FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2016年12月30日 (金) | 編集 |
回別第193回
抽選日2016年12月30日
本数字04 06 20 21 22 24 31
ボーナス数字(09) (10)

1等0口 該当なし 
2等9口 1202万1,800円 
3等113口 134万0,400円 
4等6,037口 1万4,700円 
5等10万0,444口 2,100円 
6等19万3,019口 1,000円 

販売実績額23億8695万4,800円 
=795万6,516口×300円 
キャリーオーバー3週累積 8億4472万8,055円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット A
抽選順序212231202406041009
球の色


■繰り越し
前回からり越し0
ボーナスから1個 22
回から2個 21 24
ット前回から1個 20 (第182回・セットA

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0三連1間2・同2
その他の特徴三連間複合、10台無し、20台4つ
予想しやすさ★★☆☆☆ かたよりが3回続けて

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第193回ロト7は、1等が出ず3週累積、
84千万円がキャリーオーバー!

今年最後となったロト7の抽選でしたが、
1等が出ず、億万長者は誕生しませんでした。

最高額8億円以上の累積金額は来年に持ち越し。
超絶ビッグなお年玉に期待しましょう。



4回続けて「各十台あり」から、
第191回は「30台無し、20台5つ」と突然の超かたより。
第192回は「00台無し、10台4つ」と続いてかたより。
第193回は「10台無し、20台4つ」とまたしてもかたより。

第176回以降で「00台無し」は前回が初めて。
そして「10台無し」は今回が初めてと異質な傾向。

要素も「間連間複合」→「三連続数字」→「三連間複合」と、
超濃いめが立て続けに成立しています。

比較的オーソドックスだった第176回〜第190回に比べ、
かなり、多め・濃いめ・派手めに振れてきていて、
第191回以降で流れが変わった説が、さらに濃厚に。



第176回以降視点では、
中盤4回当選グループから06が当選。
中盤下3回当選グループから04 21 22 24
下位2回当選グループから20 31が登場。

上位と最下位グループからは当選せず、
中盤から固まって出現していて、
蓄積データがあまり参考になっていません。
この点からも流れが変わったのが感じられます。

初期トップ4の「23 28 29 30」から、またも完全沈黙。
初期ワースト3の「18 25 37」から、今回は完全沈黙でした。
出現数字的には特徴が無く、掴みどころが無い印象。

やや偶数寄りだったのが、割と印象に残ります。



要素を確認。
続数字0組、三連続数字1組、空き数字2組、
 下一桁数字2組」
三連間複合、10台無し、20台4つ

前回が第176回以降で初だったのに、
2回続けての三連続数字となりました。

第191回は「間連間複合」で5数字密集型1箇所。
第192回は「三連続+続」で3数字密集型含む2箇所分散型。
第193回は「三連間複合+空き」で4数字密集型含む2箇所分散型。

第176回以降の類型は薄め中心だったので
やはり唐突で、流れが変わったと思えてしまいます。


下一桁は数字2組と多め。
こちらも前回に続いて成立していますが、
流れに関係なくスタンダードのひとつと言えます。



繰り越し関連は、前回り越しが、また0個と少なめ。
「いずれかの十台無し+いずれかの十台4つ以上」が、
バラバラに入れ替わりで出て、さすがに噛み合わない。
特殊な状況が続いているので、ある意味では納得。

ボーナス繰り越しが1個と多め。
こちらは前回と違い、多めが出やすい最近の傾向を踏襲。
流れに関係なく定番化してしまった感じ。

回繰り越しは、2個と想定内の多め。
「20台5つ」→「20台4つ」で、21 24が前回繰り越し。
こちらも、かなりの納得感があります。
とはいえ「繰り返し同じ数字が繰り返し当選」という
少し前の傾向が復活したのとは、また別に思えます。

ットから繰り越しは、1個と標準的。
なんですが、使用されたセットAでは、06 24が初当選。
22 31が過去1回、04 20 21が過去2回当選でした。
3〜6回当選の上位からは、当選ゼロと結構異様。
様々な点で、過去の蓄積データが活きてこない。



今回の使用球は、そのセットA
1番目に長く使用されていなかったセット球。

前回は3番目から使用されたので、
1番目に戻る前に寄り道するのが自然な状況で、
2番目が最適な候補だっただけに割と意外な選択。

もちろん、1番目が最も長く使われていなかったので、
条件としては悪くはなかったんですが・・・。



球の色は、2個が「紺」と「ベージュ」の2色。
かたよりとしては標準的と言えます。

「黄色」がボーナス数字にのみ登場。
「水色」がボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ19302 04 16 20 29 30 3608 13

第193回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同2 奇数偶数比1:6 配色:セットA

前回リハと「02 16 36」の3個も共通数字。
「36」が4回続けてリハに登場し絶好調。

前回リハの平均値連1間1・同1と一歩違い。
しかし、奇数偶数比1:6が個性的で差別化。

今回は、初期トップ4から「29 30」と2個も登場。
初期ワースト3は、またも1個も出ませんでした。

球の色が相当かたよっていて、
「紫」「水色」「ベージュ」の3色が完全沈黙。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック