FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年11月14日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、7週キャリーオーバー中。
合間に1等最高額8億円が出たので、
累積金額は約14億1千万円。

過去の実績からすると、次回第187回の当選金額は、
1等単独当選で、最高額8億円!
加えて9億円台半ばのキャリーオーバーと予想されます。

同じ番号を2口買って、1等単独当選なら、
最高額8億円×2の16億円がほぼ確実!
久々のビッグチャンスが巡ってきました。


下記の各期間+第176回以降に分けて集計。
第176回以降のデータを元に分析・考察していきます。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」
第105回〜第119回のまとめ→「ロト7第120回予想のための真考察」
第120回〜第126回のまとめ→「ロト7第127回予想のための芯考察」
第127回〜第145回のまとめ→「ロト7第146回予想のための蜃考察」
第146回〜第157回のまとめ→「ロト7第158回予想のための信考察」
第158回〜第175回のまとめ→「ロト7第176回予想のための眞考察」


それでは第187回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第176回〜第186回の11回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

5回出現 23 26 34 
4回出現 01 11 
3回出現 07 09 15 19 22 36 

2回出現 04 06 08 10 12 13 14 16 20 25 30 33 37
1回出現 02 05 17 18 21 24 28 29 31 35

ボーナスのみ出現 03 27 32
0回出現 なし



01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第186回〉 05 14 16 19 31 33 3721 28


★直近6回出現回数上位

3回 07 23 26 34  
2回 01 10 14 16 19 20 33 37



★本数字に現在進行形で連続出現していない長さ下位

16週 03  13週 27  12週 32  10週 17 35  



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第186回05 14 16 19 31 33 3721 2811
第185回01 02 04 16 26 29 3411 1212102
第184回07 14 18 22 23 26 3402 3222
第183回06 15 20 26 33 34 3719 29110
第182回01 07 10 11 20 23 3003 372121
第181回07 08 10 13 19 23 2415 2721
第180回01 08 11 21 23 25 2805 3701
第179回04 09 12 13 22 26 3605 3312102
第178回06 09 11 15 26 34 3613 3741
第177回09 15 19 23 25 34 3602 35010
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




第176回以降の傾向

中盤以下からばかりの当選で上位に動き無し
23 26 34が1位 出現率45.5%(5回/11回)
01 11が4位 出現率36.4%(4回/11回)


本数字+ボーナスの総合出現数
初期ワースト3の37が、異例の同率首位!


かなり久しぶりの「20台無し」が珍しい
「各十台あり」発生率 72.7%(8回/11回)
00・10台出席率 100%(11回/11回)


り越し1個+ボーナス繰り越し0個も久しぶり
前回からり越し1個以上81.8%(9回/11回)


久しぶり&第176回以降初の下一桁同0
下一桁数字1組以上90.9%(10回/11回)


こちらは久しぶりとはいかない三連
三連続数字以上の出現率は0%(0回/11回)



第176回以降に見られる傾向
  1. 連1間0・同2「各十台あり」
    繰り越し波乱

  2. 連0間2、下一桁数字多め
    繰り越し波乱

第186回は、2と連0間2が一致だけど、
下一桁数字が正反対の少なめに



■詳細解説

第176回以降の出現傾向

第146回〜第157回期で採用していた04 09 22 24 34を集計。
またしても完全沈黙になってしまいました。

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第186回05 14 16 19 31 33 3721 28
第185回01 02 04 16 26 29 3411 12
第184回07 14 18 22 23 26 3402 32
第183回06 15 20 26 33 34 3719 29
第182回01 07 10 11 20 23 3003 37
第181回07 08 10 13 19 23 2415 27
第180回01 08 11 21 23 25 2805 37
第179回04 09 12 13 22 26 3605 33
第178回06 09 11 15 26 34 3613 37
第177回09 15 19 23 25 34 3602 35
第176回01 11 12 17 22 30 3515 16

第176回以降で、04 09 22 24 34から
いずれかが当選する確率は、8回/11回で72.7%。

出現回数が中盤〜下位の数字ばかりだったので、
仕方がないともいえますが、集計の意義がまた後退。



今回も第176回以降初期で上位の01 09 11 23 36で集計。
こちらでも完全沈黙に終わってしまいました・・・。

ブルーグレー地=大阪抽選
本数字ボーナス
第186回05 14 16 19 31 33 3721 28
第185回01 02 04 16 26 29 3411 12
第184回07 14 18 22 23 26 3402 32
第183回06 15 20 26 33 34 3719 29
第182回01 07 10 11 20 23 3003 37
第181回07 08 10 13 19 23 2415 27
第180回01 08 11 21 23 25 2805 37
第179回04 09 12 13 22 26 3605 33
第178回06 09 11 15 26 34 3613 37
第177回09 15 19 23 25 34 3602 35
第176回01 11 12 17 22 30 3515 16

第176回以降で、01 09 11 23 36から
いずれかが当選する確率は、9回/11回で81.8%。

尻すぼみに、勢いが低下してしまっている印象。
これまで好調だった数字が26も含めて、
全く出なかったのが、とてもよく分かります。



初期トップ4の「23 28 29 30」では、
28がボーナス数字に当選したのみ。

首位に君臨している23と比べ、
28 29はわずか1回ずつ当選と冴えない。
30も2回に留まり、今期は23以外はパッとせず。



最初期ワースト3数字の18 25 37から、
37が第183回以来の当選と、地味に密度アップ。

25 37は2回ずつ、18は1回当選で、
そんなに頻繁に出現する訳ではありませんが、
有力削除数字としては微妙に安定しない。



「直近6回での出現数」は、
23が6回中4回当選から3回に降格。
07 26 34が6回中3回で現状維持。
01が6回中3回当選から2回に降格。
一部の上位が下がっただけで、昇格はありません。

6回中2回当選は、4個から8個に倍増。
第183回〜第185回で初当選したばかりなのに、
第186回で2回目当選となった14 16 33 37 が曲者過ぎ。



10週以上の長期休眠数字は、5個まで減っていたのに、
そこから、05 31と2個も第176回以降で初当選。
これまでの蓄積データが裏目となってしまいました。

単発のイレギュラーなのか、流れが大きく変わったか、
いずれにしても厄介な第186回の当選番号でした。

そして、新たに05 31が10週以上休眠数字に仲間入り。
予備軍の8週&9週休眠が皆無なのは珍しい状況。



第176回以降の本数字+ボーナスの総合出現数

こちらでも上位の動きは無いんですが、
驚きなのは37が同率首位に浮上してきたこと。

最初期ワースト3の一角ですが、今期はボーナス多数。
本数字当選は2回ながら、ボーナスは3回当選で、
本数字5回当選のみの首位グループと肩を並べています。

本5回&ボーナス0回で計5回23
本5回&ボーナス0回で計5回26
本5回&ボーナス0回で計5回34
本4回&ボーナス1回で計5回11
本3回&ボーナス2回で計5回15
本2回&ボーナス3回で計5回37 ↑Up!

本4回&ボーナス0回で計4回01
本3回&ボーナス1回で計4回15 ↑Up!

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第176回〜当選数字シンプル版」



第146回〜第157回第158回〜第175回第176回以降を、
各十台で分析。ブルーグレー地=大阪抽選

186→19020台無し
181→18530台無し各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり
176→180各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり30台無し
171→17510台無し
30台無し
10台無し各十台あり00台無し各十台あり
166→17000台無し各十台あり各十台あり各十台あり10台無し
161→165各十台あり30台無し各十台あり各十台あり30台無し
156→160各十台あり各十台あり10台無し
20台無し
00台無し10台無し
151→15530台無し各十台あり各十台あり各十台あり30台無し
146→150各十台あり30台無し各十台あり各十台あり各十台あり

第176回以降は、
4回続けて「各十台あり」→2回続けて「30台無し」→
4回続けて「各十台あり」→「20台無し」でした。

第176回以降
 各十台あり  8回/11回  72.7% 
00台無し0回/11回 0% 
10台無し0回/11回 0% 
20台無し1回/11回 9.1% 
30台無し2回/11回 18.2% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第158回〜第175回
 各十台あり  8回/18回  44.4% 
00台無し3回/18回 16.7% 
10台無し5回/18回 27.8% 
20台無し1回/18回 5.6% 
30台無し3回/18回 16.7% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第146回〜第157回
 各十台あり  9回/12回  75.0% 
00台無し0回/12回 0% 
10台無し0回/12回 0% 
20台無し0回/12回 0% 
30台無し3回/12回 25.0% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

「各十台あり」:「30台無し」が、3〜4:1で推移は、
第146回〜第157回と共通点があった第176回以降

しかし、いきなり「20台無し」は青天の霹靂。
20台無し」は最小勢力で、過去実績も極端に少ない。

成立したのは第158回以来で「10台無し」と同時発生。
単発の「20台無し」は第141回以来とさらに前。

事前に想定するには、あまりにも危険なので、
キャリーオーバーで累積金額が増えたのを吉とすべきか。

今後の展開がどうなるかにも注目。
今回が単発のイレギュラーで終われば、
「各十台あり」メイン&「30台無し」サブに戻るかも。

そうでなければ、ちょっと五里霧中で想定が難しい。



★出現傾向

から1〜2個、
から1〜2個、
から2〜3個、
から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいと予想しましたが、

から1個、
から4個、
から1個、から1個

となりました。

前例が無いぐらいに、下位からにかたより過ぎ。
過去1回の弱数字から4個は全く異様。
初当選が2個もありえないぐらいの結果。

本当に、1回だけのイレギュラーなのか、
流れが変わっていくのかで、大違いという印象。

次回の基準は、まだ不安定ですが、

から0〜1個、
から1〜2個、
から3〜4個、
から2〜3個、
から0〜1個

ぐらいと、一応は予想してみます。



★前回からの繰り越し個数 ※ブルーグレー地=大阪抽選

186→190繰1
181→185繰2繰2三繰1繰1ボ1繰2繰0三繰2
ボ1
176→180繰2繰0ボ1繰4繰1三繰2
ボ1
繰0
171→175繰2繰1三繰1繰1四繰1
ボ1
繰0繰1
166→170繰2ボ1繰0繰2ボ1繰1ボ1繰1
161→165繰1繰1三繰1繰1ボ1繰1ボ1繰0ボ1
156→160繰2繰1三繰1繰1ボ1繰0繰0ボ1
151→155繰0ボ1繰2ボ1繰0ボ1繰1ボ1繰2ボ1
146→150繰2ボ1繰1ボ1繰1繰0三繰1繰1

第176回以降
繰0 2回/11回  18.2% 
繰1 2回/11回  18.2% 
繰24回/11回 36.4% 
繰32回/11回 18.2% 
繰41回/11回 9.1% 
 三繰 3回/11回 27.3% 
 四繰 0回/11回 0% 
 ボ繰 4回/11回 36.4% 

第158回〜第175回
繰0 5回/18回 27.8% 
繰1 7回/18回  38.9% 
繰26回/18回 33.3% 
繰30回/18回 0% 
 三繰 2回/18回 11.1% 
 四繰 1回/18回 5.6% 
 ボ繰 9回/18回 50.0% 

第146回〜第157回
繰0 2回/12回 16.7% 
繰1 5回/12回  41.7% 
繰25回/12回 41.7% 
繰30回/12回 0% 
 三繰 2回/12回 16.7% 
 四繰 0回/12回 0% 
 ボ繰 7回/12回 58.3% 


第146回〜第157回第158回〜第175回は、基本的に、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少なめ
    標準の「前回り越し1個+ボーナス繰り越し0個」が
    極端に少なく、イレギュラーが常態に近い
  2. 「前回り越し2個」が結構多い
  3. ボーナス繰り越しが異常に多い
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い

という、似たような流れで統一されていた印象。
それは第176回以降も、変わらないのではと予想。

しかし、ここで前回り越し1個+ボーナス繰り越し0個。
「いわゆる標準」は第175回以来で、第176回以降で初めて。
これまた逆に番狂わせで、全体的にイレギュラー感。

単発のイレギュラーで、次回は元の強数字勢に戻るなら、
り越しが少なめ〜標準になるという考え方も可能。

もし、り越し多め派手めが復活するのなら、
逆に第186回で出た弱数字が躍進する可能性も。



続・空き・下一桁その他の特徴
第186回連0間2・同020台無し
第185回連1間1・同2連間複合
第184回連1間0・同1-
第183回連1間0・同1-
第182回連1間0・同1三同1-
第181回連2間1・同1連間複合、30台無し
第180回連0間2・同1三同1三間1、30台無し、20台4つ
第179回連1間0・同2-
第178回連0間2・同0三同1-
第177回連0間2・同2-
第176回連1間0・同2-

第186回の要素は、
0組・空き2組・下一桁数字0
20台無し

第176回以降の類型は2種類で、
連1間0・同2、各十台あり」路線と、
連0間2、下一桁数字多め」路線。

前者に近いところが集中していましたが、
第186回は、後者に近い結果になりました。

連0間2部分は合致したものの、
他の部分は噛み合わず、類型という感じがしない。
ここでもイレギュラーor 流れが変わったか。

連1間0・同2、各十台あり」路線に戻ってくれれば、
その方が対応しやすいのではと思います。


下一桁数字は、同0組。
またも、久々&第176回以降初&イレギュラー・・・。

遂に成立してしまった同0がショック。
もうこれ以上は出ないで欲しいのが本音。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック