FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年12月16日 (金) | 編集 |
回別第191回
抽選日2016年12月16日
本数字08 15 21 24 26 27 29
ボーナス数字(07) (30)

1等0口 該当なし 
2等4口 2020万2,500円 
3等94口 120万3,500円 
4等4,653口 1万4,200円 
5等7万6,562口 2,100円 
6等13万7,587口 1,000円 

販売実績額17億8276万8,600円 
=594万2,562口×300円 
キャリーオーバー1週累積 2億4386万7,070円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット J
抽選順序212426152908273007
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 21
ボーナスから1個 08
回から1個 08
ット前回から2個 08 24 (第181回・セットJ
(本数字→ボーナス1個 07
(ボーナス→本数字2個 15 27

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間2・同0
その他の特徴間連間複合、30台無し、20台5つ
予想しやすさ★☆☆☆☆ 20台5個は無理

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第191回ロト7は、1等が出ず、
24千万円がキャリーオーバー!

億万長者が誕生せず残念でしたが、
かなり難易度の高い当選番号だったので、
キャリーオーバー発生を吉とする状況。

年末に向けて、累積金額が貯まったのは朗報。
次回5億円級が期待できるのは嬉しい限り。



大阪抽選含め、4回続けて「各十台あり」から、
「30台無し」で、しかも「20台5つ」が破格。

一応、確率的には5回中4回が「各十台あり」で、
1回が「いずれかの十台無し」というパターンに合致。

ロト7史上で「いずれかの十台5つ」は4回目。
第165回「10台5つ」以来の成立で、
「20台5つ」自体は、なんと第4回以来の2回目!

とても待ち伏せできる確率ではなく、
1等該当無しでキャリーオーバーはひとまず納得。



第176回以降で6回出現の単独2位だった26が当選。
首位に並んだのは、ある意味では順当なんですが、
「20台5つ」のせいで、今一つありがたみに欠けます。

4回出現の6位グループから15
3回出現の中盤グループから08が。

最大派閥だった2回出現の中盤下からは24と、
前回り越しとなった21が登場となっています。

わずか1回しか当選していなかったのが29
初期トップ4の「23 28 29 30」から、唯一の当選。
それにしても、あまりにも勢いが無さ過ぎる。

一方で、初期ワースト3の「18 25 37」からは、完全沈黙。

そして、17週休眠中だった27が、第176回以降で初当選。

上位から下位までバランス良く分散してはいますが、
やはり下位グループ&弱数字の存在感が強過ぎる印象。
当選数字視点でも、難易度が相当に高かったと言えます。



要素を確認。
続数字1組、空き数字2組、下一桁数字0組」
間連間複合、30台無し、20台5つ

最近にしては珍しい派手な濃いめで、
空き+続+空きが連結した
4数字密集型の「間連間複合」が凄まじい。

これも事前想定の待ち伏せは無謀の領域。
もちろん、これだけの要素濃いめだと、
薄め中心の第176回以降の類型には当てはまらない。

キャリーオーバーという仕組みの存在で、
今回は貯金回ということに出来るのは本当にラッキー。


下一桁は数字0組と少なめ。
20台以外が2個しかないわけですから、
数字成立の確率が下がるのは分かりますが、
それにしたって見事なまでの避けっぷり。

大阪抽選を挟んで4回続けての同2組だったのに、
第176回以降の16回で、わずか2回目の同0組。
この点でも少数派をひた走っています。



繰り越し関連は、前回り越しが1個と標準的。

ボーナス繰り越しが1個と多め。
でも、最近はボーナス繰り越しも多いので、
「準標準的」とも言え、唐突ではありません。

「いわゆる標準」のり越し1個+ボーナス繰り越し0個は、
前回の第190回に成立しましたが、連続とはならず。

回繰り越しは、1個と標準的。
これがボーナス繰り越しと同じ08

つまり08は、第189回が本数字当選→
第190回がボーナス→第191回が本数字と推移。

ットから繰り越しは、2個と多め。
こちらにも08が含まれていて驚き。

さらに、同ット前回のボーナスから、2個も本数字当選。
本数字→ボーナスも1個と、強烈に数字が被っています。
このハチャメチャっぷりが、今回の大波乱に似つかわしい。



今回の使用球は、セットJ
1番目に長く使用されていなかったセット球。

派手ではないけど、様々な条件が揃っていて、
他に有力な特徴を持つ目立った候補も無かった状態。
今回はサラッと使われそうな流れだったので順当。



球の色は、3個が「ベージュ」の1色。
かたよりとしては大きくないけど珍しい形。
特に抽選順で3個続けて「ベージュ」がインパクトあり。

「黄色」がボーナス数字にのみ登場。
「紫」がボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ19101 04 20 25 28 35 3613 15

第191回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間0・同1 10台無し 配色:セットA

要素的には本抽選より普通に思えますが、
実は色々な点で結構特殊な出目です。

なんと「黄色」「水色」「ベージュ」と3色も完全沈黙。
明るい色が「赤」だけで、物凄くどんより。

前回のリハ190から「01 25 28 36」と、
4個が再登場となっているのも案外スゴい。

なので、初期トップ4の「28」と、初期ワースト3の「25」は、
2回続けてリハーサルで一緒に出現ということに。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック