FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年09月09日 (金) | 編集 |
回別第177回
抽選日2016年9月9日
本数字09 15 19 23 25 34 36
ボーナス数字(02) (35)

1等1口 8億円 
2等9口 1155万1,700円 
3等142口 102万5,000円 
4等6,691口 1万2,700円 
5等10万8,184口 1,900円 
6等18万4,822口 1,000円 

販売実績額22億9361万1,000円 
=764万5,370口×300円 
キャリーオーバー3週累積−8億円 3571万8,160円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット I
抽選順序092536153423193502
球の色


■繰り越し
前回からり越し0
(本数字→ボーナス1個 35
ボーナスから1個 15
回から0
(本数字→ボーナス1個 35
ット前回から3個 09 19 36 (第168回・セットI
(ボーナス→ボーナス1個 02

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0間2・同2
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★★☆☆ 少数派で特徴無し

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第177回ロト7は、1等当選が1口出て、
最高額8億円となりました!
当選された方、おめでとうございます!
そして、35百万円がキャリーオーバー!

7月の大阪抽選・第170回以来の最高額8億円!
キャリーオーバーが続かない合間に、
貴重な高額当選となったのは良かった。



「同じ数字の繰り返し当選」傾向は、勢いが減少傾向。
それでも、第167回〜第172回の6回中4回当選と、
猛威を振るっていた36が復活して存在感。

0919のペアが、4週前の第173回と、
今回使用されたセットIの前回・第168回で登場。
直近10回中3回で、揃って当選はなかなかスゴい。

初期トップ4から、23が当選しているのも納得。

その一方で、15 34は第158回以降で低迷していた数字。

そして極め付けは25の当選!
初期ワースト3で、第158回以降未当選、
現役最長の29週長期連続休眠から突然の登場!
超大物の弱数字で、優先削除対象だっただけに痛い・・・。



3回続けて「各十台あり」となりました。

前2回は「各十台あり」とはいえ、10・30台強め路線。
しかし、今回はかなり均等な「各十台あり」となっています。



要素を確認。
続数字0組、空き数字2組、下一桁数字2組」
各十台あり

第158回以降の主流「平均値連1間1・同1近辺」から遠く、
あまりメジャーではない2箇所分散型。

なんですが、第173回が全く一緒の連0間2・同2でした。
上記のように09 19も出ていて興味深い一致。
ひとつの類型となりえるんでしょうか?


下一桁は数字2組。
2回続けて同1組→2回続けて同2組→
単発の同1組→3回続けて同2組。

不安定ではありますが、同2が盛り返して、
第158回以降初期のような勢いを感じられます。
いずれにせよ、ほとんど同0が出ないのはありがたい。



繰り越し関連は、前回り越しが0個と少なめ。
元々、非常に不安定なのに加え、
「同じ数字の繰り返し当選」減退も影響か。

ボーナス繰り越しが1個と多め。
でも、第158回以降基準では1個が標準。

第170回〜第176回は、7回中1回だけと不発。
しかし、ようやくのボーナス繰り越し復活で、
第158回以降の20回中10回で、成立50%まで復帰。

回繰り越しは、0個と少なめ。
3回続けて0個という明らかな急落は、
やはり「同じ数字の繰り返し当選」失速に比例か。

ット球前回から繰り越しは、3個とかなり多め。
ボーナス数字02も一致で共通点がたくさん。
でも、そのセットIの前回は、平均値連1間1・同1でした。



今回の使用球は、そのセットI
2番目に長く使用されていなかったセット球。

早め使用のセットEが1番目だったので、
そちらでも良かったと思うんですが・・・。

セットIは、最古参17巡目の先頭で、
周回的に有利で、2番目も無難。



球の色は、2個が「緑」と「ベージュ」の2色。
かたよりは一般的と言える範囲。

「黄色」がボーナスにも出ない完全沈黙。

「水色」は2回続けて完全沈黙から、
今回はボーナスにだけ登場。



★その他の情報

リハ17706 18 27 31 32 34 3710 36

第177回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同1 連間複合、各十台あり、30台4つ 配色:セットA

こちらは、一応は平均値連1間1・同1でした。
ただ、結構30台にかたよっていて、
もしボーナス数字の「36」を組み込んだら、
「連三間連複合、30台5つ」と破格な感じ。

初期ワースト3の「25」が本抽選に当選しましたが、
残りの「18 37」がリハーサルで登場。

一方で「27 31」といった最近の上位も同時に存在。
どちらも狙いが絞りにくかった印象です。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック