FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年12月20日 (日) | 編集 |
ロト7セット球を個別に攻略するコーナー。
今週すぐには役立たないけど、おおよそ10週間後に、
また同じセット球が使用球になるかというときに重要。

今回は、セットGの14周後を徹底分析です。
 ↓

■数字の登場回数
(下線は最新使用回の当選数字)

7回出現 17  6回出現 なし
5回出現 13 14
4回出現 08 16 20 35 36

3回出現 
02 03 04 07 11 15 
22 23 24 26 27 31 33


2回出現 
06 09 10 12 19 21 25 29 30

1回出現 01 05 32 37

ボーナスのみ出現 34
0回出現 18 28


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30




ロト7の傾向は、
第65回以前第66回〜第104回
第105回〜第119回第120回〜第126回
第127回以降で、分かれていると考えられます。

そして、
第65回以前第105回〜第119回第127回以降
第66回〜第104回第120回〜第126回
なのではというのが、ひとつの推測。



青緑ライン上=第126回以前と第127回以降の境界線
赤茶ライン上=第119回以前と第120回以降の境界線
青緑ライン下=第104回以前と第105回以降の境界線
赤茶ライン下=第65回以前と第66回以降の境界線

本数字 ボーナス 接続
第140回 03 11 12 13 17 26 35 01 33 11 C
第129回 05 07 11 19 24 27 30 29 35 11 C
 
 
第115回 06 08 13 14 20 25 27 24 26 21 F
第107回 03 08 09 13 17 27 33 29 31 1 I
 
第97回 07 13 14 16 22 24 35 01 29 12 E
第86回 03 10 20 21 22 26 30 24 35 02 E
第75回 04 09 15 17 19 35 37 10 20 211 I
 
第64回 04 15 16 17 20 29 36 19 26 31 H
第53回 01 04 14 16 20 33 36 12 30 2 B
第42回 02 15 16 17 23 31 33 08 26 01 B
第30回 06 08 13 22 26 32 36 16 34 1 C
第18回 12 17 21 24 29 31 36 20 26 11 J/D
第15回 02 10 14 17 23 25 35 08 29 3 E
第3回 02 07 08 11 14 23 31 05 15 - E
水色=同ット前回から繰り越し、=同セット三巡繰り越し以上、接続=前の週に使用されたセット

■各十台の出現
00台 10台 20台 30台
累計 22個 33個 25個 18個
平均 1.57個 2.36個 1.79個 1.29個

■連続数字など/難易度
続・空き 下一桁 その他の特徴 1等
第140回 連0三連1間0 同1 10台4つ ★2 0口
第129回 連0間1 同1 特になし ★4 1口
 
 
第115回 連1間2 同0 30台無し ★3 1口
第107回 連1間0 同1三同1 奇数偶数比6:1 ★3 0口
 
第97回 連1間2 同1 連間複合 ★4 1口
第86回 連0三連1間0 同0三同1 20台4つ ★2 1口
第75回 連0間3 同3 間1三間1、
奇数偶数比6:1、20台無し
★1 2口
 
第64回 連0三連1間0 同1 特になし ★3 0口
第53回 連0間1 同2 特になし ★3 2口
第42回 連0三連1間1 同1 特になし ★3 1口
第30回 連0間1 同1三同1 奇数偶数比1:6 ★1 0口
第18回 連0間1 同1 00台無し ★4 4口
第15回 連0間1 同1 特になし ★3 2口
第3回 連1間0 同1 カレンダー内 ★4 0口
易=このブログ独自判定の当てやすさ、難★1←→★5易

■繰り越し
前回り越し ボーナスから 回から ット前回
第140回 1個・35 0 1個・17 1個・11
第129回 1個・27 0 1個・30 1個・27
 
 
第115回 3個・08 13 27 0 1個・06 3個・08 13 27
第107回 0 0 2個・03 33 1個・13
 
第97回 2個・22 24
三1個・14
0 1個・13
三1個・14
1個・22
2個・24 35
第86回 3個・10 22 26 0 0 0
2個・10 20
第75回 1個・15 1個・09 0 2個・15 17
三巡1個・04
1個・19
 
第64回 0
三1個・04
0 1個・15
三1個・04
3個・04 20 36
三巡1個・16
第53回 0 0 3個・01 04 20 2個・16 33
第42回 1個・15
三1個・02
0 2個・23 31
三1個・02
0
1個・16
第30回 1個・26 0 1個・06 1個・36
第18回 1個・36 0 1個・21 1個・17
1個・29
第15回 0 0 2個・10 35 3個・
02 14 23
第3回 1個・31 0 2個・07 23 -

■球の色(抽選順)
本数字 ボーナス
第140回              
第129回              
 
 
第115回              
第107回              
 
第97回              
第86回              
第75回              
 
第64回              
第53回              
第42回              
第30回              
第18回              
第15回              
第3回              

■セットGの球の配色
セットG
01
08
15
22
29
36
02
09
16
23
30
37
03
10
17
24
31
 
04
11
18
25
32
 
05
12
19
26
33
 
06
13
20
27
34
 
07
14
21
28
35
 



■傾向

出現数首位の17は、最新14巡目でも見事に当選!
14巡中7巡で当選率50%は、セットGの申し子的存在。

第65回以前は、7巡中4巡。
第66回〜第104回は、3巡中1巡。
第105回〜第119回は、2巡中1巡。
第120回〜第126回は、セットGの使用が無し。
第127回以降は、2巡中1巡。

期間を問わずコンスタントに登場していて、
各期間視点でもほぼ50%を維持する頼もしい数字。

逆にロト7全体・全期間で最強数字のひとつ28が、
セットGではいまだに未当選なのが不思議。

第127回以降ロト7全体で強い30 32も、
セットGでは今一つで、最新14巡目は両方とも不発。
前の13巡目で30が当選したのが、むしろミラクル。



最初期ワースト3の「18 25 37」は、削除数字として結構優秀。

18」が当選ゼロなのが、ある意味で順当。
「37」も第66回〜第104回期間で1回当選のみと順当。

25」が第65回以前第105回〜第119回で1回ずつ当選。
皆無ではないけど、充分に削除数字として見込める範囲。



セットGの中核を形成するのが10台半ばの数字群。
13 14 15 16 17の中から複数個当選が非常に多い。

いずれも第65回以前ですが、
15 16 17」の三連続数字が過去2回も出現!

最新14巡目は、11 12 13 17と大爆発!
10台前半絡みとはいえ、久しぶりに10台から三連続数字!

10台から4個が14巡中1巡、3個が5巡、2個が6巡。
10台から複数個当選が14巡中12巡の85.7%!
そして、10台1個が2巡で、10台は皆勤賞。
全期間の累計出現数でも10台が文句無しのトップ。

あまり期間を気にせず、10台複数個を
積極的に狙っていきたいセット球です。



過去に「00台無し」と「20台無し」と「30台無し」が1回ずつ。
「10台無し」だけが成立していないのは、
10台王国たるセットGにふさわしい業績。

「いずれかの十台無し」は、
第65回以前第66回〜第104回第105回〜第119回で各1回。
やはり期間はあまり関係ない感じ。
残り11巡が「各十台あり」なので優勢。

最新14巡目は「10台4つ」なのに「各十台あり」で、
まんべんなく出やすい傾向なのを実感。



要素的に見ると、第65回以前は、
平均値の1組・空き1組・下一桁同1組から、
少しだけ薄めが基本で比較的安定していました。

その基準となる多数派の連0間1・同1は、
第66回〜第104回第105回〜第119回の5巡では不発。
しかし、第127回以降の13巡目で突如復活がスゴい。



もうひとつの主流は、14巡中4巡の三連続数字を含む路線。
第65回以前の2回は「15 16 17」と完全一致でインパクト絶大!

第66回〜第104回の「20 21 22」は少し離れましたが、
20も軸数字になりやすい要チェック数字。

そして最新14巡目は、久しぶりに三連続数字が見事に復活。
しかも「11 12 13」と10台からなのが第65回以前っぽい。

今後も、一定の周期で三連が出てもおかしくないし、
ひょっとしたら「15 16 17」」の再来が期待できるかも。

それにしても直近2巡は、連0間1・同1といい、10台三連といい、
色濃く第65回以前第127回以降を感じさせます。



比較的少数派の要素に目を向けると、
10巡目・第97回と12巡目・第115回は、連1間2が一致。
しかも、続数字部分も13 14で一致!

こちらは、第66回〜第104回第105回〜第119回
期間を超えるほど、10台複数が強いのがポイントか。



下一桁は14巡中8巡で57.1%と過半数の同1組が基準。
しかし、超多めに振れることも多い上に、
同0組も1回と、完全に安定というわけではありません。

下一桁数字が超多めのとき、
奇数偶数比がかたよるのも特徴のひとつ。

4巡目・第30回が奇数偶数比1:6で同1三同1
8巡目・第75回は奇数偶数比6:1で同3
11巡目・第107回は奇数偶数比6:1で同1三同1

これも、第65回以前第66回〜第104回第105回〜第119回で、
1回ずつ成立しているのが不思議というか面白い。



繰り越しは、第65回以前の基本が前回り越し1個。
第66回〜第104回は3巡中2巡が繰3と大暴れ。
第105回〜第119回は2巡が繰0繰3で乱高下。
第127回以降は2巡とも素直に繰1

り越しも、期間を問わず3巡で、なかなかの頻度。

ボーナス繰り越しは、おおむね0個で安定。
前回り越し1個&ボーナス繰り越し0個の標準値が、
第66回以降で全く出ていなかったのに、
第127回以降の2巡で見事に復活。



回繰り越しは、こちらも第127回以降の2巡で標準の1個。
このおかげで、全期間では1個と2個が5巡の最多で並びました。

その他は、3個が第65回以前でのみ2巡、
0個が第66回〜第104回でのみ2巡。

一応は各期間ごとの傾向はありそうですが、
予想に反映させるには複雑過ぎでしょうか。



ット球繰り越しは、とっても派手。
ット球繰り越し3個はザラで、4個もあった。

各期間にまたがって、同セット三巡繰り越し数字を
3個も輩出しているのは、特筆に値する特徴です!

また、同セットボーナス繰り越しもガンガン出ています。

回/セットG・巡目本数字ボーナス
 
第75回/8巡目04 09 15 17 19 35 3710 20
 
第64回/7巡目04 15 16 17 20 29 3619 26
第53回/6巡目01 04 14 16 20 33 3612 30
第42回/5巡目02 15 16 17 23 31 3308 26

第42回と第64回には「15 16 17」と全く同じ三連が出現。
1604が時間差で三巡繰り越しを達成。

第64回は第53回の当選数字をそのまま買っても5等、
第75回は第64回の当選数字をそのまま買っても6等当選。

同じ数字の反復率が異様でしたが、
最近は10台半ばで交代に複数出現という形で継承。
ひょっとしたら、また同じ組み合わせが来る可能性も!?

第127回以降の2巡は、同ット球繰り越し1個に加え、
同セットボーナス繰り越しがあるという共通点。

ボーナス当選は「26 29」が過去4回ずつ、
「20 24 35」が2回ずつですが、
いずれも次の巡の本数字に繰り越したことがあります。
特に「24 35」はともに、なんと2回中2回のパーフェクト!



球の色は、同じ色が多く出やすいのが特徴。
1色が3個当選や、2色が2個以上当選も多い。
各十台からまんべんなく&要素「薄め」傾向とリンク。

しかし、第66回〜第104回では3巡中2巡で、
「2個が1色だけ」と奮いませんでした。

第127回以降の13巡目も同じく「2個が1色だけ」でしたが、
最新14巡目では「2個が2色」と持ち直しました。

「紺」が12巡中11巡登場で、唯一安定していましたが、
第127回以降の2巡で不発と突然の不調。

その隙に「緑」が14巡中11巡と首位に並びました。
圧倒的に優位さがなくなり、まんべんなく色が出る傾向に。



■次回以降の展望

★共通点として
 10台、特に「13 14 15 16 17」周辺から2〜4個を警戒
 ット球前回ボーナス繰り越しに注意

第65回以前初期&第127回以降の流れなら
連0間1・同1中心の平均値やや薄め
 各十台まんべんなく」

第65回以前第66回〜第104回第127回以降なら
三連続数字を含み、各十台あり
 オプション:り越し多め、り越し
 超オプション:15 16 17限定」

第66回〜第104回第105回〜第119回の流れなら
空き数字多めで、2〜3箇所分散型
 オプション:奇数偶数比かたより、
 10台除くいずれかの十台無し」

と分析。

各期間にまたがった傾向が、何種類もあるのが難しいところ。
なんにせよ、やはり基本は10台複数個がベースでしょう。

ット球繰り越しは、10台が山ほどあるのでどれか来るか。
ット球前回ボーナス繰り越しは、01 33というのが微妙。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック