FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年09月19日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、4週キャリーオーバー中。
しかし、その合間に1等最高額8億円が出たので、
累積金額は約3億円。

過去の実績からすると、次回第179回の当選金額は、
1等単独当選で、6億円近辺と予想されます。

おまけがあったので、ちょっと上乗せになっています。
1週累積相当なのに、6億円近いのは得する感じ。


第65回以前/第66〜104回/第105〜119回/
第120〜126回/第127〜145回/第146回〜第157回/
第158回以降に分けて集計。

第158回以降のデータを元に分析・考察していきます。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」
第105回〜第119回のまとめ→「ロト7第120回予想のための真考察」
第120回〜第126回のまとめ→「ロト7第127回予想のための芯考察」
第127回〜第145回のまとめ→「ロト7第146回予想のための蜃考察」
第146回〜第157回のまとめ→「ロト7第158回予想のための信考察」


それでは第179回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第158回〜第178回の21回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

9回出現 36 
8回出現 27 
7回出現 14 30 31 
6回出現 01 06 09 20 23 
5回出現 03 21

4回出現 02 05 07 10 15 17 32 37
3回出現 08 11 12 19 22 28 34 35

2回出現 13 16 18 24 26
1回出現 25 29 33

ボーナスのみ出現 04
0回出現 なし



01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第178回〉 06 09 11 15 26 34 3613 37


★直近6回出現回数上位

3回 09 15  
2回 06 11 17 19 22 23 30 31 34 35 36



★本数字に現在進行形で連続出現していない長さ下位
22週 04  16週 08  13週 16 18  
12週 29  8週 03  

東京抽選でのみ現在進行形で連続出現していない長さ下位
9回 03  



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第178回06 09 11 15 26 34 3613 3741
第177回09 15 19 23 25 34 3602 35010
第176回01 11 12 17 22 30 3515 1620
第175回06 17 21 31 33 35 3714 1810
第174回10 13 14 15 23 31 3204 2901
第173回07 09 19 22 24 27 3004 2811101
第172回05 20 21 27 30 31 3609 261121
第171回01 02 06 21 23 27 2811 1623
第170回03 05 06 09 27 32 3612 2413
第169回01 05 10 20 21 28 3025 26113
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




第158回以降の傾向

連続当選の36が単独首位に
36が1位 出現率42.9%(9回/21回)
27が2位 出現率38.1%(8回/21回)
14 30 31が3位 出現率33.3%(7回/21回)


本数字+ボーナスの総合出現数
こちらでも36が単独首位に躍り出る


またしても均等な「各十台あり」
「各十台あり」発生率 52.4%(11回/21回)
20台出席率 95.2%(20回/21回)


クレイジー過ぎるり越し4
前回からり越し1個以上71.4%(15回/21回)


久しぶりに下一桁数字1
下一桁数字1組以上95.2%(20回/21回)


休止期間に入っている三連
三連続数字以上の出現率は14.3%(3回/21回)



第158回以降に見られる傾向
  1. 平均値連1間1・同1近辺
    「いずれかの十台無し」
    繰り越し波乱

  2. 「三連間複合」「四間」などの
    4数字密集型の超濃いめ

第178回は、第158回以降で3度目の連0間2
新しい第三の流れ!?



■詳細解説

第158回以降で、最初期トップ4数字23 28 29 30に、
第127回〜第145回で同率首位の32を加えた出現傾向。

第178回は、またしても完全沈黙・・・。

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第178回06 09 11 15 26 34 3613 37
第177回09 15 19 23 25 34 3602 35
第176回01 11 12 17 22 30 3515 16
第175回06 17 21 31 33 35 3714 18
第174回10 13 14 15 23 31 3204 29
第173回07 09 19 22 24 27 3004 28
第172回05 20 21 27 30 31 3609 26
第171回01 02 06 21 23 27 2811 16
第170回03 05 06 09 27 32 3612 24
第169回01 05 10 20 21 28 3025 26
第168回03 09 12 14 19 20 3602 05
第167回01 03 05 07 10 26 3619 37
第166回14 20 27 29 30 31 3723 34
第165回09 11 14 15 16 18 2706 20
第164回03 13 20 23 31 35 3602 11
第163回01 02 06 16 28 30 3103 07
第162回02 07 08 12 14 23 2706 10
第161回08 14 17 18 20 22 3404 30
第160回01 02 08 24 32 36 3723 33
第159回10 14 17 21 23 27 3116 24
第158回03 06 07 30 32 36 3705 20

第158回以降23 28 29 30から
いずれかが当選する確率は、13回/21回で61.9%。

第158回以降23 28 30 32から
いずれかが当選する確率は、14回/21回で66.7%。

また、いずれも当選しないという結果で、
集計の有用性が下がっているのは否めません。

30を筆頭に、23までは健闘している感じですが、
28 32あたりは力を発揮できずにいます。

ましてや29は12週の長期休眠の体たらくで、
逆に集計してはいけないほどの弱数字に。



第65回以前のワースト3の18 25 37から、
37がボーナス数字に当選しただけ。

29週の超長期休眠から先週目覚めた25は、
連続当選とならず、沈黙となりました。
また、最有力削除数字候補へと向かうのか。

18も13週休眠中で、順調に削除候補へ。



「直近6回での出現数」は、6回中3回当選に09 15がアップ。
30 31が、揃って6回中2回当選にダウン。
今一つ「同じ数字が繰り返し当選」の勢いが乗らない。
出現数字が一時期よりも、かたよっていない印象。

その分、6回中2回当選が、10個から11個とさらに増量。
まんべんない出現傾向で、今後の動向が分かりにくい。



10週以上の長期休眠数字は6個でしたが、
その中から、10週休眠に入ったばかりの26が当選。
またしても削除数字として完璧には機能しませんでした。

新たに10週以上に加わった数字はなく、5個に減少。
おとなしめだけに、次回こそ完封に期待。



第158回以降の本数字+ボーナスの総合出現数

愚直に本数字一筋なのに36が単独首位。
単純なパワー勝負で勝てる相手がいない。

本9回&ボーナス0回で計9回36 ↑Up!

本8回&ボーナス0回で計8回27
本7回&ボーナス1回で計8回14
本7回&ボーナス1回で計8回30
本6回&ボーナス2回で計8回06 ↑Up!
本6回&ボーナス2回で計8回20
本6回&ボーナス2回で計8回23

本7回&ボーナス0回で計7回31
本6回&ボーナス1回で計7回09 ↑Up!
本4回&ボーナス3回で計7回02

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第158回〜当選数字シンプル版」



第127回〜第145回第146回〜第157回第158回以降を、
各十台で分析。ブルーグレー地=大阪抽選

176→180各十台あり各十台あり各十台あり
171→17510台無し
30台無し
10台無し各十台あり00台無し各十台あり
166→17000台無し各十台あり各十台あり各十台あり10台無し
161→165各十台あり30台無し各十台あり各十台あり30台無し
156→160各十台あり各十台あり10台無し
20台無し
00台無し10台無し
151→15530台無し各十台あり各十台あり各十台あり30台無し
146→150各十台あり30台無し各十台あり各十台あり各十台あり

141→14520台無し30台無し各十台あり各十台あり00台無し
136→14000台無し00台無し各十台あり各十台あり各十台あり
131→13520台無し各十台あり各十台あり10台無し各十台あり
126→13000台無し10台無し各十台あり各十台あり

第158回以降は、
10台無し20台無し」→「00台無し」→「10台無し」→
「各十台あり」→「30台無し」→
2回続けて「各十台あり」→「30台無し」→「00台無し」→
3回続けて「各十台あり」→「10台無し」→
10台無し30台無し」→「10台無し」→
「各十台あり」→「00台無し」→
4回続けて「各十台あり」→でした。

第158回以降
 各十台あり  11回/21回  52.4% 
00台無し3回/21回 14.3% 
10台無し5回/21回 23.8% 
20台無し1回/21回 4.8% 
30台無し3回/21回 14.3% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第146回〜第157回
 各十台あり  9回/12回  75.0% 
00台無し0回/12回 0% 
10台無し0回/12回 0% 
20台無し0回/12回 0% 
30台無し3回/12回 25.0% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第127回〜第145回
 各十台あり  10回/19回  52.6% 
00台無し4回/19回 21.1% 
10台無し2回/19回 10.5% 
20台無し2回/19回 10.5% 
30台無し1回/19回 5.3% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

4回続けて「各十台あり」でしたが、
前半2回は「30台強め」と「10台強め」で、かたより気味。
後半2回は、かなり均等な「各十台あり」でした。

とはいえ、集計的にはようやく「各十台あり」が過半数。
50%を超えてこなかったこれまでの方が異常かも。

直近だけの傾向を考えれば、また「各十台あり」でおかしくない。
ただ、そろそろ「いずれかの十台無し」も成立しそう。

流れが一度切れたような感触なので、
来るとしても「どの十台無し」かは、指標が無い状態。



★出現傾向

から0〜1個、
から0〜1個、
から1〜2個、
から1〜2個、
から0〜1個、
から0〜1個

ぐらいと予想しましたが、

から1個、
から2個、
から1個、
から2個、
から1個

となりました。

上位から下位グループまで分布していますが、
間が抜けたり、固まったりが多いのは微妙。

量としては下位の方が優勢で、想定的には敗北感が漂います。

次回の基準は、

から0〜1個、
から0〜1個、
から1〜3個、
から1〜3個、
から0〜1個、
から0〜1個

ぐらいと予想してみます。



★前回からの繰り越し個数
ブルーグレー地=大阪抽選

176→180繰2繰0ボ1繰4
171→175繰2繰1三繰1繰1四繰1
ボ1
繰0繰1
166→170繰2ボ1繰0繰2ボ1繰1ボ1繰1
161→165繰1繰1三繰1繰1ボ1繰1ボ1繰0ボ1
156→160繰2繰1三繰1繰1ボ1繰0繰0ボ1
151→155繰0ボ1繰2ボ1繰0ボ1繰1ボ1繰2ボ1
146→150繰2ボ1繰1ボ1繰1繰0三繰1繰1

第158回以降
繰0 6回/21回 28.6% 
繰1 7回/21回  33.3% 
繰27回/21回 33.3% 
繰30回/21回 0% 
繰31回/21回 4.8% 
 三繰 2回/21回 9.5% 
 四繰 1回/21回 4.8% 
 ボ繰  10回/21回 47.6% 

第146回〜第157回
繰0 2回/12回 16.7% 
繰1 5回/12回  41.7% 
繰25回/12回 41.7% 
繰30回/12回 0% 
 三繰 2回/12回 16.7% 
 四繰 0回/12回 0% 
 ボ繰 7回/12回 58.3% 


第158回以降は、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少なめ
    標準の「前回り越し1個+ボーナス繰り越し0個」が
    極端に少なく、イレギュラーが常態に近い
  2. 「前回り越し2個」が結構多い
  3. ボーナス繰り越しが異常に多い
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い

という、これまでの流れを踏襲している気がします。
印象としては、第146回〜第157回と変わりません。

ロト7史上初の「前回り越し4個」が、とびきり非常事態!
なにしろ前回の当選番号をそのまま買っても、
4個一致の5等が当たってしまうダイナミックさ。

いくらイレギュラーが常態とはいえ、派手過ぎる。
ここからの展望は、さらに混迷を極めそう。

やはり、り越し1.5個を基準に予想に合わせて対応。
ボーナス繰り越し1個が復活するかしないかが読みどころ!?



続・空き・下一桁その他の特徴
第178回連0間2・同0三同1-
第177回連0間2・同2-
第176回連1間0・同2-
第175回連0間3・同2四間1、奇偶比6:1、30台4つ
第174回連1三連1間0・同100台無し、10台4つ
第173回連0間2・同2カレンダー内
第172回連2間0・同210台無し
第171回連2間1・同110・30台無し、20台4つ
第170回連1間1・同1連間複合、10台無し、00台4つ
第169回連1間1・同1三同1-
第168回連1間1・同1-
第167回連0間3・同1四間1、00台4つ
第166回連0三連1間1・同2三連間複合、00台無し
第165回連0三連1間2・同0三連間複合、30台無し、10台5つ
第164回連1間0・同0三同1-
第163回連2間1・同2連間複合
第162回連1間1・同230台無し
第161回連1間2・同2三間連複合、奇偶比1:6
第160回連2間0・同110台無し
第159回連0間1・同200台無し
第158回連2間1・同210・20台無し、30台4つ

第178回の要素は、
0組・空き2組・下一桁数字0組・数字1
各十台あり

要素の前半部分の連0間2は前回と一致で、
空きの片方34 36を含むり越し4個もそうですが、
色々な点で前回と共通点が多かったと言えます。

第158回以降の主流の「平均値連1間1・同1近辺」や、
「4数字密集型の超濃いめ」からは遠く離れているので、
やはり、連0間2は第三の流れと考えた方が良いのか。


下一桁数字は、3回続けて同2から同0三同1へ。
三同1自体が意外に久しぶりだし、頻度も多くないので、
次回以降は、同2が復活しても驚かないイメージ。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック