FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年12月26日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、2週キャリーオーバー中。

累積金額は約5億2千万円。
過去の実績からすると、次回第193回の当選金額は、
1等単独当選で、最高額8億円!
加えて数千万円のキャリーオーバーと予想されます。

今年最後のロト7にふさわしい最高額8億円のチャンス!
これを当てたら、良い年を迎えられること間違いなし!


下記の各期間+第176回以降に分けて集計。
第176回以降のデータを元に分析・考察していきます。

ただし、第191回以降で流れが変わった可能性もあるので、
第158回〜第175回辺りを意識するのも戦略のひとつかも。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」
第105回〜第119回のまとめ→「ロト7第120回予想のための真考察」
第120回〜第126回のまとめ→「ロト7第127回予想のための芯考察」
第127回〜第145回のまとめ→「ロト7第146回予想のための蜃考察」
第146回〜第157回のまとめ→「ロト7第158回予想のための信考察」
第158回〜第175回のまとめ→「ロト7第176回予想のための眞考察」


それでは第193回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第176回〜第192回の17回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

7回出現 23 26  
6回出現 34
5回出現 11 15 19 36 
4回出現 01 06 07 08 10 12 25 33

3回出現 04 09 13 14 18 21 22 24 30

2回出現 02 16 20 29 31 35 37
1回出現 03 05 17 27 28 32

ボーナスのみ出現/0回出現 なし



01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第192回〉 12 13 14 19 25 33 3403 22


★直近6回出現回数上位

2回 06 08 10 12 15 18 19 21 23 24 25 26 33 36



★本数字に現在進行形で連続出現していない長さ下位

16週 17  13週 09  12週 28  
9週 20  8週 22  

東京抽選でのみ現在進行形で連続出現していない長さ下位
22回 03  15回 35  



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第192回12 13 14 19 25 33 3403 2202
第191回08 15 21 24 26 27 2907 30111
第190回02 11 12 18 21 33 3608 3410
第189回03 07 08 10 18 23 3501 19012
第188回06 15 19 25 26 30 3114 18122
第187回04 06 10 23 24 32 3615 3101
第186回05 14 16 19 31 33 3721 2811
第185回01 02 04 16 26 29 3411 1212102
第184回07 14 18 22 23 26 3402 3222
第183回06 15 20 26 33 34 3719 29110
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




第176回以降の傾向

上位の動きは単独3位に34が浮上
23 26が1位 出現率41.2%(7回/17回)
34が3位 出現率35.3%(6回/17回)


本数字+ボーナスの総合出現数
同率2位に1934が躍進


かたよりが続いて「00台無し、10台4つ」
「各十台あり」発生率 70.6%(12回/17回)
10台出席率 100%(17回/17回)


多くなってきたり越し0
前回からり越し1個以上70.6%(12回/17回)


こちらは復調を思わせる下一桁同2
下一桁数字1組以上88.2%(15回/17回)


第176回以降初で、久しぶりに成立した三連
三連続数字以上の出現率は5.9%(1回/17回)



第176回以降に見られる傾向
  1. 連1間0・同2「各十台あり」
    繰り越し波乱

  2. 連0間2、下一桁数字多め
    繰り越し波乱

第192回は、第191回に続いて、
類型に当てはまらない完全イレギュラー



■詳細解説

第176回以降の出現傾向

初期トップ4の「23 28 29 30」からは、完全沈黙に。

29が復活の気配もありましたが、爆発力は無い感じ。
23は好調でしたが、ちょっと足踏み状態。
30は可も無く不可も無くで目立たず。

深刻なのが28で、かつての栄光はどこへやら、
12週の長期休眠を継続中で凋落の一途。
でも、もし流れが変わったとするなら復活の目もあるか。



最初期ワースト3数字の18 25 37から、
25が当選となり、4回出現と侮れないポジションに。
そんなに続けざまには出ませんが、
逆に注意が逸れた頃合いぐらいの当選が嫌らしい。

3数字とも直近10回で2回ずつ当選しているので、
もはや優先削除数字候補の弱数字ではありません。



「直近6回での出現数」は、6回中3回以上が引き続き無し。

7回前にも14 19 33が同時に当選していたので、
1933が直近7回中換算では3回になるのに・・・。

同じ数字が繰り返し当選する流れが途切れたばかりか、
不自然なほど短期に集中当選する数字が不在の異常事態に。

6回中2回当選は、13個から14個に増加。
強くも弱くもない数字が、ここまで増えたのは異様。



10週以上の長期休眠数字は、継続して4個と少数でした。
そこから10週休眠に入ったばかりの13が当選。
またしても有力削除候補としては失敗に終わりました。

しかし、今回は新たに10週休眠入りする数字が無く、
3個にまで減少したので、さらに出現可能性が低下したはず。

予備軍8週休眠に、ボーナス当選だった22が加入。



第176回以降の本数字+ボーナスの総合出現数

3419が同率2位に上がりました。
なんだかんだ言っても、本数字出現数上位が強い。
少数精鋭で絞られてきた形になってきました。

本5回&ボーナス3回で計8回15

本7回&ボーナス0回で計7回23
本7回&ボーナス0回で計7回26
本6回&ボーナス1回で計7回34 ↑Up!
本5回&ボーナス2回で計7回19 ↑Up!

本6回&ボーナス0回で計6回26
本5回&ボーナス1回で計6回11

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第176回〜当選数字シンプル版」



第146回〜第157回第158回〜第175回第176回以降を、
各十台で分析。ブルーグレー地=大阪抽選

191→19530台無し00台無し
186→19020台無し各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり
181→18530台無し各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり
176→180各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり30台無し
171→17510台無し
30台無し
10台無し各十台あり00台無し各十台あり
166→17000台無し各十台あり各十台あり各十台あり10台無し
161→165各十台あり30台無し各十台あり各十台あり30台無し
156→160各十台あり各十台あり10台無し
20台無し
00台無し10台無し
151→15530台無し各十台あり各十台あり各十台あり30台無し
146→150各十台あり30台無し各十台あり各十台あり各十台あり

第176回以降は、
4回続けて「各十台あり」→2回続けて「30台無し」→
4回続けて「各十台あり」→「20台無し」→
4回続けて「各十台あり」→「30台無し」→「00台無し」でした。

第176回以降
 各十台あり  12回/17回  70.6% 
00台無し1回/17回 5.9% 
10台無し0回/17回 0% 
20台無し1回/17回 5.9% 
30台無し3回/17回 17.6% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第158回〜第175回
 各十台あり  8回/18回  44.4% 
00台無し3回/18回 16.7% 
10台無し5回/18回 27.8% 
20台無し1回/18回 5.6% 
30台無し3回/18回 16.7% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第146回〜第157回
 各十台あり  9回/12回  75.0% 
00台無し0回/12回 0% 
10台無し0回/12回 0% 
20台無し0回/12回 0% 
30台無し3回/12回 25.0% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

いきなり第176回以降で初の「00台無し」が唐突な印象で、
第191回以降で流れが変わったかもと考えさせる要因。

これまでは、4回続けて「各十台あり」で80%に加え、
1回の「いずれかの十台無し」で20%の比率を、
完璧に維持していたのが崩れる結果に。

比率からすれば「各十台あり」に戻ると想定するのが無難。
でも、かたよりが強く出る流れに切り替わったのなら、
さらなる「いずれかの十台無し」が続くかもしれません。

第65回以前系統だとしたら、
10台無し」と、それに次いで「30台無し」が有力なはず。



★出現傾向

から0〜1個、
から1〜3個、
から1〜3個、
から1〜2個、
から1〜2個

ぐらいと予想しましたが、

から1個、から1個、
から3個、
から2個

となりました。

最上位からの当選が無いのは残念でしたが、
最下位グループからも出なかったのは幸い。

中盤に固まってしまった節はあるにしても、
想定の範囲から大きく外れず波乱は無し。

次回の基準は、

から1〜2個、
から1〜2個、
から2〜3個、
から1〜2個、
から0〜1個

ぐらいと予想してみます。



★前回からの繰り越し個数 ※ブルーグレー地=大阪抽選

191→195繰1ボ1繰0
186→190繰1繰0繰1ボ2繰0ボ1繰1
181→185繰2繰2三繰1繰1ボ1繰2繰0三繰2
ボ1
176→180繰2繰0ボ1繰4繰1三繰2
ボ1
繰0
171→175繰2繰1三繰1繰1四繰1
ボ1
繰0繰1
166→170繰2ボ1繰0繰2ボ1繰1ボ1繰1
161→165繰1繰1三繰1繰1ボ1繰1ボ1繰0ボ1
156→160繰2繰1三繰1繰1ボ1繰0繰0ボ1
151→155繰0ボ1繰2ボ1繰0ボ1繰1ボ1繰2ボ1
146→150繰2ボ1繰1ボ1繰1繰0三繰1繰1

第176回以降
繰0 5回/17回  29.4% 
繰1 5回/17回  29.4% 
繰24回/17回 23.5% 
繰32回/17回 11.7% 
繰41回/17回 5.9% 
 三繰 3回/17回 17.6% 
 四繰 0回/17回 0% 
 ボ繰 7回/17回 41.2% 

第158回〜第175回
繰0 5回/18回 27.8% 
繰1 7回/18回  38.9% 
繰26回/18回 33.3% 
繰30回/18回 0% 
 三繰 2回/18回 11.1% 
 四繰 1回/18回 5.6% 
 ボ繰 9回/18回 50.0% 

第146回〜第157回
繰0 2回/12回 16.7% 
繰1 5回/12回  41.7% 
繰25回/12回 41.7% 
繰30回/12回 0% 
 三繰 2回/12回 16.7% 
 四繰 0回/12回 0% 
 ボ繰 7回/12回 58.3% 


第146回〜第157回第158回〜第175回は、基本的に、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少なめ
    標準の「前回り越し1個+ボーナス繰り越し0個」が
    極端に少なく、イレギュラーが常態に近い
  2. 「前回り越し2個」が結構多い
  3. ボーナス繰り越しが異常に多い
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い

という、似たような流れで統一されていた印象。
それは第176回以降も、変わらないのではと予想。

最近は、一応の標準「前回り越し1個」と、
少なめ「前回り越し0個」が増え、ほぼ交互に成立。

でも、ボーナス繰り越しが付いたり付かなかったりで、
的を絞りにくく、難易度は低くありません。

り越し2個以上が、7回続けて出ておらず、
影を潜めてしまったのも見逃せないポイント。
やはり「同じ数字が繰り返し当選」パターン崩壊が、
少なからず影響しているのではないかと。

第191回「30台無し、20台5つ」からり越し0個。
第192回「00台無し、10台4つ」からだと、
次回も似たような展開で、00台と10台の量によって、
多め繰2個以上にも、少なめ繰0にも振れる可能性が。



続・空き・下一桁その他の特徴
第192回連1三連1間0・同200台無し、10台4つ
第191回連1間2・同0間連間複合、30台無し、20台5つ
第190回連1間0・同2-
第189回連1間1・同2連間複合
第188回連2間0・同2-
第187回連1間1・同2奇数偶数比1:6
第186回連0間2・同020台無し
第185回連1間1・同2連間複合
第184回連1間0・同1-
第183回連1間0・同1-
第182回連1間0・同1三同1-
第181回連2間1・同1連間複合、30台無し
第180回連0間2・同1三同1三間1、30台無し、20台4つ
第179回連1間0・同2-
第178回連0間2・同0三同1-
第177回連0間2・同2-
第176回連1間0・同2-

第192回の要素は、
1組・三連1組・空き0組・下一桁数字2
00台無し、10台4つ

2箇所分散、片方が3数字密集型で超濃いめ。
三連続数字は第176回以降初めてで、結構ご無沙汰。

2回続けて、これだけの濃いめが出ていて、
第176回以降の類型2種類とは、まるで合致しません。

その辺りも、第191回以降で流れが変わった疑惑の論拠のひとつ。
次回も濃いめが続くと想定するのも一手でしょう。

はたまた、第176回以降の頻出2パターンの、
連1間0・同2、各十台あり」路線と、
連0間2、下一桁数字多め」路線に、回帰はあるのか。


下一桁数字は、同2組。
ここだけは、今まで通りの流れに収まった感じ。
ただ、流れに関係なく最近の主流と言えるので、
あまり意識しない方が良いかもしれません。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック