FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年06月03日 (金) | 編集 |
回別第163回
抽選日2016年6月3日
本数字01 02 06 16 28 30 31
ボーナス数字(03) (07)

1等1口 2億3779万3,900円 
2等7口 1130万0,600円 
3等118口 93万8,500円 
4等5,118口 1万2,600円 
5等7万9,064口 2,000円 
6等15万0,062口 900円 

販売実績額17億4513万7,200円 
=581万7,124口×300円 
キャリーオーバー0円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット F
抽選順序312801163006020703
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 02
(本数字→ボーナス1個 07
ボーナスから1個 06
回から0
(ボーナス→本数字1個 30
ット前回から2個 01 02 (第160回・セットF

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連2間1・同2
その他の特徴連間複合
予想しやすさ★★★★☆ ちょっとずつズレ

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第163回ロト7は、1等が1口出て、
24千万円となりました!
当選された方、おめでとうございます!

億万長者が頻繁に誕生するのはスゴい。
それは良いんですが、累積金額が貯まらない。
最高額8億円までの道のりは長い・・・。



最初期トップ4から28 30が当選。
00台から三連続数字ではなかったものの、続数字+1個。
最近に多い初期の「00台爆発」系に近い流れ。

だけど「10台無し」にならないことが多いので、
後もうちょっとのところで、再現性が低いのが難点。

02は大阪抽選を除く直近3回の東京抽選で当選。
3回前の第160回も01 02が揃って当選していましたが、
これが今回使用のセットFの前の巡なのが驚き。

分かりやすい弱数字は一切登場せず、
弱数字躍進の流れは途切れたような印象。



第158回以降は、大阪抽選以外は「いずれかの十台無し」でした。
遂に東京抽選でも「各十台あり」となりました。

本来ならば、50%超の確率で出るくらいなので、
いつ出てもおかしくないとはいえ、ちょっとリズムが変化。



要素を確認。
続数字2組、空き数字1組、下一桁数字2組」
連間複合、各十台あり

平均値連1間1・同1からは、二歩違い。
ボーナス数字の都合で、連1間1・同1だと、
3等の可能性はあるけど、2等は成立しない。

2箇所分散型で、片方は「連間複合」で3数字密集の濃いめ。
濃いめは最近の傾向ですが、タイプが違う感じか。


下一桁は数字2組。
4回続けて同2同1→大阪で同2→2回続けて同2
圧倒的な下一桁同2の優勢は変わらず、勢いを増すばかり。



繰り越し関連は、前回り越しが1個なのは標準的。
ですが、上述のように、大阪抽選を抜かせば、
02は東京抽選で3回繰り越しになります。

ボーナス繰り越しは、1個とイレギュラーが復活。
というか、第158回以降では、東京5回中3回成立なので、
イレギュラーというより、1個が標準化もしれない。

素直な前回り越しが1個+ボーナス繰り越し0個は、
大阪抽選以外では、最近全く出ていません。

回繰り越しは、0個で少なめ。
多めに振れることが主流なので珍しい。
回は大阪抽選だったのが影響か。

ットから繰り越しは、2個と比較的多め。
ただし、今回使用されたセットFが、
その前に使用されたのが、わずか3回前の第160回。
時期が近い&同じセット球ということで、
雰囲気が結構似ているのがポイント。



今回の使用球は、そのセットF
8番目に長く使用されていなかったセット球。

上で書いた通り、3週前に使用されたばかり。
8番目は「超フェイント枠」で、6〜10番目では突出。
忘れた去った頃、唐突に選ばれるのが相当厄介。
なんの予兆も無かったので、事前察知は極めて困難。



球の色は、3個が「紺」でした。
かたよりとしては標準的な範囲。

「緑」と「ベージュ」がボーナスにも出ない完全沈黙。
ちょっと前まで「緑」は複数登場も多かったのに、
2回続けて完全沈黙と急ブレーキ・・・。



★その他の情報

リハ16302 09 15 23 26 28 3403 31

第163回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連0間1・同0 各十台あり 配色:セットA

こちらも、10台入りの「00台爆発」崩れという様相。
しかし、要素的には空き1組のみと、かなり薄め。

初期トップ4から、こちらは「23 28」が登場。
全体的に初期の強数字集合といった感触。

本抽選と一緒で、こちらでも「02」が好調。
そして、こちらでも「緑」が完全沈黙・・・。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック