11 12 13 14 15  16 17 19 
21 23 24  26 27 28 30  
32 34 35 36



第127回以降の未出現数字は、
 「0回出現+ボーナスのみ出現」と同一



第1回から、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがない数字

04



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第136回10 17 24 27 30 33 3718 3111
第135回08 09 13 14 24 32 3403 0421
第134回04 09 20 28 30 34 3512 290111
第133回03 07 13 15 17 21 3014 2722
第132回07 10 14 16 20 30 3135 37012
第131回03 04 12 17 32 34 3623 3110
第130回01 15 20 23 25 31 3205 2402
第129回05 07 11 19 24 27 3029 3511
第128回02 04 08 23 26 27 3203 3512
第127回10 12 15 23 28 30 3506 2512
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




第127回以降の傾向

単独首位の30が完全独走体制
30が1位 出現率60.0%(6回/10回)
32が2位 出現率40.0%(4回/10回)


本数字+ボーナスの総合出現数
やっぱり30が強く、単独首位に浮上


ほぼ半数推移の「いずれかの十台無し」は結構多い
「各十台あり」発生率 50.0%(5回/10回)
30台出席率 100%(10回/10回)


唐突に標準的なり越し1個となりました
前回からり越し1個以上80.0%(8回/10回)


2回続けての下一桁数字1組は珍しい
下一桁数字1組以上100%(10回/10回)


第120回〜第126回第127回以降三連がゼロ
三連続数字以上の出現率は0%(0回/10回)



第127回以降に見られる傾向
  • 平均値連1間1・同1周辺をうろうろ
    「いずれかの十台無し」の発生率が高い

  • 連X間2・同2、オプション「三間」

第136回は、連0間0・同1三同1で全く類例が無い
しかし、一応「00台無し」なのが当てはまります



■詳細解説

第127回以降の最初期トップ4数字出現傾向
23 28 29 30 の中から、30が復帰で一安心。

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第136回10 17 24 27 30 33 3718 31
第135回08 09 13 14 24 32 3403 04
第134回04 09 20 28 30 34 3512 29
第133回03 07 13 15 17 21 3014 27
第132回07 10 14 16 20 30 3135 37
第131回03 04 12 17 32 34 3623 31
第130回01 15 20 23 25 31 3205 24
第129回05 07 11 19 24 27 3029 35
第128回02 04 08 23 26 27 3203 35
第127回10 12 15 23 28 30 3506 25

第127回以降23 28 29 30から
いずれかが当選する確率は、8回/10回で80.0%。

30が復活してくれたおかげで、かろうじて繋がりました。
ただ、もはや30の勢い任せという苦境かも。

23はパッタリ途絶えてしまったし、28はチョボチョボ。
どちらも一時期はロト7最強数字の座にいたのに、
かつては四天王最弱だった30にお株を奪われました。

そして、いまだにボーナス当選のみなのが29
現役最長の13週休眠という不名誉なポジションで、
この集計に名を連ねていること自体が恥ずかしいほど。



そして、30の復活にあわせて、
第127回以降固有の「10台複数+30」も再び!

「10台2個+30」が10回中2回の20.0%で、
「10台3個+30」が10回中3回の30.0%。
あわせて、10台複数+30が10回中5回の50.0%!

一応は半分の確率で成立している方程式なので、
予想を組み立てる一助にはなるでしょう。



第65回以前のワースト3の18 25 37から、
第127回〜第135回までは、25が1回当選だけでした。

なのに、第136回は37が本数字に、18がボーナス数字に、
第127回以降で初めての当選となり大波乱。

37は14週休眠中でもあったので衝撃は大きい。
18は、いまさら「0回出現→ボーナスのみ出現」で、
結局は本数字未当選なのが、らしいと言えばらしい。

とはいえ、削除数字候補として有力だったのに、
確度が乱れてきているのは不穏な空気。



第127回以降の本数字+ボーナスの総合出現数

長く間を空けない30はこちらでも強く、
35とのトップ争いから抜け出し単独首位。
下位の当選が多かったので、順位変動も少なめ。

本6回&ボーナス0回で計6回30 ↑Up!

本2回&ボーナス3回で計5回35

本4回&ボーナス0回で計4回32
本3回&ボーナス1回で計4回04
本3回&ボーナス1回で計4回23
本3回&ボーナス1回で計4回24 ↑Up!
本2回&ボーナス2回で計4回03

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第127回〜当選数字シンプル版」



第120回以降を、各十台で分析。 ブルーグレー地=大阪抽選
136→14000台無し
131→13520台無し各十台あり各十台あり10台無し各十台あり
126→13030台無し00台無し10台無し各十台あり各十台あり
121→125各十台あり各十台あり10台無し各十台あり各十台あり
116→120各十台あり各十台あり10台無し各十台あり各十台あり

三回連続(前期からは四回連続)「各十台あり」→「10台無し」→
二回連続「各十台あり」→「30台無し」→
第127回以降00台無し」→「10台無し」→
二回連続「各十台あり」→「20台無し」→
二回連続「各十台あり」→「10台無し」→
「各十台あり」→「00台無し」でした。

第127回以降
 各十台あり  5回/10回  50.0% 
00台無し2回/10回 20.0% 
10台無し2回/10回 20.0% 
20台無し1回/10回 10.0% 
30台無し0回/10回 0% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

忘れた頃の「00台無し」成立が厳しい。
また「いずれかの十台無し」と「各十台あり」が均衡。

長期的には「各十台あり」が50〜60%になりそうですが、
短期的にはランダムな「いずれかの十台無し」発生で、
想定を立てることが非常に難しい。

次は「各十台あり」が無難とは言えますが、
どの「いずれかの十台無し」が来ても不思議ではない。
でも「30台無し」は可能性が低いんでしょうか。

第120回〜第126回
 各十台あり  5回/7回  71.4% 
00台無し0回/7回 0% 
10台無し1回/7回 14.3% 
20台無し0回/7回 0% 
30台無し1回/7回 14.3% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第105回〜第119回のデータ
 各十台あり  10回/15回  66.7% 
00台無し0回/15回 0% 
10台無し3回/15回 20.0% 
20台無し1回/15回 6.7% 
30台無し1回/15回 6.7% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第66回〜第104回のデータ
 各十台あり  25回/39回  64.1% 
00台無し6回/39回 15.4% 
10台無し2回/39回 5.1% 
20台無し4回/39回 10.3% 
30台無し2回/39回 5.1% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第65回以前のデータ
 各十台あり  33回/65回  50.8% 
00台無し5回/65回 7.7% 
10台無し12回/65回 18.5% 
20台無し4回/65回 6.2% 
30台無し13回/65回 20.0% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第65回以前は、
00台無し20台無し10台無し30台無し

第66回〜第104回は、
00台無し20台無し10台無し30台無し

第105回〜第119回は、
00台無し20台無し10台無し30台無し

と強弱が逆転していました。

しかし、第120回〜第126回は、
00台無し20台無し10台無し30台無し
とさらに逆に反転しています。

そして、第127回以降は前回まで、
00台無し20台無し10台無し30台無しからの・・・
00台無し20台無し10台無し30台無しと、
逆転の流れに戻ってしまいました。

推定としては、
第65回以前第105回〜第119回第127回以降
第66回〜第104回第120回〜第126回」と考えられるのに、
直近の2期間が、イレギュラーに感じられます。



「直近6回での出現数」は、6回中4回当選に30が返り咲く。
とにかく色んな面で華々しい復活を遂げていて、
現在、最も勢いがある数字なのは間違いない。

6回中3回は34が現状維持で、17が新加入、2032が脱落。
32は浮き沈みが激しいので復活があるかも。

6回中2回は、相変わらず00台が多く、10台も健闘。
トータルでは20台が最も短期集中力に欠けているか。



10週以上の長期休眠数字は、やっと第127回以降だけで10回。
しかし参考として、第120回〜第126回第127回以降で集計。

その中で、超大物の現役最長16週休眠だった33と、
初期ワースト3で14週休眠だった37が揃って当選の波乱!
この2数字が同時に出てしまっては、いくらなんでもツラい。
流れが変わったような嫌な雰囲気。

残るは、前述のように初期トップ4の一角29をはじめ、
第127回以降の未当選数字18 22 06が10週以上休眠。
次回に有力削除数字としての役割を果たせるのか。



★出現傾向

から1〜2個、
から2〜4個、
から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいと予想しましたが、

から1個、
から4個、
から1個、から1個

となりました。

上位・中盤・下位グループのバランスで見ると、
納得できる部分もありますが・・・。

やはり2回出現から固まって出過ぎだし、
未当選だったから1個ずつは多過ぎる。

さらに、1回・2回・3回出現の各グループが量的に拮抗。
次回の予想を困難にしてしまいました。

次回の基準は、

から0〜1個、
から1〜3個、
から1〜3個、
から1〜3個、
から0〜1個

ぐらいと予想してみます。
正直言って、どう転んでもおかしくない難しさ。



★前回からの繰り越し個数
ブルーグレー地=大阪抽選
136→140繰1
131→135繰1繰0ボ1繰2繰0三繰1繰2
126→130繰0ボ1繰1繰1繰1繰0
121→125繰3繰0三繰2繰1ボ1繰2繰0三繰1ボ1
116→120繰0ボ1

第127回以降
繰0 2回/10回 20.0% 
繰1 6回/10回  60.0% 
繰22回/10回 20.0% 
繰30回/10回 0% 
 三繰 1回/10回 10.0% 
 四繰 0回/10回 0% 
 ボ繰 1回/10回 10.0% 

第120回〜第126回
繰0 2回/7回 28.6% 
繰1 2回/7回  28.6% 
繰22回/7回 28.6% 
繰31回/7回 14.3% 
 三繰 2回/7回 28.6% 
 四繰 0回/7回 0% 
 ボ繰 4回/7回 57.1% 
三繰1以上も繰1個分としてカウント

第120回〜第126回は、それ以前と比較して、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少ない
  2. 「前回り越し0個」が比率的に多い
  3. り越し、ボーナス繰り越しなどの特殊型が多い
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い

上記項目の1〜4が、第127回以降で完全に逆転。
流れが変わって、最初期に近い傾向に。
そこから、さらに反転し上記項目1〜4を踏襲する方向に。

なんですが、流れがまた変わったのか、
一旦小休止なのか、とにかく基準の繰1に。

こんなに素直な繰1は、ちょっと久しぶりで、
第127回以降初期に戻ったようですが、
この後にどう続くのかが問題。

また「2回連続で同じ繰り越し個数にならない」のか?
それとも、連続の繰1になるのかは不透明。
引き続き、繰り越し以外から予想を固めるのも一手。



続・空き・下一桁その他の特徴
第136回連0間0・同1三同100台無し
第135回連2間1・同0三同1-
第134回連1間1・同210台無し
第133回連0間2・同2三間1、奇数偶数比6:1
第132回連1間1・同0三同1-
第131回連1間2・同2三間1、20台無し
第130回連1間1・同2-
第129回連0間1・同1-
第128回連1間1・同110台無し
第127回連0間2・同200台無し
第126回連1間0・同130台無し、10台4つ
第125回連0間0・同1-
第124回連2間1・同1連間複合
第123回連0間3・同0間1三間1、10台無し、00台4つ
第122回連2間1・同1-
第121回連0間1・同0-
第120回連0間2・同2-

第136回の要素は、
0組・空き0組・下一桁数字1組・数字1
00台無し

「00台無し」なのに1037を目一杯ワイドに使って、
数字がスカスカにバラけて各数字の距離が離れ、
続も空きも皆無という大変トリッキーな要素。

その影響で、下一桁数字が重なり、同1三同1と破格の多め。
ピンポイントで狙うにしては特殊過ぎて高難易度。

第127回以降で主流の、平均値連1間1・同1近辺や、
連X間2・同2系統ともかけ離れています。

1回だけのイレギュラーと見るなら、
上記2系統のどちらかで組み立てるのもありかと。

もし第120回〜第126回期に流れが変わったとするなら、
連2間1連0間Xなどが狙い目になってくるでしょう。


下一桁数字は、三同1組が増加。
直近5回中3回で、2回連続というのは珍しいけど好調。
ただ、3回連続となるとどうでしょう。

第127回以降スタンダードの同2組が無難は無難。
どちらにせよ同0組に振れる心配は、あまりしなくて良さそう。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック