FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2015年12月25日 (金) | 編集 |
回別第141回
抽選日2015年12月25日
本数字02 10 18 30 31 32 36
ボーナス数字(21) (29)

1等1口 8億円 
2等6口 2203万7,800円 
3等161口 114万9,700円 
4等7,645口 1万4,200円 
5等12万2,514口 2,100円 
6等21万0,961口 1,100円 

販売実績額29億1708万1,800円 
=972万3,606口×300円 
キャリーオーバー12週累積−24億円 16億7200万1,745円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット B
抽選順序301002321831362129
球の色


■繰り越し
前回からり越し0
ボーナスから0
回から1個 18
(本数字→ボーナス1個 21
(ボーナス→本数字1個 36
ット前回から2個 31 32 (第130回・セットB

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0三連1間0・同2
その他の特徴奇数偶数比1:6、20台無し、30台4つ
予想しやすさ★★☆☆☆ 2回続けて三連

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第141回ロト7は、1等当選が1口出て、
最高額8億円となりました!
当選された方、おめでとうございます!
恐らく人生最大のクリスマスプレゼントになったでしょう!
これは本当に、うらやましい限りです。

そして、167千万円がキャリーオーバー!

2015年最後のロト7は、8億円長者が誕生しましたし、
最高額8億円×2本分を2016年に持ち越し!
ある意味では理想的と言え、きれいな幕引きとなりました。



第111回以後は前回まで出ていなかった三連続数字が、
なんと今回も成立して2回続けてとなりました!

今まで全然出ていなかったのは何なのか!?
流れが大きく変わったということでしょうか。

そして、前回は10台から4個当選した中に三連で、
今回は30台から4個当選した中に三連
その他には続数字や空き数字が無く、構成も良く似ています。



第127回以降で絶好調だった3032でしたが、
どちらかが100%出ていたのに、前の2回連続でどちらも沈黙。

ですが、今回はなんと第127回以降で初めての30 32同時当選!
しかも、それが主体となった30 31 32三連続数字!

流れは変わっていなくて、勢いを取り戻したのか!?
なんにせよ、同時出現はちょっと違った傾向。

逆に直近4回で本数字3回&ボーナス1回だった「35」が沈黙。
飛び石当選の「17」が出なかったのは、ある意味で順当か。

初期トップ4の29は、またボーナス止まり。
初期ワースト3の18の方が、前回も当選で、
よっぽど出ているのが悲し過ぎる。



「奇数偶数比1:6」と大きく偶数にかたよっているのも特徴。
あえて狙っていくには勇気が必要な少数派。

それでいて、最低限1個の奇数で三連成立がスゴい。



第131回以来の「20台無し」に。

「各十台あり」が3回続いていたので、
そろそろ「いずれかの十台無し」が来そうな頃合いでした。

第127回以降は「00台無し&20台無し>10台無し&30台無し」
という分析が一応あったものの、メインは「00台無し」だったので、
「20台無し」は唐突な印象で対応するのは難しかった。

絶対数が最も少ない30台から4個当選も高い難易度。
三連続数字入り「10台4つ」→三連続数字入の「30台4つ」
という流れがあると、結果論では納得できるんですけどねぇ。



要素を確認。
続数字0組・三連続数字1組、空き数字0組、下一桁数字2組」
奇数偶数比1:6、20台無し、30台4つ

要素的には前回に非常に近い。
「いずれかの十台4つ」の中から三連が成立して、
3数字密集の三連が1箇所のみで、他はバラバラ。

下一桁数字が2組に増えた以外は、
位置は違うものの構成要素が完全に一致。
これが新しい流れになるんでしょうか。

前回は平均値連1間1・同1で2等が狙えましたが、
今回は四連続数字で2等圏内という豪快さ。

第127回以降の類型の「平均値連1間1・同1近辺」や、
連X間2・同2」とは違い、第3の新しい流れなのか。


下一桁数字は2組と多めでした。
「奇数偶数比1:6」なのも、少なからず影響していそう。
第127回以降視点では、むしろ久々に主流に戻った印象。



繰り越し関連は、前回り越しは標準的な0個と、
ちょっと厄介なイレギュラーに終わりました。
まあ「10台4個」から「30台4個」ですから、
接点が少ないのも仕方がなかったにせよ痛い。

ボーナス繰り越しは0個と標準的。
2回連続ボーナス繰り越し1個→2回連続0個と、正常化が嬉しい。

回繰り越しは1個と標準的。
でも、本数字とボーナスでいくらかやり取り。

ットから繰り越しは2個と想定内の多め。
三連の一部31 32で、なかなか核心を突いています。



今回の使用球は、セットB
1番目に長く使用されていなかったセット球。

最近は1番目からの使用が多過ぎで、
そろそろ強めのシャッフルでもおかしくはなかった。
しかし、最有力候補には違いないので一応順当。



球の色は、2個が「緑」と「水色」と「ベージュ」の3色。
特殊なかたより方をしています。

さらに「黄色」が本数字1個+ボーナス1個。
本数字には4色しか出ませんでした。

「赤」がボーナスのみの登場。
「紺」「紫」の2色がボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ14102 11 12 14 18 31 3605 10

第141回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同2 連間複合、20台無し、10台4つ 配色:セットA

前回リハの平均値連1間1・同1に近い数値。
ですが、3数字密集「連間複合」が1箇所のみ、
30台じゃないけど「10台4つ」で3数字密集を含み、
こちらも「20台無し」というように本抽選と共通点。

しかも、本数字が「02 18 31 36」と4個も一致。
リハーサルの数字をそのまま買っても5等当選!
さらに、ボーナス数字の「10」が本抽選の本数字に。

ここまでリハーサルと本抽選が似るのも珍しい。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック