FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年04月08日 (金) | 編集 |
回別第155回
抽選日2016年4月8日
本数字02 09 13 18 22 24 26
ボーナス数字(10) (37)

1等1口 2億5199万5,000円 
2等11口 758万3,900円 
3等161口 72万5,400円 
4等6,403口 1万0,700円 
5等8万8,855口 1,900円 
6等13万8,643口 1,000円 

販売実績額18億4041万5,400円 
=613万4,718口×300円 
キャリーオーバー0円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット J
抽選順序130918242202263710
球の色


■繰り越し
前回からり越し2個 02 24
ボーナスから1個 13
回から1個 09
(本数字→ボーナス1個 37
(ボーナス→本数字1個 02
ット前回から1個 18 (第145回・セットJ
(本数字→ボーナス1個 10

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0間2・同1
その他の特徴三間1、30台無し
予想しやすさ★★★☆☆ 結構トリッキー

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第155回ロト7は、1等が1口出て、
25千万円となりました!
当選された方、おめでとうございます!

キャリーオーバーが途切れて、8億円は望めず、
注目度低下で販売実績も下がっていましたが、
2回続けて1等1口当選が出る結果となりました。

億万長者の誕生はうらやましい限りです。
3回続けてキャリーオーバー無しなので、
次回もゼロからスタートとなります。



ボーナス繰り越しから這い上がった02と、
全期間でそこそこ強数字の24が、仲良く連続当選。

一方で、第127回以降のトップ2だった「30 32」と、
最初期トップ4の「23 28 29 30」からは当選無し。

逆に最初期ワースト3から18が当選し、
37がボーナス数字と情勢が反転。

前回が最初期の王道に近かったのに対して、
今回はその裏を行くような難しい回でした。



「30台無し」→3回続けて「各十台あり」→
「30台無し」→3回続けて「各十台あり」→
「30台無し」となりました。

なぜか、とても規則正しく展開しています。
中期的には30台が弱い流れが続いていましたが、
ここまで見事にリズム良く進むとは驚き。



要素を確認。
続数字0組、空き数字2組、下一桁数字1組」
三間1、30台無し

数値的には連0間2・同1で、前回と完全一致ですが、
要素2箇所と、3数字密集型1箇所「三間1」の差があり、
別物という見方もできるので注意が必要。

また、平均値連1間1・同1と二歩違いなので、
一見すると意外に離れているように思いますが、
26の代わりに、ボーナスの10が入ると、ズバリ連1間1・同1
これも前回と同じパターンです。

多少相違点はありますが、流れが続いている印象。
「30台無し」はむしろ第127回以降らしいとも言えます。

第127回以降の主流のひとつ連X間2・同2とは、
やはり方向性が違うような感触です。

もうひとつの主流の三連続数字は、最近はご無沙汰。


下一桁は数字1組。
同1同2同1同1で、交互ループは崩れましたが、
標準的な同1だったのは、とりあえず及第点。



繰り越し関連は、波乱が収まらない。

前回り越しは2個と、また標準を離れ多めに。

ボーナス繰り越しは、0個が標準なのに、
なんとなんと5回続けて1個と多めの超イレギュラー!
3回続けて00台のボーナスが繰り越しだったのに、今度は10台。

直近5回は、繰0ボ1が2回、繰2ボ1が2回、
繰1ボ1が1回と、かなり異常な状況が続いています。

回繰り越しは、1個と標準的。
ただ、本数字とボーナス間で、やりとり多め。

ットから繰り越しも、1個と標準的。
こちらも、本数字からボーナスへ移動あり。



今回の使用球はセットJ
1番目に長く使用されていなかったセット球。

一応の最有力候補で、順当は順当でしたが、
同じ周回の2番目でもおかしくなかったかなと。



球の色は、2個が「黄色」のみで本数字に6色。
かたよりが大変小さくなりました。

ただし、残り1色の「緑」は、ボーナスにも出ない完全沈黙。
一時は「緑」の複数個登場が当たり前だったのに・・・。



★その他の情報

リハ15507 11 12 13 21 22 3001 02

第155回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1三連1間0・同2 各十台あり 配色:セットA

こちらは三連続数字含む2箇所分散型の濃いめ。
これぐらい濃い方が予想は組み立てやすい。
強数字「30」が出ているのも、分かりやすい。

なぜか球の色のパターンが本抽選と似ていて、
2個が「紫」のみで本数字に6色なのに加え、
「ベージュ」が完全沈黙なのが面白い。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック