FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2017年01月06日 (金) | 編集 |
回別第194回
抽選日2017年1月6日
本数字03 06 27 30 31 32 36
ボーナス数字(14) (23)

1等0口 該当なし 
2等6口 1616万9,400円 
3等130口 104万4,700円 
4等6,171口 1万2,900円 
5等9万6,460口 2,000円 
6等18万9,955口 900円 

販売実績額21億4029万7,500円 
=713万4,325口×300円 
キャリーオーバー4週累積 11億3154万9,130円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット B
抽選順序302731360603322314
球の色


■繰り越し
前回からり越し2個 06 31
ボーナスから0
回から0
(本数字→ボーナス1個 14
(ボーナス→本数字1個 03
ット前回から1個 06 (第183回・セットB

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0三連1間0・同1
その他の特徴10台無し、30台4つ
予想しやすさ★★★☆☆ 3回続けて三連

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第194回ロト7は、1等が出ず4週累積、
113千万円がキャリーオーバー!

新年1回目の抽選でしたが、年をまたぎ4回続けて1等無し。
最高額8億円のお年玉とはいかずに残念。
とはいえ、まだまだチャンスは持ち越しです。



流れが変わったと思われる第191以降では、
第191回が「30台無し、20台5つ」
第192回が「00台無し、10台4つ」
第193回が「10台無し、20台4つ」
第194回が「10台無し、30台4つ」

なんと4回続けて大幅なかたよりで、
「いずれかの十台無し&いずれかの十台4つ以上」に!
それ以前は「各十台あり」が標準だったので劇的変化。

そして、第176回〜第190回は全く出ていなかった
三連続数字」も3回続けて成立と驚異的!
第191回は三連ではなかったものの超濃いめ。

まるっきり正反対に方向性が変わっています。
今後も続くなら、分かりやすく狙い撃ちの好機!



第191以降だと、まだ頻出数字は集計不足。
参考で、同じ系統の前々期「第158回〜第175回」と比べると、

8回出現で1位だった27が本数字当選。
7回出現で同率2位の3数字から、31 36が本数字、14がボーナス。
6回出現で同率5位の2数字から、30が本数字。
5回出現で同率7位の5数字から、03 06が本数字、23がボーナス。
残る32も、1段下の4回出現グループ。

下位の0〜3回出現の過半数19個からは当選無し。
出来過ぎなぐらい、上位に集中していました。


「第176回〜第190回」と比べると、
8回出現で1位だった23がボーナスでしたが、
0〜2回出現の下位グループから03 27 31 32が当選と、
裏目に出てしまいそうな当選数字の分布でした。

初期トップ4の「23 28 29 30」から、23がボーナスのみ。
初期ワースト3の「18 25 37」から、今回も完全沈黙。
もう少し初期トップ4が出れば、もっと対応しやすいのに。



要素を確認。
続数字0組、三連続数字1組、空き数字0組、
 下一桁数字1組」
10台無し、30台4つ

3回続けての三連続数字となりました。
「第176回〜第190回」では一度も出ていなかったので、
急激な180度転換という感じの鮮やかな変化。
流れが変わったと確信できますが、いつまで続くのか。

第191回は「間連間複合」で5数字密集型1箇所。
第192回は「三連続+続」で3数字密集型含む2箇所分散型。
第193回は「三連間複合+空き」で4数字密集型含む2箇所分散型。
第194回は「三連続」のみで3数字密集型1箇所。


下一桁は数字1組と標準的。
同2組が続いていて、そちらがスタンダードとも言えますが、
同1組は一般的な揺らぎの範囲内でしょう。



繰り越し関連は、前回り越しが、2個と多め。
その前は2回続けて繰0個でした。

「いずれかの十台無し+いずれかの十台4つ以上」が、
バラバラに出ているので、合う合わないの差が激しい。

前回と今回は「10台無し」が共通点だったので、
その分、他の十台が凝縮されて多めに振れた感じ。

ボーナス繰り越しが0個と標準的。
とはいえ、1個のケースも多いので安定しません。
こちらは流れに関係なく、出たり出なかったり。

回繰り越しは、0個と少なめ。
回「00台無し、10台4つ」に対して、
今回「10台無し、30台4つ」では、さすがに合わないか。

ットから繰り越しは、1個と標準的。
しかし、使用されたセットBでは過去に、

〈第141回〉 02 10 18 30 31 32 36

というのがありました。
三連続数字を含む30台4個が完全一致。
これは、ちょっと恐ろしい共通性。



今回の使用球は、そのセットB
1番目に長く使用されていなかったセット球。

最古参18巡目で、11週経過し最有力だったので順当。
先頭を突き進む特別な2番目・セットC以外に、
有望な対抗馬は無いような状態でしたので納得。



球の色は、2個が「緑」と「紫」の2色。
かたよりとしては標準的と言えます。

「赤」がボーナス数字にのみ登場。
「紺」がボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ19409 10 16 32 33 34 3721 25

第194回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1三連1間0・同0 20台無し、30台4つ 配色:セットA

なんとこちらも、三連続数字を含む30台4個で、
「いずれかの十台無し」というのがスゴ過ぎる。

流れの変化が、リハにまで影響しているのか。

初期トップ4から、今回は登場無し。
初期ワースト3は、本数字「37」と、ボーナスに「25」が。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック