FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年01月03日 (日) | 編集 |
2016年1月4日より、いよいよロト7ロト6ミニロトが、
インターネットで購入できるようになります!

先行して販売していたナンバーズに続き、
全ての数字選択式宝くじがネットで購入可能に!

PC(パソコン)や、スマホ、ケータイで、24時間利用可能。
いつでも、どこでもロト7が買えるように!
 ↓

以前からネット購入が可能だった「toto」「BIG」や、
2年前から先行して販売していたナンバーズと比べ、
利便性が低かった点が改善されて、より購入しやすく。

新しい購入者を期待できると同時に、
これまで購入していた人も、さらに便利に。



具体的な購入方法は、ナンバーズのネット販売に準拠。

 みずほ銀行
 ジャパンネット銀行
 楽天銀行

のいずれかに、インターネットバンキングが可能な口座を用意。
もちろんインターネットに接続できる環境が必要です。

あとは、パソコンでも、スマートフォンでも、携帯電話でも、
各銀行のインターネット販売サイトで買えちゃいます!



インターネット販売のメリットを簡単にまとめると、
  1. 24時間いつでも購入可能
  2. パソコンやスマホで、どこでも購入可能
  3. 予約・定期購入が便利
  4. 当選金が自動で口座に入金
  5. ポイントが貯まる銀行も?



1. 24時間いつでも購入可能

各行とも原則的に24時間購入可能なんですが、
祝日を含む月〜金曜日の18:30〜翌朝8:00と、
土・日曜日の20:00〜翌朝8:00は、
予約扱いとなるそうなので注意。

そして、各銀行のシステムメンテナンス時などは、
当然ながら利用は出来ないので事前にチェック。

抽選当日の締め切り時間では差異が。

 みずほ銀行 18:30まで
 ジャパンネット銀行 18:20まで
 楽天銀行 18:20前後

と、サイトの表記では解釈できると思います。

抽選日に使用セット球が判明するのが、
大体18:20前後という絶妙なタイミング。

セット球を確認後に購入するとなると、
もし額面通りなら、確実に買えるのはみずほ銀行だけ。
それができるなら、また可能性が広がってくるんですが、
細かい考察は別記事でしたいと思います。



2. パソコンやスマホで、どこでも購入可能

売り場まで足を運ばなくても、家で、外出先で、
いつでも購入できるのが大きいです。

これも理論的には、使用セット球を確認した後、
売り場での物理的なやりとり無しで購入できるので、
確実性が高くなり、やはり可能性が広がるかも。



3. 予約・定期購入が便利

各行で取り扱いが違うのかもしれませんが、
前もって購入できるシステムがあるので、
買い忘れが無くなって便利に。



4. 当選金が自動で口座に入金

もし当選した場合は、インターネットバンキングの口座に、
自動的に入金されるので、チェックミスも無いし安心。

高額当選して、銀行の別室に通されるなんて無くなる?
それは、ちょっと寂しいかもしれませんが、
なるべく他人に知られたくない面もありますから、
自動入金の方が気が楽で、秘かな大メリットかも。



5. ポイントが貯まる銀行も?

現在は楽天銀行だけで、ナンバーズ購入でポイント付与。
これはロトでも踏襲されるかもしれません。
そうなれば、最もおトク感がある銀行ではないかと。
キャンペーンとかも多いようですしね。



以上を踏まえて、もしインターネット購入するなら、
3銀行のどれを選ぶべきかを考えてみましょう。

まず、すでに上記3銀行のいずれかで、
インターネット口座を持っているなら、
とりあえず、そこで初めていいんじゃないでしょうか。
そうでない場合なら・・・


みずほ銀行
「リアルでみずほ銀行に口座を持っていて、
 あまり口座を増やしたくないけど、
 インターネットバンキングもしてみたい」
という場合に最適。

そして、抽選当日に使用セット球確定後の購入が、
現実的に可能ならば、それ狙いの人は一択。


ジャパンネット銀行
特化したネット銀行としては定評があり、
Visaデビットや、高いセキュリティ、
ヤフオク!など提携サービスも充実。

リアルとは別枠でネット口座を持ちたいなら、
かなり優秀じゃないかと思います。
ロト購入は、ちょっと『おまけ』っぽく感じてしまいますが。


楽天銀行
良くも悪くも「楽天」というのがポイント。
普段から楽天を利用している人や、
あまりしがらみを感じない人にとっては、
上記のポイント付与などのメリットが生きてくるでしょう。

3銀行の中では、最もロト販売に力を入れている印象。
基本的な銀行サービスも見劣りしていないので、
少しでも、おトクを求める人なら。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック