FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年10月31日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、5週キャリーオーバー中。
しかし、前回に1等最高額8億円が出たので、
累積金額は約7億5千万円。

過去の実績からすると、次回第185回の当選金額は、
1等単独当選で、最高額8億円!
加えて3億円近辺のキャリーオーバーと予想されます。

先週に最高額8億円が出ましたが、
今週も続けて、8億円出現のチャンス!
もし2週で16億円なら、かなり久しぶり。
この機会を逃さないようにしましょう。


下記の各期間+第176回以降に分けて集計。
第176回以降のデータを元に分析・考察していきます。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」
第105回〜第119回のまとめ→「ロト7第120回予想のための真考察」
第120回〜第126回のまとめ→「ロト7第127回予想のための芯考察」
第127回〜第145回のまとめ→「ロト7第146回予想のための蜃考察」
第146回〜第157回のまとめ→「ロト7第158回予想のための信考察」
第158回〜第175回のまとめ→「ロト7第176回予想のための眞考察」


それでは第185回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第176回〜第184回の9回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

5回出現 23 
4回出現 11 26 34 
3回出現 01 07 09 15 22 36 

2回出現 06 08 10 12 13 19 20 25 30
1回出現 04 14 17 18 21 24 28 33 35 37

ボーナスのみ出現 02 03 05 16 27 29 32 
0回出現 31



01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第184回〉 07 14 18 22 23 26 3402 32


★直近6回出現回数上位

4回 23  3回 07 26  
2回 01 08 10 11 13 20 22 34



★本数字に現在進行形で連続出現していない長さ下位

19週 16  18週 29  14週 03  13週 02  
12週 05  11週 27  10週 32  
9週 31  8週 17 35  



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第184回07 14 18 22 23 26 3402 3222
第183回06 15 20 26 33 34 3719 29110
第182回01 07 10 11 20 23 3003 372121
第181回07 08 10 13 19 23 2415 2721
第180回01 08 11 21 23 25 2805 3701
第179回04 09 12 13 22 26 3605 3312102
第178回06 09 11 15 26 34 3613 3741
第177回09 15 19 23 25 34 3602 35010
第176回01 11 12 17 22 30 3515 1620

本数字ボーナス
第175回06 17 21 31 33 35 3714 1810
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




第176回以降の傾向

23が頭ひとつ抜け出し、2位グループも増加
23が1位 出現率55.6%(5回/9回)
11 26 34が2位 出現率44.4%(4回/9回)


本数字+ボーナスの総合出現数
直球勝負で23が同率首位に!


20台が強めの「各十台あり」
「各十台あり」発生率 77.8%(7回/9回)
00・10・20台出席率 100%(9回/9回)


またり越し2個で多めに回帰
前回からり越し1個以上77.8%(7回/9回)


2回続けての下一桁同1
下一桁数字1組以上100%(9回/9回)


最近は全く出ない三連
三連続数字以上の出現率は0%(0回/9回)



第176回以降に見られる傾向
  1. 連1間0・同2「各十台あり」
    繰り越し波乱

  2. 連0間2、下一桁数字多め
    繰り越し波乱

第184回は、前回と同じ連1間0・同1で1に近い
これはこれで新たな類型なのか



■詳細解説

第176回以降の出現傾向

第146回〜第157回期で採用していた04 09 22 24 34を集計。
第184回は、久しぶりに複数当選で2234

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第184回07 14 18 22 23 26 3402 32
第183回06 15 20 26 33 34 3719 29
第182回01 07 10 11 20 23 3003 37
第181回07 08 10 13 19 23 2415 27
第180回01 08 11 21 23 25 2805 37
第179回04 09 12 13 22 26 3605 33
第178回06 09 11 15 26 34 3613 37
第177回09 15 19 23 25 34 3602 35
第176回01 11 12 17 22 30 3515 16

第176回以降で、04 09 22 24 34から
いずれかが当選する確率は、7回/9回で77.8%。

ちょっと盛り返してきた感はありますが、
やはり、あえて集計するには弱い気もします。



今回も第176回以降で上位の01 09 11 23 36で集計。
第184回は、23だけが貫録を見せつけました。

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第182回07 14 18 22 23 26 3402 32
第183回06 15 20 26 33 34 3719 29
第182回01 07 10 11 20 23 3003 37
第181回07 08 10 13 19 23 2415 27
第180回01 08 11 21 23 25 2805 37
第179回04 09 12 13 22 26 3605 33
第178回06 09 11 15 26 34 3613 37
第177回09 15 19 23 25 34 3602 35
第176回01 11 12 17 22 30 3515 16

第176回以降で、01 09 11 23 36から
いずれかが当選する確率は、8回/9回で88.9%。

前回の完全沈黙から、かろうじて復活。
しかし、直近5回中4回当選の23頼みな部分も。

他の数字にも頑張って欲しいところですが、
すでに、26 34に抜かれてしまっているので、
その都度の上位をフォローした方が無難なのか。



初期トップ4の「23 28 29 30」では、
23がトップ独走で絶好調!
第65回以前を思わせるような圧倒的な強さです。

3028は、中盤〜下位にくすぶっていますし、
29第176回以降で、いまだに本数字当選無し。
前期間から引き続いて17週長期休眠中で弱数字化。



最初期ワースト3数字の18 25 37から、
なんと、あれほど有力な削除数字だった18が当選!
現役最長タイの18週という長期休眠で、
もちろん、第176回以降は不発だったのに・・・。

ちょっとショックが大きいですが、
長期休眠明けに連続当選というケースもあるので、
一応は警戒した方が良いかもしれません。

37は前回に本数字初当選。
加えて、過去にボーナス数字3回で露出度は高い。

25は9回中2回当選で、微妙な出現率。



「直近6回での出現数」は、23が6回中4回当選に再浮上!
直近5回視点で4回、直近8回視点で5回。
第176回以降では、安定した強さを発揮しています。

6回中3回当選は、26が現状維持。
26も直近7回視点では4回と安定&好調。

そして、07が浮上して、新規加入となっています。

11が6回中2回に転落。
6回中2回当選は、11個から8個に減り、入れ換え多数。



10週以上の長期休眠数字は、7個と増えていました。
上記の様に、18週最長タイの大物だった18当選。
削除数字として有効に機能しなかったのが残念。

予備軍9週休眠の14も当選。
14は9週前に使用された同セット前回から繰り越し。
なので、ちょっと仕方がない部分もあります。

新たに32が10週以上休眠数字に仲間入り。
ボーナス数字初当選したばかりという微妙な立ち位置。



第176回以降の本数字+ボーナスの総合出現数

直球の本数字5回のみで23が同率首位に浮上!
技巧派で本数字・ボーナスのどちらも強い15が、
苦労して登り詰めた首位に追いついてしまいました。

26 34も直球だけでセカンドグループへ。

本5回&ボーナス0回で計5回23 ↑Up!
本3回&ボーナス2回で計5回15

本4回&ボーナス0回で計4回11
本4回&ボーナス0回で計4回26 ↑Up!
本4回&ボーナス0回で計4回34 ↑Up!
本1回&ボーナス3回で計4回37

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第176回〜当選数字シンプル版」



第146回〜第157回第158回〜第175回第176回以降を、
各十台で分析。ブルーグレー地=大阪抽選

181→18530台無し各十台あり各十台あり各十台あり
176→180各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり30台無し
171→17510台無し
30台無し
10台無し各十台あり00台無し各十台あり
166→17000台無し各十台あり各十台あり各十台あり10台無し
161→165各十台あり30台無し各十台あり各十台あり30台無し
156→160各十台あり各十台あり10台無し
20台無し
00台無し10台無し
151→15530台無し各十台あり各十台あり各十台あり30台無し
146→150各十台あり30台無し各十台あり各十台あり各十台あり

第176回以降は、
4回続けて「各十台あり」→2回続けて「30台無し」→
3回続けて「各十台あり」でした。

第176回以降
 各十台あり  7回/9回  77.8% 
00台無し0回/9回 0% 
10台無し0回/9回 0% 
20台無し0回/9回 0% 
30台無し2回/9回 22.2% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第158回〜第175回
 各十台あり  8回/18回  44.4% 
00台無し3回/18回 16.7% 
10台無し5回/18回 27.8% 
20台無し1回/18回 5.6% 
30台無し3回/18回 16.7% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第146回〜第157回
 各十台あり  9回/12回  75.0% 
00台無し0回/12回 0% 
10台無し0回/12回 0% 
20台無し0回/12回 0% 
30台無し3回/12回 25.0% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第146回〜第157回と非常に良く似た比率。
約4分の3となるメインが「各十台あり」で、
約4分の1となるサブが「30台無し」という図式。

とりあえず、他の「いずれかの十台無し」は考えず、
メイン「各十台あり」&サブ「30台無し」で、
予想を構成していく以外に道は無さそう。



★出現傾向

から1〜2個、
から2〜4個、
から2〜3個
から1〜2個

ぐらいと予想しましたが、

から1個、から2個、
から2個、
から2個

となりました。

想定に反して、上位が躍進したのは、
分かりやすくて嬉しい誤算と言えました。

一方で、勢力が大きかった1回出現が不発。
0回出現から、本数字2個とボーナス1個登場が、
あまり嬉しくない誤算となっています。

総じて想定とは大きな差があって、
安定したデータとして機能するには、
まだ累積が足りないという印象です。

次回の基準は、まだ不安定ですが、

から0〜1個、
から1〜2個、
から2〜3個、
から2〜3個、
から1〜2個

ぐらいと、一応は予想してみます。



★前回からの繰り越し個数 ※ブルーグレー地=大阪抽選

181→185繰2繰2三繰1繰1ボ1繰2
176→180繰2繰0ボ1繰4繰1三繰2
ボ1
繰0
171→175繰2繰1三繰1繰1四繰1
ボ1
繰0繰1
166→170繰2ボ1繰0繰2ボ1繰1ボ1繰1
161→165繰1繰1三繰1繰1ボ1繰1ボ1繰0ボ1
156→160繰2繰1三繰1繰1ボ1繰0繰0ボ1
151→155繰0ボ1繰2ボ1繰0ボ1繰1ボ1繰2ボ1
146→150繰2ボ1繰1ボ1繰1繰0三繰1繰1

第176回以降
繰0 2回/9回  22.2% 
繰1 1回/9回  11.1% 
繰23回/9回 33.3% 
繰32回/9回 22.2% 
繰41回/9回 11.1% 
 三繰 2回/9回 22.2% 
 四繰 0回/9回 0% 
 ボ繰 2回/9回 22.2% 

第158回〜第175回
繰0 5回/18回 27.8% 
繰1 7回/18回  38.9% 
繰26回/18回 33.3% 
繰30回/18回 0% 
 三繰 2回/18回 11.1% 
 四繰 1回/18回 5.6% 
 ボ繰 9回/18回 50.0% 

第146回〜第157回
繰0 2回/12回 16.7% 
繰1 5回/12回  41.7% 
繰25回/12回 41.7% 
繰30回/12回 0% 
 三繰 2回/12回 16.7% 
 四繰 0回/12回 0% 
 ボ繰 7回/12回 58.3% 


第146回〜第157回第158回〜第175回は、基本的に、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少なめ
    標準の「前回り越し1個+ボーナス繰り越し0個」が
    極端に少なく、イレギュラーが常態に近い
  2. 「前回り越し2個」が結構多い
  3. ボーナス繰り越しが異常に多い
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い

という、似たような流れで統一されていた印象。
それは第176回以降も、変わらないのではと予想。

「さもありなん」という感じのり越し2個。
むしろこれが基準と言える傾向が続いています。

次回はまたり越し個数が変わるのがパターン。
さらに多めか、それとも少なめの0個か。
はたまた過去の標準の1個に戻るのか、
だとしたらボーナス繰り越し1個のおまけが付くのか。

ちょっと予想は難しいですが、
流れ的には、さらに多めが優勢でしょうか。



続・空き・下一桁その他の特徴
第184回連1間0・同1-
第183回連1間0・同1-
第182回連1間0・同1三同1-
第181回連2間1・同1連間複合、30台無し
第180回連0間2・同1三同1三間1、30台無し、20台4つ
第179回連1間0・同2-
第178回連0間2・同0三同1-
第177回連0間2・同2-
第176回連1間0・同2-

第184回の要素は、
1組・空き0組・下一桁数字1
各十台あり

第183回の要素と完全に一致する形。

なので、第176回以降の類型である
連1間0・同2、各十台あり」路線と、
連0間2、下一桁数字多め」路線で、
前者に近いところが集中して現れています。

これで「連1間0+各十台あり」は、
第176回以降の9回中5回で55.5%の一大勢力。
狙いを定めていけば近道になるかもしれませんが、
要素が薄めで掴みどころが無いのが難点。


下一桁数字は、2回続けて同1と標準。
標準とは言っても、最近では多めが主流。

同1が伸びてきて、若干戸惑いますが、
同2三同1が復調してくる可能性も視野に入れたい。

ただ、引き続き同0が全く出ないのはありがたい。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック