FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年11月04日 (金) | 編集 |
回別第185回
抽選日2016年11月4日
本数字01 02 04 16 26 29 34
ボーナス数字(11) (12)

1等0口 該当なし 
2等6口 1841万9,400円 
3等100口 154万7,200円 
4等5,587口 1万6,200円 
5等9万6,090口 2,300円 
6等19万4,575口 1,000円 

販売実績額24億3813万1,500円 
=812万7,105口×300円 
キャリーオーバー6週累積−8億円 10億7769万9,135円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット C
抽選順序012634041629021211
球の色


■繰り越し
前回からり越し0個 三繰2個 26 34
ボーナスから1個 02
回から0個 三繰2個 26 34
(ボーナス→本数字1個 29
ット前回から2個 04 26 (第179回・セットC
(本数字→ボーナス1個 12

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間1・同2
その他の特徴連間複合
予想しやすさ★★☆☆☆ 色々とメチャクチャ

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第185回ロト7は、1等が出ず、
118千万円がキャリーオーバー!

2回続けて最高額8億円とはならず残念。
しかし、すでに累積が8億円以上あるので、
次回は1等1口なら最高額が確定済。
注目度も上がってくると思われます。



凄まじい早め使用で、異常なセット球選定。

繰り越しは、り越し2個に加え、
ボーナス繰り越し1個と、またまた派手な展開。

現役最長19週休眠だった16、続く18週休眠だった29
13週休眠だった02と、異様なまでの長期休眠数字流入。

スタンダードな攻略の逆また逆の超裏目展開。
予想の依って立つ基盤が全く無く厳しい難易度。



り越し2個=26 34が3回続けて当選。
しかも、第178回でも同時当選しているので、
直近8回中4回でペア当選率50%という超越っぷり。

2個とも第176回以降での同率首位になって、
この点では「同じ数字が繰り返し当選」を踏襲。
最近の流れに見事に乗っています。
そこまでは、とても良かったんですが・・・。

上記のように、長期休眠数字が02 16 29と3個も当選。
特に02は前回ボーナスからの繰り越しと、さらに特殊。

残りの当選数字は、01が割と上位で無難なところ。
でも、04が第176回以降わずか1回当選と中途半端。

過去実績から当選数字をたぐり寄せるのは、
一長一短で非常に難しかったと言えます。


初期トップ4視点では、絶不調だった29が久々の当選。
好調だった「23」と、他2個「28 30」は完全沈黙に。

初期ワースト3の「18 25 37」も、今回は完全沈黙。



5回「各十台あり」→2回「30台無し」→4回「各十台あり」に。

「各十台あり」が、再び5分の4まで勢力を拡大。
「いずれかの十台無し」は「30台無し」のみで5分の1。
「第66回〜第104回」&「第176回以降」パターンを継続。
この部分だけは、揺らぎが無いのはありがたい。



要素を確認。
続数字1組、空き数字1組、下一桁数字2組」
連間複合、各十台あり

3回続けて連1間0・各十台ありパターンでしたが、
連1間1・同2・各十台ありと、微妙に違ってきました。

続と空きが組み合わさった「連間複合」でもあったし、
ちょっとズレただけなのか、違う流れなのかは微妙。
その辺りも、予想の狙いが失敗した要因のひとつ。


下一桁は数字2組と多め。
第176回以降の初頭4回中3回が同2で標準でしたが、
その後の5回は成立せず、案外久しぶりです。

こちらも標準回帰か、流れが変わったか微妙な感じ。

とはいえ、本当に同0組が出ないのだけは安定。



繰り越し関連は、前回り越しがり越しのみながら、
また2個と多めになっています。
やはり最近は、2個が標準と言って良いほどの成立回数。

そして、ボーナス繰り越しが、1個と多め。
第176回以降の3分の1以上がボーナス繰り越し1個。
付かず離れず、さほど間を空けず成立が厄介。

回繰り越しも、り越しのみの2個と多め。
こちらもボーナス数字から繰り越しているのがスゴい。

ット球前回から繰り越しも、2個と多め。
こちらにも26があるのは、もはや必然なのか。



今回の使用球は、セットC
5番目に長く使用されていなかったセット球。

17巡目が残っていて、20巡目の2セット目もまだ。
なのに、5番目から新周回21巡目に突入だなんて・・・。
正直言って、かなりクレイジーなセット球運営。

いくらなんでも、やり過ぎな気はしますが、
これがセットCならではの使い方ということか。

事前に想定すると、5週間待ちぼうける可能性もあり、
相当な勇気が必要で、狙うにはハードルが高過ぎる。
なんだかんだで、今回で最も衝撃を受けました。



球の色は、2個が「緑」と「ベージュ」の2色。
かたよりは標準的な範囲。

出ていない2色が「黄色」と「水色」で、
ボーナスにも出ない完全沈黙。

なぜか「水色」は4回続けて完全沈黙と超絶不調!



★その他の情報

リハ18506 22 25 27 29 30 3221 31

第185回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間3・同1 
三間連間複合、10台無し、20台4つ 配色:セットA

なんと驚異の5数字密集型の超濃いめ!
「06」の代わりに、ボーナスの「21」か「31」が入れば、
さらにスゴいことになってしまいます。

こういうのは意外にリハーサルでは出ますが、
本抽選では来ないのが絶妙なバランス。

初期ワースト3から「25」が先週に続き登場。
初期トップ4から「29 30」と複数登場。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック