FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年04月22日 (金) | 編集 |
回別第157回
抽選日2016年4月22日
本数字05 09 16 26 28 29 32
ボーナス数字(01) (37)

1等0口 該当なし 
2等6口 1378万0,700円 
3等112口 103万3,500円 
4等4,754口 1万4,200円 
5等8万0,218口 2,000円 
6等12万9,228口 1,100円 

販売実績額18億2411万6,700円 
=608万0,389口×300円 
キャリーオーバー1週累積 2億5232万2,715円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット C
抽選順序162928260932053701
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 16 三繰1個 09
ボーナスから0
回から1個 26 三繰1個 09
(ボーナス→ボーナス1個 37
ット前回から2個 09 16 (第148回・セットC
(本数字→ボーナス1個 01

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間1・同2
その他の特徴連間複合
予想しやすさ★★★★☆ また繰り越し多い

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第157回ロト7は、1等が出ず、
25千万円がキャリーオーバー!

億万長者が誕生せず残念でしたが、
4回続けてキャリーオーバー無しだったので、
最高額8億円に向けての蓄積は良かったかも。

次回の当選金はまだ5億円クラスですが、
チャンスは大きくなったので期待したい。



ここに来て、最初期トップ4から28 29が当選。
そして、第127回以降で二強の片方だった32も登場。

しかし、32は12週休眠、29は11週休眠からの復活。
なので、強いんだか弱いんだか微妙なところ。
ちょっとタイミングが良くない感じです。

大躍進の09が、3回続けて当選!
直近7回中5回当選で、71.4%の異常に高い出現率!
第127回以降〜第146回以降を通して単独首位に。

もうひとつの注目は、前回から繰り越している09 16
この2個が、第148回以降の10回中4回も揃って40%!
コンビの登場率としては凄まじく高いのが驚き。



「30台無し」→3回続けて「各十台あり」→
「30台無し」→3回続けて「各十台あり」→
「30台無し」→2回続けて「各十台あり」となりました。

ここまで危なげなくリズム通りだと、
逆に怖くなるぐらいですが、予想する分にはラッキー。

30台は1個で、また弱い流れに戻ったか。



要素を確認。
続数字1組、空き数字1組、下一桁数字2組」
連間複合、各十台あり

要素は平均値連1間1・同1に近いところが続きます。
続と空きが組み合わさった「連間複合」も、
第151回〜第153回で3回続けて成立した以来の復活。

第153回とは、要素連1間1・同2&「連間複合」が一致。
「07 09 10 16 20 28 37」と共通の数字が多い。

流れとしては、とても安定していると言えそう。


下一桁は数字2組。
同1同2同1同1同2同2となりました。

同1同2の交互ループは、また成立しませんでしたが、
トータルではバランスが取れていて、
同1同2以外が少ないのは対応しやすい。



繰り越し関連は、かたくなに標準から外れます。
前回り越しは1個+り越し1個で合計2個。
2回続けて多めの2個となりました。

ボーナス繰り越しは、0個と標準的。
5回続けて1個と多めの超イレギュラーから、
2回続けて標準となってホッと一息。

しかし、2項目とも標準の繰1ボ0になってくれない。

回繰り越しは、こちらも1個+り越し1個で、
合わせ技の合計2個で想定内の多め。
37は前回もボーナス数字でした。

ットから繰り越しは、2個と想定内の多め。
なんですが、その2個が上でも記した09 16コンビ!
しかも、使用されたセットCでは両方とも3巡続けて当選!

なんか、いつのまにかスゴいことになっている09 16・・・。



今回の使用球は、そのセットC
2番目に長く使用されていなかったセット球。

ダントツで先頭を独走し、18巡目突入となりました。
普通に考えると早過ぎですが、このセット球は特別。
扱いが異例なだけに、逆に選択を想定しやすかった面も。



球の色は、2個が「緑」と「紫」の2色でした。
本数字が5色で、かたよっていますが普通の範囲内。
ようやく「緑」の複数個登場が戻りました。

「赤」と「水色」が、ボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ15701 09 10 13 22 26 2907 21

第157回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間0・同1 30台無し 配色:セットA

こちらも、平均値連1間1・同1と一歩違いのメジャーな形。
01 09 10 13 22 26 29」で、本抽選と共通数字も多い。
流れ的には、同じ方向性っぽい繋がりを感じさせます。

それにしても、09の存在感が物凄い。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック