FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年01月15日 (金) | 編集 |
回別第143回
抽選日2016年1月15日
本数字01 03 08 14 28 29 33
ボーナス数字(04) (31)

1等0口 該当なし 
2等18口 720万4,200円 
3等218口 83万2,700円 
4等1万0,077口 1万0,500円 
5等14万7,524口 1,700円 
6等23万5,436口 1,000円 

販売実績額28億6080万0,900円 
=953万6,003口×300円 
キャリーオーバー14週累積−24億円 24億4474万9,620円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット D
抽選順序280803012914333104
球の色


■繰り越し
前回からり越し2個 14 28
ボーナスから2個 01 33
回から0
(本数字→ボーナス1個 31
(ボーナス→本数字1個 29
ット前回から1個 03 (第133回・セットD
(ボーナス→本数字1個 14

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間1・同2
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★★☆☆ 繰り越し&29が超波乱

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第143回ロト7は、1等が出ず、
245千万円がキャリーオーバー!

2016年が始まって2回ですが、ともに1等は出ず。
お年玉も成人祝いもなく、億万長者は生まれない。

ただ、最高額8億円×3本分の24億円が貯まっているので、
次回も高い注目度が期待でき、1等当選者が出るかも。



要素的には平均値の一歩違いの実力派で、
シミュレーションでも出現率が高い連1間1・同2

しかし、19回の長期休眠から29が突然目覚めたり、
前回り越しが2個+ボーナス繰り越し2個が異常。

要素は素直なのに、ボーナス繰り越し発生と、
長期休眠数字の復活に悩まされたのは前回と一緒。



最初期トップ4から29が第127回以降で初当選は驚き。
28は連続当選で調子が出てきたか。

代わりに、第127回以降の首位で好調だった「30」は、
コンビの「32」とともに急減速で下り調子。
「23」はのんびりマイペースになり今回も休み。

19回休眠だった29だけでなく、12回休眠の01も当選。
01は前回ボーナス数字でもあったので、
セオリーで行けば鉄壁の削除候補だったのが痛い。

その他の当選数字も、中盤から下位グループが占拠。
第127回以降の上位12個が完全沈黙と不穏な空気。
長期的な枠内での出現率の辻褄合わせなのか、
それとも流れが大きく変わってしまったのか。



最近また「いずれかの十台無し」が活発でしたが、
そう長くは続かず、とりあえず「各十台あり」に回帰。

でも、実は「00台爆発、10台沈黙」パターンの三連の一部が、
り越し候補の14に置き換わったという図式だと、
「00台爆発超限定予想法!〈乱数レシピ〉」で1等が狙えました。
ここで「10台無し」にならないところが絶妙なのか。



要素を再確認。
続数字1組、空き数字1組、下一桁数字2組」
各十台あり

前回の平均値ど真ん中連1間1・同1に続いて、
一歩違いの連1間1・同2は素直で標準的な構成。

第127回以降の類型のひとつ「平均値連1間1・同1近辺」を、
的確に体現していて文句無しです。

もうひとつの類型「連X間2・同2」は、
本当に最近は全然出なくなっています。


下一桁数字は2組と多め。
第127回以降の初期は同2が主流でしたが、
近頃は同1に押され気味だったので、少し盛り返しました。



繰り越し関連は、前回り越しが2個と多め。
0個→1個→2個と安定しない上にイレギュラー。

ボーナス繰り越しは2個と超絶波乱。
0個が標準なのに、前回の1個に続く2個は異例中の異例。
ボーナス数字は2個しかないのに、
次回の本数字に両方出るなんて。

そして、り越し2個+ボーナス繰り越し2個の組み合わせで、
累乗のイレギュラーを引き起こし超難易度。

回繰り越しは0個と少ない。
だけど、本数字とボーナス数字で、互いに入れ換えあり。

ットから繰り越しは1個と標準的。
ボーナスから本数字へもあったのが、ややトリッキー。



今回の使用球は、セットD
1番目に長く使用されていなかったセット球。

もちろん1番目なので、順当は順当なんですが、
1番目選択が多過ぎだし、あまり古くない15巡目で、
圧倒的に有力ではありませんでした。

最近はセット球想定が本当に難しい時期。



球の色は、3個が「緑」で、2個が「ベージュ」とかたより。
なんと「緑」は2回続けて3個登場と絶好調!
その前が2回続けて2個で、さらにその前が3個!
セット球違いで配色が違うのに、なぜか強い。

「紫」がボーナスのみの登場。
「赤」と「水色」がボーナスにも出ない完全沈黙。
「赤」は2回連続で完全沈黙。

そして、なぜか3回連続で本数字に4色だけ、
ボーナスのみ1色、完全沈黙が2色!
最近は非常に色がかたよっている上に、
かたよりの法則が一致しているのが不思議。



★その他の情報

リハ14309 12 14 15 17 21 3526 34

第143回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間2・同1 間連間複合、各十台あり、10台4つ 配色:セットA

10台に4数字密集型の濃いめ。
それでいて「各十台あり」は維持しています。

要素で見ると、クセがあって難易度高め。
強数字も無いので、本抽選に出なくて良かった。
こちらは「紫」が3個&「緑」が完全沈黙。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック