FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年01月18日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、14週キャリーオーバー中ですが、
合間に3回の1等1口最高額8億円が出たので、
累積金額は約24億4千万円。

過去の実績からすると、次回第144回の当選金額は、
1等単独当選で、最高額8億円!
加えて20億円台のキャリーオーバーと予想されます。

1等最高額8億円が3口分はすでに確定。
同じ番号を3口買って、単独当選なら24億円。
注目度も高いまま維持されるはず。


傾向が変わったと思われる第127回からリスタート。

第65回以前/第66回〜第104回/第105回〜第119回/
第120回〜第126回/第127回以降に分けて集計。
第127回以降のデータを元に分析・考察していきます。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」
第105回〜第119回のまとめ→「ロト7第120回予想のための真考察」
第120回〜第126回のまとめ→「ロト7第127回予想のための芯考察」


それでは第144回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第127回〜第143回の17回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

7回出現 30 32  6回出現 なし  
5回出現 17 21 27 35  
4回出現 03 10 12 13 14 20 23 28 34

3回出現 02 04 07 08 09 15 18 24 31 33
2回出現 01 05 11 16 19 25 26 36
1回出現 06 29 37

ボーナスのみ出現 なし
0回出現 22



01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30


〈第143回〉 01 03 08 14 28 29 3304 31


★直近6回出現回数上位

3回 18 21  
2回 02 03 12 14 17 28 32 33 35



第120回〜第126回第127回以降に、
 本数字に現在進行形で連続出現していない長さ下位
19週 22  10週 07 15  
9週 04

第120回〜第126回第127回以降に、
 東京抽選でのみ現在進行形で連続出現していない長さ下位
12週 05  8週 20  



第120回〜第126回第127回以降に、
 本数字に10週以上連続で出なかったことがある数字 青文字は継続中
19週 22 29  16週 06 33  
14週 09 18 37  12週 01  11週 26  
10週 07 11 15 20 25 31



第120回〜第126回第127回以降に、
 本数字に10週以上連続で出なかったことがない数字
01 02 03 04 05  06 07 08 09 10
11 12 13 14 15  16 17 18 19 20
21 22 23 24 25  26 27 28 29 30
31 32 33 34 35  36 37



第127回以降の未出現数字は、
22



第1回から、本数字に10週以上連続で
 出なかったことがない数字

04



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第143回01 03 08 14 28 29 3304 31220
第142回06 12 14 18 21 27 2801 33111
第141回02 10 18 30 31 32 3621 2910
第140回03 11 12 13 17 26 3501 3311
第139回09 16 18 21 23 34 3504 3601111
第138回02 05 17 20 21 32 3330 35212
第137回13 19 21 25 27 32 3516 2012
第136回10 17 24 27 30 33 3718 3111
第135回08 09 13 14 24 32 3403 0421
第134回04 09 20 28 30 34 3512 290111
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




第127回以降の傾向

首位30 32はおろか、上位12個まで不発
30 32が1位 出現率41.2%(7回/16回)
17 21 27 35が3位 出現率29.4%(5回/16回)


本数字+ボーナスの総合出現数
上位に動き無く、こちらでも停滞


「00台爆発」系っぽいけど「各十台あり」
「各十台あり」発生率 52.9%(9回/17回)
30台出席率 94.1%(16回/17回)


り越し2個&ボーナス繰り越し2個で超波乱
前回からり越し1個以上82.4%(14回/17回)


多めに振れて下一桁同2
下一桁数字1組以上94.1%(16回/17回)


2回続けて三連の後は2回休み
三連続数字以上の出現率は11.8%(2回/17回)



第127回以降に見られる傾向
  1. 平均値連1間1・同1周辺をうろうろ
    「いずれかの十台無し」の発生率が高い
  2. 連X間2・同2、オプション「三間」
  3. 三連続数字

第143回は、連1間1・同2で平均値近くの傾向1



■詳細解説

第127回以降の最初期トップ4数字出現傾向
23 28 29 30 の中から、2829が当選!
(今回も参考で32をハイライト)

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第143回01 03 08 14 28 29 3304 31
第142回06 12 14 18 21 27 2801 33
第141回02 10 18 30 31 32 3621 29
第140回03 11 12 13 17 26 3501 33
第139回09 16 18 21 23 34 3504 36
第138回02 05 17 20 21 32 3330 35
第137回13 19 21 25 27 32 3516 20
第136回10 17 24 27 30 33 3718 31
第135回08 09 13 14 24 32 3403 04
第134回04 09 20 28 30 34 3512 29
第133回03 07 13 15 17 21 3014 27
第132回07 10 14 16 20 30 3135 37
第131回03 04 12 17 32 34 3623 31
第130回01 15 20 23 25 31 3205 24
第129回05 07 11 19 24 27 3029 35
第128回02 04 08 23 26 27 3203 35
第127回10 12 15 23 28 30 3506 25

第127回以降23 28 29 30から
いずれかが当選する確率は、12回/17回で70.6%。

第127回以降30 32から
どちらかが当選する確率は、13回/17回で76.5%。

謎の盛り返しを見せる最初期トップ4数字。
28が前回に続き再び当選&29第127回以降で初当選!
30を除いた複数当選も第127回以来というのがスゴい。
最近はマイペースな23が取り残された状態。
これから、また息を吹き返すんでしょうか。

そして、30 32コンビはまたも沈黙で、
そろそろ神通力が切れてきたような感じ。
気付けば、出現率が急激に低下していて、
「最初期トップ4」とさほど変わらないぐらいの水準。



第65回以前のワースト3の18 25 37から、
連続当選の18も一旦休み。
それでも、直近出現数は首位なので、引き続き要警戒。

25 37は削除数字候補として依然有力ですが、
06 29など最弱レベルの数字が当選している流れなので、
ひょっとしたら久々の当選もあり得るかもしれません。



首位30 32の失速の後を受けて、
同率3位で並んだ17 21 27 35も沈黙。

さらに、その下の7位グループ6個すら不発で、
上位12個から1個も当選しないという非常事態!
大きく流れが変わった可能性もあるのか!?



「直近6回での出現数」は、21が6回中4回当選から3回に後退。
第142回も当選していますが、り越しの貯金が、
徐々にフェードアウトしていて続落の危機。

6回中3回当選からは、18が現状維持で、32 35が脱落。
こう見ても、第143回はそれ以前に好調だった数字が皆無。

6回中2回グループは、5個から9個に大きく増量。
3回から転落組と、新加入組が加わりましたが、
現状維持も4個と、混沌とした状況です。



10週以上の長期休眠数字は、引き続き参考として、
第120回〜第126回第127回以降で集計。

10週以上休眠中から、第142回の06に続き、
第127回以降未当選で19週休眠だった29が当選。
加えて、12週休眠中だった01の当選も大打撃。

大変な波乱で、弱数字躍進の流れが来たのか、
それとも流れ自体が大きく変わってしまったのか・・・。

最後の大物は第127回以降未当選で19週休眠中の22
こちらも近いうちに当選してしまうんでしょうか。

そして、07 15が第120回以降で初めての10週以上休眠入り。



第127回以降の本数字+ボーナスの総合出現数

またも上位陣が完全不発で変動ありませんが、
同率4位の6回グループは大幅増となりました。

本5回&ボーナス4回で計9回35

本7回&ボーナス1回で計8回30

本7回&ボーナス0回で計7回32

本5回&ボーナス1回で計6回21
本5回&ボーナス1回で計6回27
本4回&ボーナス2回で計6回03 ↑Up!
本3回&ボーナス3回で計6回04 ↑Up!
本3回&ボーナス3回で計6回31 ↑Up!

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第127回〜当選数字シンプル版」



第120回以降を、各十台で分析。 ブルーグレー地=大阪抽選
141→14520台無し30台無し各十台あり
136→14000台無し00台無し各十台あり各十台あり各十台あり
131→13520台無し各十台あり各十台あり10台無し各十台あり
126→13030台無し00台無し10台無し各十台あり各十台あり
121→125各十台あり各十台あり10台無し各十台あり各十台あり
116→120各十台あり各十台あり10台無し各十台あり各十台あり

三回連続(前期からは四回連続)「各十台あり」→「10台無し」→
二回連続「各十台あり」→「30台無し」→
第127回以降00台無し」→「10台無し」→
二回連続「各十台あり」→「20台無し」→
二回連続「各十台あり」→「10台無し」→
「各十台あり」→二回連続「00台無し」→
三回連続「各十台あり」→「20台無し」→「30台無し」→
「各十台あり」でした。

第127回以降
 各十台あり  9回/17回  52.9% 
00台無し3回/17回 17.6% 
10台無し2回/17回 11.8% 
20台無し2回/17回 11.8% 
30台無し1回/17回 5.9% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

「いずれかの十台無し」の攻勢が続いていましたが、
やはり確率的には、しっかり50%強を「各十台あり」が維持。
といっても、ここ最近は非常に微妙なバランスで難しい。

この後の展開も読みにくいんですが、
リズム的には連続で「各十台あり」が無難は無難。

第143回も「00台爆発、10台沈黙」に近かっただけに、
勢い的には「いずれかの十台無し」が来てもおかしくない。
その場合も、どの十台なのか想定は困難。

またしても他の部分から予想を固めて、
各十台バランスは成り行きに任せた方が良いかも。

第120回〜第126回
 各十台あり  5回/7回  71.4% 
00台無し0回/7回 0% 
10台無し1回/7回 14.3% 
20台無し0回/7回 0% 
30台無し1回/7回 14.3% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第105回〜第119回のデータ
 各十台あり  10回/15回  66.7% 
00台無し0回/15回 0% 
10台無し3回/15回 20.0% 
20台無し1回/15回 6.7% 
30台無し1回/15回 6.7% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第66回〜第104回のデータ
 各十台あり  25回/39回  64.1% 
00台無し6回/39回 15.4% 
10台無し2回/39回 5.1% 
20台無し4回/39回 10.3% 
30台無し2回/39回 5.1% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第65回以前のデータ
 各十台あり  33回/65回  50.8% 
00台無し5回/65回 7.7% 
10台無し12回/65回 18.5% 
20台無し4回/65回 6.2% 
30台無し13回/65回 20.0% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第65回以前は、
00台無し20台無し10台無し30台無し

第66回〜第104回は、
00台無し20台無し10台無し30台無し

第105回〜第119回は、
00台無し20台無し10台無し30台無し

と強弱が逆転していました。

しかし、第120回〜第126回は、
00台無し20台無し10台無し30台無し
とさらに逆に反転しています。

そして、第127回以降は、
00台無し20台無し10台無し30台無し
ですが逆転の流れは現状維持に。

推定としては、
第65回以前第105回〜第119回第127回以降
第66回〜第104回第120回〜第126回」と考えられるのに、
直近の2期間が、イレギュラーに感じられます。



★出現傾向

から1〜2個、
から1〜2個、
から2〜3個、
から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいと予想しましたが、

から3個、
から2個、
から1個、から1個

となりました。

中盤から多めはまだ理解できますが、
上位が全く登場せず、下位が大躍進は番狂わせ。

過去出現回数的には低くても、数字そのものだけ見ると、
なぜその位置に甘んじているのか不思議な感もあります。
そういう意味で納得感はあるんですが、
ちょっといきなりだと対処しにくい・・・。

次回の基準は、

から1〜2個、
から1〜3個、
から1〜3個、
から1〜3個、
から0〜1個

ぐらいと予想してみます。



★前回からの繰り越し個数
ブルーグレー地=大阪抽選
141→145繰0繰1ボ1繰2ボ2
136→140繰1繰1繰2ボ1繰0三繰1ボ1繰1
131→135繰1繰0ボ1繰2繰0三繰1繰2
126→130繰0ボ1繰1繰1繰1繰0
121→125繰3繰0三繰2繰1ボ1繰2繰0三繰1ボ1
116→120繰0ボ1

第127回以降
繰0 3回/17回 17.6% 
繰1 10回/17回  58.8% 
繰24回/17回 23.5% 
繰30回/17回 0% 
 三繰 2回/17回 11.8% 
 四繰 0回/17回 0% 
 ボ繰 5回/17回 29.4% 

第120回〜第126回
繰0 2回/7回 28.6% 
繰1 2回/7回  28.6% 
繰22回/7回 28.6% 
繰31回/7回 14.3% 
 三繰 2回/7回 28.6% 
 四繰 0回/7回 0% 
 ボ繰 4回/7回 57.1% 
三繰1以上も繰1個分としてカウント

第120回〜第126回は、それ以前と比較して、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少ない
  2. 「前回り越し0個」が比率的に多い
  3. り越し、ボーナス繰り越しなどの特殊型が多い
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い

上記項目の1〜4が、第127回以降で完全に逆転
→さらに反転し上記項目1〜4を踏襲
→さらに流れが変わって、第127回以降初めのように。
→さらにまた反転し上記項目1〜4を踏襲

長期的に見て、安定した傾向は皆無。
なんですが、ボーナス繰り越しが本当に多過ぎです。
約30%で成立し、さらに今回の2個は相当なレアケース。

第143回は突発的なアクシデントと認識した方が、
精神安定上よろしいかと思います。

そろそろ標準の繰1に戻ることを期待するぐらいしか、
対策の立てようがない気がするので、
同じく他の部分から予想を固めるのもありかと。



続・空き・下一桁その他の特徴
第143回連1間1・同2-
第142回連1間1・同130台無し
第141回連0三連1間0・同2奇数偶数比1:6、20台無し、30台4つ
第140回連0三連1間0・同110台4つ
第139回連1間2・同0-
第138回連2間0・同1-
第137回連0間2・同1奇数偶数比6:1、00台無し
第136回連0間0・同1三同100台無し
第135回連2間1・同0三同1-
第134回連1間1・同210台無し
第133回連0間2・同2三間1、奇数偶数比6:1
第132回連1間1・同0三同1-
第131回連1間2・同2三間1、20台無し
第130回連1間1・同2-
第129回連0間1・同1-
第128回連1間1・同110台無し
第127回連0間2・同200台無し
第126回連1間0・同130台無し、10台4つ
第125回連0間0・同1-
第124回連2間1・同1連間複合
第123回連0間3・同0間1三間1、10台無し、00台4つ
第122回連2間1・同1-
第121回連0間1・同0-
第120回連0間2・同2-

第143回の要素は、
1組・空き1組・下一桁数字1
各十台あり

要素自体は、平均値の一歩違いで連1間1・同2でしたが、
「00台爆発超限定予想法!〈乱数レシピ〉」にプラスして、
り越し候補14という側面もありました。

第127回以降の類型の「平均値連1間1・同1近く」
という文脈の中にありながら、最初期の典型にも近い。
この流れが続けば予想を組み立てやすくなると思います。

2回出た「三連続数字」に繋がると、とても面白くなりそう。
その他の類型「連X間2・同2」は最近来ず望み薄か。


下一桁数字は、同2組に。
第127回以降初期の主流が復活という感じでもなさそう。
同1組との主導権争いが展開されるかも。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック