FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年07月15日 (金) | 編集 |
回別第169回
抽選日2016年7月15日
本数字01 05 10 20 21 28 30
ボーナス数字(25) (26)

1等0口 該当なし 
2等9口 1045万8,600円 
3等145口 90万8,800円 
4等7,713口 1万0,000円 
5等10万1,092口 1,800円 
6等14万3,001口 1,100円 

販売実績額20億7657万5,700円 
=692万1,919口×300円 
キャリーオーバー2週累積 5億4184万2,255円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット C
抽選順序051020300121282526
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 20
ボーナスから1個 05
回から3個 01 05 10
ット前回から2個 05 28 (第157回・セットC
(ボーナス→本数字1個 01
(本数字→ボーナス1個 26

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間1・同1三同1
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★★☆☆ 下一桁カブり過ぎ

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第169回ロト7は、1等が出ず2週累積、
53千万円がキャリーオーバー!

2回続けて億万長者が誕生せず残念でしたが、
次回に最高額8億円の芽が出たのは朗報。
最近は8億円が出ていないだけに期待大。



大変まんべんない分布だったものの、
下一桁*0が3個、下一桁*1が2個で同1三同1と、
カブり過ぎていたのが相当な波乱。

それ以外は、比較的素直な傾向だったはず。
第158回以降で、そこそこ好調数字の20が連続当選。
回繰り越しが3個もあるのは、
短い期間で繰り返し同じ数字が当選している証拠。

最初期トップ4から28 30と複数当選。
最初期ワースト3&現役最長21週休眠の25は、
ボーナス数字に留まったのは冷や汗もの。
他には目立った弱数字は出現せず安泰。



最近は「いずれかの十台無し」が多かった中で、
かたよったものの前回はギリギリ「各十台あり」が成立。

しかし、今回は文句無しの「各十台あり」で、
逆にまんべんなさ過ぎたのが下一桁同1三同1の要因。



要素を確認。
続数字1組、空き数字1組、
 下一桁数字1組・数字1組」
各十台あり

3回続けて4数字密集型の濃いめが続いた後、
前回は久しぶりに平均値連1間1・同1そのものでした。

第169回は引き続き、連1間1部分は標準的。
第158回以降の平均値近辺の流れに近い。
そこは良いとしても、やっぱり問題は下一桁数字・・・。


下一桁は、繰り返しになりますが、
突然の数字1組・数字1組。

第158回以降の主流は同2で、前2回は同1でしたが、
突然の同1三同1は大混乱でしかない。

同0三同1ならまだしも、同1三同1は重なり過ぎで、
標準の同1設定だと、全く潰しが利かなくて最悪。



繰り越し関連は、前回り越しが1個と標準的。
0個→2個→0個→2個と続いていたので、
どうなるかと思いましたが、とりあえず一安心。

ボーナス繰り越しは、1個と多め。
というか、もはや0個より1個が普通と言える状態。
第158回以降の東京抽選では、11回中8回の72.7%!

前回り越しが1個+ボーナス繰り越し0個が、
第158回以降の12回で、大阪抽選にしか出ていません。

回繰り越しは、3個で非常に多め。
しかも、本数字→ボーナス数字が1個あるので、
回の当選数字をそのまま購入していれば、
6等が当選していたほどの共通点があります。

先週も「前回繰り越し2個」でしたし、
いかに同じ数字が繰り返し当選しているか分かります。

ットから繰り越しも、2個と多め。
使用されたセットCでは、多めが頻発しています。



今回の使用球は、そのセットC
1番目に長く使用されていなかったセット球。

前回も最有力と思われながらスルーだったので、
ある意味で納得の19巡目突入となりました。



球の色は、2個が「黄色」の1色だけ。
前回と同様に、本数字7個中6色の登場。

さらに今回は残りの1色「紺」がボーナスに登場。
完全沈黙となった色が存在せず、
かたよりが最低限で極めて小さめ。



★その他の情報

リハ16922 23 25 26 31 32 3602 07

第169回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連3間1・同2 連間連複合、00・10台無し、20台4つ
配色:セットA

最小数字が「22」と極度に後半にかたより、
00台と10台の2箇所が無しという恐ろしさ。

4数字密集型の濃いめは、少し前の本抽選を彷彿とさせ、
さらにダメ押しでプラス1組は悪夢のよう。
もしこちらが出ていても、1等は絶望的でしょうか。

最初期トップ4から「23」が登場で、
最初期ワースト3が完全沈黙なのは順当。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック