FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年12月18日 (日) | 編集 |
ロト7セット球を個別に攻略するコーナー。
今週すぐには役立たないけど、おおよそ10週間後に、
また同じセット球が使用球になるかというときに重要。

今回は、セットJの20周後を徹底分析です。
 ↓

■数字の登場回数
※大阪抽選はカウントしていません。
(下線は最新使用回の当選数字)

7回出現 37  
6回出現 12 13 30
5回出現 02 07 08 29 35  
4回出現 09 14 17 18 19 21 24 28 

3回出現 04 06 10 15 16 20 22 27
2回出現 01 05 11 23 26 33 34 36
1回出現 03 25 31 32

ボーナスのみ出現、0回出現 なし


01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30




ロト7の傾向は、
第65回以前第66回〜第104回
第105回〜第119回第120回〜第126回
第127回〜第145回第146回〜第157回
第158回〜第175回第176回以降
で、分かれると仮定。

そして、
第65回以前第105回〜第119回
第127回〜第145回第158回〜第175回
第66回〜第104回第120回〜第126回
第146回〜第157回第176回以降
なのではというのが、ひとつの推測。



青緑ライン 第157回以前と第158回以降の境界線
第126回以前と第127回以降の境界線
第104回以前と第105回以降の境界線
 
赤茶ライン 第175回以前と第176回以降の境界線
第145回以前と第146回以降の境界線
第119回以前と第120回以降の境界線
第65回以前と第66回以降の境界線

セットJは、実質的に「大阪抽選」がセット球の使用1回分×2として、
カウントされていると考えられます。
ブルーグレー地=大阪抽選


本数字 ボーナス 接続
第191回 08 15 21 24 26 27 29 07 30 22 I
第181回 07 08 10 13 19 23 24 15 27 0 D
第176回 01 11 12 17 22 30 35 15 16 1 H
 
第166回 14 20 27 29 30 31 37 23 34 01 H
 
第155回 02 09 13 18 22 24 26 10 37 01 H
 
第145回 10 12 18 28 29 30 35 04 19 21 H
第142回 06 12 14 18 21 27 28 01 33 1 B
第131回 03 04 12 17 32 34 36 23 31 1 B
 
第121回 02 04 13 16 21 30 37 19 29 1 C
 
第111回 07 08 09 24 28 30 33 01 34 01 H(B)
 
第100回 01 02 11 16 25 35 36 09 14 012 C
第90回 02 08 09 13 14 18 37 11 25 21 F
第79回 02 04 07 09 21 29 37 06 36 2 C
第69回 13 17 20 22 28 29 37 11 12 2 C
 
第57回 05 06 12 16 17 20 33 08 32 01 A
第46回 02 05 06 15 23 27 30 04 35 2 A
第37回 07 08 10 13 14 19 37 29 33 21 E
第28回 06 07 12 15 19 35 37 01 11 31 B
第17回 02 03 05 22 34 36 37 07 15 - D
第6回 05 15 19 23 30 34 35 06 25 - I
水色=同ット前回から繰り越し、=同セット三巡繰り越し以上、接続=前の週に使用されたセット、
=大阪同ット前回から繰り越し



■各十台の出現
00台 10台 20台 30台
累計 30個 39個 31個 26個
平均 1.67個 2.17個 1.72個 1.44個


■連続数字など/難易度
続・空き 下一桁 その他の特徴 1等
第191回 連1間2 同0 間連間複合、
30台無し、20台5つ
★1 0口
第181回 連2間1 同1 連間複合、30台無し ★3 0口
第176回 連1間0 同2 特になし ★4 0口
 
第166回 連0三連1間1 同2 三連間複合、00台無し ★2 0口
 
第155回 連0間2 同1 三間1、30台無し ★3 1口
 
第145回 連0三連1間1 同2 00台無し ★3 0口
第142回 連1間1 同1 30台無し ★4 0口
第131回 連1間2 同2 三間1、20台無し ★2 0口
 
第121回 連0間1 同0 特になし ★2 1口
 
第111回 連0三連1間1 同1 10台無し ★4 1口
 
第100回 連2間0 同3 特になし ★4 0口
第90回 連2間0 同1 20台無し ★1 1口
第79回 連0間2 同2 10台無し、00台4つ ★3 0口
第69回 連1間1 同1 00台無し、20台4つ ★2 1口
 
第57回 連2間0 同1 特になし ★2 0口
第46回 連1間0 同1 暦内 ★4 1口
第37回 連2間1 同1 連間複合、20台無し、10台4つ ★2 1口
第28回 連1間1 同2 20台無し ★2 1口
第17回 連2間2 同1 連間複合2、10台無し ★1 0口
第6回 連1間0 同0三同1 特になし ★4 0口
易=このブログ独自判定の当てやすさ、難★1←→★5易


■繰り越し
前回り越し ボーナスから 回から ット前回
第191回 1個・21 1個・08 1個・08 2個・08 24
第181回 2個・08 23 0 1個・13 0
第176回 2個・17 35 0 0 1個・30
 
第166回 2個・14 27 1個・20 2個・20 31 0
 
第155回 2個・02 24 1個・13 1個・09 1個・18
 
第145回 1個・18 0 2個・28 29 3個・12 18 28
第142回 1個・18 1個・21 1個・12 1個・12
第131回 1個・32 0 0 1個・04
 
第121回 3個・02 16 37 0 0 1個・30
 
第111回 0
四1個・30
0 1個・24
四1個・30
0
 
第100回 1個・35 1個・11 2個・11 25 1個・02
第90回 0 0 1個・14 3個・02 09 37
第79回 0 1個・07 0 2個・29 37
第69回 1個・13 0 1個・17 2個・17 20
 
第57回 0 0 2個・12 17 0
第46回 1個・02
三繰1個 27
0個 2個・06 15
三繰1個 27
2個・02 05
第37回 1個・10 1個・37 1個・19 3個・07 19 37
第28回 0 0 0 3個・15 19 35
第17回 1個・05 1個・34 1個・02 -
第6回 1個・05 0 1個・23 -


■球の色(抽選順)
本数字 ボーナス
第191回              
第181回              
第176回              
 
第166回              
 
第155回              
 
第145回              
第142回              
第131回              
 
第121回              
 
第111回              
 
第100回              
第90回              
第79回              
 
第69回              
第57回              
第46回              
第37回              
第28回              
第17回              
第6回              

■セットJの球の配色
セットJ
01
08
15
22
29
36
02
09
16
23
30
37
03
10
17
24
31
 
04
11
18
25
32
 
05
12
19
26
33
 
06
13
20
27
34
 
07
14
21
28
35
 



■傾向
過去に大阪抽選での使用が2回あり、
どちらもセットJの1回分とカウントされた模様。

同じ周回の他のセット球に比べ、
実質的に東京抽選が2回少なくなっています。



最初期ワースト3のひとつ37が最強という珍しいセット球。
近頃は勢いが落ちていましたが、16巡目でボーナス数字、
17巡目で本数字復活するも、それ以降は不発。

「37」自体、第65回以前ロト7全体で最弱なのに、
東京セットJでは、4巡中2巡の50%と強数字。
おまけに、大阪セットJでも、2巡中1巡の50%!

第66回〜第104回は、ロト7全体では中堅でしたが、
セットJでは、4巡中3巡の75%とさらにパワーアップ!

それ以降は、第120回〜第126回に1回、
第158回〜第175回の17巡目で、ようやく1回のみ。

9巡目までは6巡当選で、3分の2で出現の66.7%と驚異的!
しかし、20巡目までで8巡当選40.0%とダウン。
2位に差を詰められつつありますが、一応は単独首位を維持。



最初期ワースト3からは、18もなかなか健闘。
14〜16巡目で3巡連続当選で絶好調でした。
他のセット球での弱数字が活躍し、かなり個性的。

しかし、残りの「25」は1回のみ出現で、ある意味順当。



同率2位には、6回当選で3つの数字が並びます。

13は、6回中5回が第66回〜第104回系で当選と特徴的!

第127回〜第145回では、12が同セット三巡繰り越しを達成。
短期間で同じ数字が繰り返し登場することもしばしば。

初期トップ4の30は、流れに関係なく頻出。



類似の当選番号が、たまに発生しています。

第121回 02 04 13 16 21 30 37 (19 29)
第79回 02 04 07 09 21 29 37 (06 36)

各十台比率はだいぶ違いますが、本数字4個が一致。
第66回〜第104回第120回〜第126回説有利。

それとは別の類似番号として、

第90回 02 08 09 13 14 18 37 (11 25)
第37回 07 08 10 13 14 19 37 (29 33)

というのもあるので、
第65回以前第66回〜第104回!?
この辺は、最強37もあるし、各期間の差が曖昧。

ちなみに、上記からセットJ最強の組み合わせを抽出すると、

02 04 08 13 14 21 37

16巡目では02 1337当選、
17巡目は14 37、20巡目は08 21当選で、まあまあ。


第127回〜第145回は、独自に一部で共通点がありました。
14巡目と15巡目は、構成数字が意外に近く、
大躍進の同セット三巡繰り越し12を含む同ット繰り越し3個。

第145回 10 12 18 28 29 30 35 (04 19)
第142回 06 12 14 18 21 27 28 (01 33)

17巡目は、7巡目と3数字共通で、
「00台無し」と雰囲気も似ています。

第166回 14 20 27 29 30 31 37 (23 34)
第69回 13 17 20 22 28 29 37 (11 12)

18巡目は、15巡目と3数字共通でした。
第176回 01 11 12 17 22 30 35 (15 16)
第145回 10 12 18 28 29 30 35 (04 19)

19巡目は、なんと4巡目と5数字共通!
「連間複合」含む先頭の4数字が完全一致!
第181回 07 08 10 13 19 23 24 (15 27)
第37回 07 08 10 13 14 19 37 (29 33)



繰り返し登場するコンビとしては、
14 37」と「29 37」と「08 13」が挙げられます。

37は長く不動の首位なので納得ですが、
14は4回、29は5回出現のうち、3回ずつ37と同時当選。
でも、14 29 37の3個同時当選は17巡目が初めて。

08 13」は上記の共通点の多い組み合わせで、
4巡目・第37回を軸とする9巡目・第90回と、
19巡目・第181回で、核となる役割。



13〜17巡目まで本数字初当選ラッシュ。
それで本数字未当選数字が消滅しました。

しかし、その後は1回出現から当選ラッシュ開幕。
18巡目では「01 11」と2個当選し、
19巡目は「23」が、最新20巡目は「26」当選。

最下層からの登場が途切れないでいて、
まんべんなく出る傾向に感じられます。



以前は、20台が弱く「20台無し」を連発していました。

第65回以前は10台が安定して強く、20台が弱かった。

第66回〜第104回第65回以前と共通点もありますが、
各十台の勢力がバラバラ。

第105回〜第119回は「10台無し」の20台2個で、
どちらかというと、第66回〜第104回に近い。

第120回〜第126回は「各十台あり」ながら20台1個。

第127回〜第145回は、13巡目が「20台無し」で王道復活。
でも、14巡目が20台3個の「30台無し」と大逆転!
15巡目が20台2個の「00台無し」となりました。

第146回〜第157回は、16巡目が14巡目と同じで、
20台3個の「30台無し」が興味深い。

第158回〜第175回は、17巡目が20台3個の「00台無し」で躍進。

第176回以降は、18巡目が20台1個で「各十台あり」に。
19巡目が20台2個の「30台無し」と微妙。
そして、最新20巡目は20台5個の「30台無し」で驚き!

「いずれかの十台5つ」はロト7全体で通算4回目。
そのうち「20台5つ」は通算2回目でした。

13〜17巡目5巡連続で「いずれかの十台無し」はスゴい。
1巡置いて、19・20巡目2巡連続で継続。
東京18巡中13巡で72.2%で成立しているのは、
他のセット球と比べると驚異的なレベル。


「いずれかの十台から3個以上」に当てはまらないのは、
第105回〜第119回の10巡目・第100回と、
第120回〜第126回の12巡目・第121回の2巡のみ。



要素は、続数字や空き数字の2箇所分散型が主流。

第65回以前・第37回で唯一の「連間複合」成立。
第105回〜第119回・第111回でセットJ初の三連続数字。
第127回〜第145回・13巡目の第131回でセットJ初の「三間」に。
15巡目では久しぶり二度目の三連続数字。

第158回〜第175回・17巡目では、また三連続数字+空き。
しかし、2箇所分散型とはならず、4数字密集型が1箇所。
ただ、流れ的には近いのではないかと思われます。

第65回以前第105回〜第119回第127回〜第145回で、
2箇所分散型の一方に、3数字密集型が出現していますが、
上記のように種類が豊富なのは面白い傾向。


第66回〜第104回も、見事に4巡とも2箇所分散型。
そして、3数字密集型が発生していないのも共通点。

第176回以降の19巡目・第181回は、
上記のように、第65回以前の4巡目・第37回と異常な共通点。

07 08 10の「連間複合」で3数字密集型を含む2箇所分散型、
連2間1・同1が完全一致で、いずれかの十台無し。

最新20巡目・第191回は、珍しい「間連間複合」でした。
4数字密集型が1箇所で、27 29が絡んでいるのは、
17巡目・第166回との共通点なのが興味深い。
ひょっとして流れが変わった可能性もあります。


1巡目・第6回、12巡目・第121回、18巡目・第176回が、
例外となる要素1箇所薄めに終わっています。

16巡目・第155回が、要素1箇所だけど3数字密集型。
上記4巡に17・20巡目を加えた6巡以外の東京12巡は、
要素2箇所分散型なので、意識して狙えるかも。



以前は続数字2組の比率が異様に高かった。
第66回〜第104回ロト7全体でも連2間0系が頻発パターン。
セットJでは第65回以前でも多かったのが特徴。

特に度々発生していたのが、
「00台2個以上で続数字、10台3個以上で続数字、合計連2
これが東京抽選で過去に3巡ありました。

東京18巡中8巡も、00台で続または三連続が出現。
そして、そのうち4巡で「20台無し」&3巡で37当選という共通点。
13巡目も、00台で続&「20台無し」で、なかなか。
19巡目は、00台で続&10台3個&合計連2は及第点。

ただ最近は、部分的に成立することはあっても、
00台続&「20台無し」&37は、ピタリ合っていないのが残念。



繰り越しは、イレギュラーが結構あります。

前回り越し1個が基準なのに対して、
第65回以前第66回〜第104回0個が4巡と少なめ傾向。

り越し2個以上は、12巡目の繰3個が最多。
16〜19巡目は4巡続けて繰2個だったのはスゴい。

一応の主流はり越し1個で多いんですが、
意外にボーナス繰り越しが絡んだりしてクセがあります。
最新20巡目も、り越し1個+ボーナス繰り越し1個。

ボーナス繰り越しは0個が基準なのに対して、
東京18巡中7巡で、1個は結構多いのが不思議。

一時期ロト7全体を席捲していたボーナス繰り越し1個。
14・16・17・20巡目とロト7全体に呼応している感は納得ですが、
全期間で見ても結構な比率なので注意が必要。

回繰り越しは、平均するとおおむね基準の1個。
ただ、0〜2個の間で激しく変動するので予測困難。

ット球繰り越しは1個が基準なのに、2〜3個が明らかに多い。
しかも、37の含有率が異様に高く「20台無し」時に3個。
ひとつのパターンとして狙えるぐらいの共通点があります。

第65回以前で1回、第66回〜第104回で2回、
第127回〜第145回で2回と、三巡繰り越しが5回も発生!
同じ数字の繰り返し当選を狙えればチャンス。

そして、前回セット球のボーナス数字から、
本数字に繰り越すことが多いのも特徴。

最新20巡目は、ット球繰り越しは2個に加え、
同セット球の前回ボーナス2個とも繰り越しで大爆発回!



球の色は、13巡目で「黄色」の皆勤賞が途絶え、
続けて14巡目も不発でしたが、15〜19巡目は復活。
しかし、最新20巡目でまたもや不発となってしまいました。

大阪抽選2巡を含めて12回連続で登場していましたが、
「黄色」の出現数首位37の失速が影響か。

「ベージュ」も大阪含め20巡中17巡当選とハイレベル。

「緑」は大阪2回には出ていないけど、
東京18巡中15巡登場と、なかなか良い成績。
ですが、16巡目ではボーナスにも出ない完全沈黙。



面白いのは「紫」で、
第65回以前は大阪2巡を含む7巡で未当選だったのに、
第66回〜第104回は3巡中3巡登場の皆勤賞。
第105回〜第119回は1巡中0巡。
第120回〜第126回は1巡中1巡。

ここまでは見事に、
第65回以前第105回〜第119回・出現
第66回〜第104回第120回〜第126回・沈黙

しかし、第127回〜第145回の13〜15巡目で「紫」が当選。
第146回〜第157回の16巡目も登場と好調。

でも、第158回〜第175回の17巡目では完全沈黙!
第176回以降は、18巡目で一旦1個当選となり、
19巡目・最新20巡目は、2巡続けて完全沈黙に!



一方で「紺」と「赤」は、ちょうど紫とは逆で、
第65回以前第105回〜第119回・出現
第66回〜第104回第120回〜第126回・沈黙

第127回〜第145回では、3巡とも「紺」が出現。
「赤」は14巡目以外の2巡登場で、パターンを維持。

第146回〜第157回は「紺」と「赤」ともに当選。
第158回〜第175回の17巡目で「赤」が当選&「紺」不発。
第176回以降の直近3巡で、両方とも当選で一致。



ちなみに、それなりの頻度で、球の色と抽選順序が、
近接の巡で、多数一致することがあります。

9巡目と10巡目では、1・4・5個目の色が一致して、
6個目と7個目が互い違いになっています。

16巡目と17巡目では、1・2・4・5個目とボーナス1個目が一致。

面白いのは直近3巡の18〜20巡目で、
18巡目と20巡目で、1〜4・6個目の色が一致。
そして19巡目は、18・20巡目で一致した1〜4個目の色が、
1個ずつズレているという不思議なハーモニー。



■次回以降の展望

★共通項として、
続と空きなどの要素2箇所分散、
 り越し0〜1個、ボーナス繰り越し1個警戒」

第158回〜第175回第176回以降の流れなら、
「20台3個以上の絡みで4数字密集型の濃いめ、
 いずれかの十台無し」

第65回以前第105回〜第119回
 第127回〜第145回第176回以降の流れなら、
「00台2個以上で続数字、10台3個以上で続数字、合計連2
 または、00台2個以上で続数字を含み、片方の要素は3数字密集型、
 20台は0〜1個、30台は高確率で37を含む」

第66回〜第104回第120回〜第126回の流れなら、
「高確率で02、20台&30台安定(高確率で37が1個)
 いずれかの十台無し、
 オプション:いずれかの十台4つで、その中に要素2箇所分散」

と分析。

18巡目は、どれにも当てはまらない感じ。
細分化は進んでも「いずれかの十台無し」は多い。

ット球繰り越しは、ちょっと読めない状況。
大漁の20台から発生してもおかしくない。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック