FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2017年01月30日 (月) | 編集 |
ロト7は現在、2週キャリーオーバー中。

累積金額は約5億2千万円。
過去の実績からすると、次回第198回の当選金額は、
1等単独当選で、8億円台半ばと予想されます。

いよいよ今週の第198回から、キャリーオーバー時の
最高額が8億円から10億円になります!

これまでなら1等1口最高額8億円のケースですが、
8億円を上回る当選金が期待できる状況に。

新しい最高額の10億円には、まだ1週累積が必要そう。
でも、今までの最高額以上の金額は超魅力的!


下記の各期間+第191回以降に分けて集計。
第191回以降のデータを元に分析・考察していきます。

参考資料:
第1回〜第65回のまとめ→「ロト7第66回予想のための考察」
第66回〜第104回のまとめ→「ロト7第105回予想のための新考察」
第105回〜第119回のまとめ→「ロト7第120回予想のための真考察」
第120回〜第126回のまとめ→「ロト7第127回予想のための芯考察」
第127回〜第145回のまとめ→「ロト7第146回予想のための蜃考察」
第146回〜第157回のまとめ→「ロト7第158回予想のための信考察」
第158回〜第175回のまとめ→「ロト7第176回予想のための眞考察」
第176回〜第190回のまとめ→「ロト7第191回予想のための深考察」


それでは第198回のロト7予想のために、
数字の出現回数を中心に考察してみましょう!
 ↓

第191回〜第197回の7回で各数字が登場した回数
(下線付は最新回当選番号本数字)

3回出現 06 12 21 24 31

2回出現 
04 07 08 13 15 20 25 27 30 32

1回出現 
03 10 14 16 19 22 23 26 28 29 33 34 36 37

ボーナスのみ出現 09 35
0回出現 01 02 05 11 17 18

■参考資料

第158回〜第175回の18回で各数字が登場した回数

8回出現 27 
7回出現 14 31 36 
6回出現 20 30 
5回出現 01 03 06 21 23

4回出現 02 05 07 09 10 32 37
3回出現 08 17 28
2回出現 12 13 15 16 18 19 22 24 35
1回出現 11 26 29 33 34

ボーナスのみ出現 04 25
0回出現 なし




01〜37連番(縦に見てください)

01 11 21 31
02 12 22 32
03 13 23 33
04 14 24 34
05 15 25 35

06 16 26 36
07 17 27 37
08 18 28
09 19 29
10 20 30



〈第197回〉 06 08 10 12 16 21 2814 23


★直近6回出現回数上位

3回 06 12 31   
2回 04 07 13 20 21 24 25 30 32



★本数字に現在進行形で連続出現していない長さ下位

21週 17  18週 09  12週 01  11週 05  

東京抽選でのみ現在進行形で連続出現していない長さ下位
19回 35  



★繰り越し傾向
本数字ボーナス
第197回06 08 10 12 16 21 2814 23011
第196回07 13 15 25 30 32 3708 1412
第195回04 07 12 20 23 24 3126 3501131
第194回03 06 27 30 31 32 3614 2320
第193回04 06 20 21 22 24 3109 10012
第192回12 13 14 19 25 33 3403 2202
第191回08 15 21 24 26 27 2907 30111
第190回02 11 12 18 21 33 3608 3410
第189回03 07 08 10 18 23 3501 19012
第188回06 15 19 25 26 30 3114 18122
紫文字=前回からり越し、ピンク文字り越し、オレンジ文字り越し、
エンジ文字=前回繰り越し、緑文字=ボーナス数字、ブルーグレー地=大阪抽選




第191回以降の傾向

新たに06 12 21が同率首位に
06 12 21 24 31が1位 出現率42.9%(3回/7回)


本数字+ボーナスの総合出現数
14が異様なボーナス当選率で単独首位に!


濃いめ回帰とともに「30台無し」に
「各十台あり」発生率 28.6%(2回/7回)
20台出席率 100%(7回/7回)


波乱のり越し0個+ボーナス繰り越し1
前回からり越し1個以上57.1%(4回/7回)


2回続けて下一桁同2組に
下一桁数字1組以上85.7%(6回/7回)


超濃いめだけど三連ではなかった
三連続数字以上の出現率は42.9%(3回/7回)



第191回以降に見られる傾向
  1. 三連など3数字以上密集型の超濃いめ
    「いずれかの十台無し、いずれかの十台4つ以上」
    繰り越し波乱

第197回は、4数字密集型の超濃いめ「四間」
「30台無し」という点では流れの中か



■詳細解説

第191回以降の出現傾向

出現数首位に5個の数字が並んでいます。
突出して強い数字は無く、まんべんない出現傾向。

第191回以降の7回で、すでにセットAを2回使用。
2回とも当選した06 21が首位にいるなど影響あり。

10 16 28第191回以降で初当選など、
まだ掴みどころがなく、出現予想が難しい。

20台からは2個当選で、やはり高い安定性を維持。


第158回〜第175回との関連性は、
首位となった06 21が上位の方なのは納得ですが、
それ以外は中盤以下で、強い類似性は感じられません。



初期トップ4の「23 28 29 30」からは、
なんと16週長期休眠だった28が、久しぶりに当選。
一時期は最強数字だったので調子が出てくるか。

23がボーナス数字に登場。
直近4回中1回が本数字、2回がボーナスで、
中途半端に露出度が高いのが面白い。

ちなみに、14は直近4回中3回がボーナスで、
妙な部分でエネルギーを使ってしまっている印象。

他のトップ4は、29が1回、30が2回当選と微妙。



最初期ワースト3数字の18 25 37からは、完全沈黙。

25 37は第196回に揃って当選するなど、
有力削除数字候補としては不安定。

でも、18だけは依然としてボーナスにも出ず安定。



「直近6回での出現数」は、
6回中3回に、首位に並んだ06 12が新加入。
31が現状維持で、24が6回中2回に下降。
それでも、第191回以降=直近7回では同列。

6回中2回当選は、12個から9個と減少。
ここら辺りの動向が、今後の上位を左右しそう。



10週以上の長期休眠数字は、6個と比較的多かった。
そこから、結構長い16週休眠だった28と、
10週休眠になったばかりだった16が当選。
削除候補として機能しなかったのが残念。

東京抽選でのみ長期休眠は、
予備軍8回休眠だった10が当選に。



第191回以降の本数字+ボーナスの総合出現数

なんと並み居る首位数字を押さえて、
単独で総合トップに立ったのは14
直近4回中3回のボーナス当選で異常な躍進。

以下は、同率首位5個を含む9個が混戦模様。

本1回&ボーナス3回で計4回14 ↑Up!

本3回&ボーナス0回で計3回06 ↑Up!
本3回&ボーナス0回で計3回12 ↑Up!
本3回&ボーナス0回で計3回21 ↑Up!
本3回&ボーナス0回で計3回24
本3回&ボーナス0回で計3回31
本2回&ボーナス1回で計3回07
本2回&ボーナス1回で計3回08
本2回&ボーナス1回で計3回30
本1回&ボーナス2回で計3回23 ↑Up!

集計・検索は、下記リンクをご利用ください。
「ロト7全当選数字シンプル版」
「ロト7第191回〜当選数字シンプル版」



第158回〜第175回第176回〜第190回第191回以降を、
各十台で分析。ブルーグレー地=大阪抽選

196→200各十台あり30台無し
191→19530台無し00台無し10台無し10台無し各十台あり
186→19020台無し各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり
181→18530台無し各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり
176→180各十台あり各十台あり各十台あり各十台あり30台無し
171→17510台無し
30台無し
10台無し各十台あり00台無し各十台あり
166→17000台無し各十台あり各十台あり各十台あり10台無し
161→165各十台あり30台無し各十台あり各十台あり30台無し
156→16010台無し
20台無し
00台無し10台無し

第191回以降は、
30台無し」→「00台無し」→2回続けて「10台無し」→
2回続けて「各十台あり」→「30台無し」でした。

第191回以降
 各十台あり  2回/7回  28.6% 
00台無し1回/7回  14.3% 
10台無し2回/7回 28.6% 
20台無し0回/7回 0% 
30台無し2回/7回 28.6% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第176回〜第190回
 各十台あり  12回/15回  80.0% 
00台無し0回/15回 0% 
10台無し0回/15回 0% 
20台無し1回/15回 6.7% 
30台無し2回/15回 13.3% 
※同時出現がないので、合計は100%になっています

第158回〜第175回
 各十台あり  8回/18回  44.4% 
00台無し3回/18回 16.7% 
10台無し5回/18回 27.8% 
20台無し1回/18回 5.6% 
30台無し3回/18回 16.7% 
※同時出現があるため、合計は100%ではありません

第65回以前系統は「いずれかの十台無し」多めで、
第66回〜第104回系統は「各十台あり」多めという図式に。

30台無し」で「いずれかの十台無し」が復活。
やはり、かたよりが強い超濃いめと相性が良好。

30台無し」は第65回以前系統の2位。
20台安定も典型的でパターンに合致。

次回も濃いめが続くと想定するなら、
まずは「10台無し」で、次いで「30台無し」が候補。

合間の平均値近くが来ると想定するなら、
「各十台あり」も視野に入ってくるでしょう。



★出現傾向

から0〜1個、
から2〜3個、
から2〜3個、
から0〜1個、
から1〜2個

ぐらいと予想しましたが、

から3個、
から1個、
から1個、
から2個

となりました。

12個と同数の最大派閥だったのに、
2回出現から3個、1回出現から1個と明暗。

そして、初当選が3個と難しい想定でした。
この段階では、まだ安定しないのは仕方がないか。

まだまだ少ないですが、一応、次回は、

から1〜2個、
から1〜3個、
から2〜4個、
から0〜1個、
から1〜2個

ぐらいと予想してみます。



★前回からの繰り越し個数 ※ブルーグレー地=大阪抽選

196→200繰1繰0ボ1
191→195繰1ボ1繰0繰0ボ1繰2繰0三繰1
ボ1
186→190繰1繰0繰1ボ2繰0ボ1繰1
181→185繰2繰2三繰1繰1ボ1繰2繰0三繰2
ボ1
176→180繰2繰0ボ1繰4繰1三繰2
ボ1
繰0
171→175繰2繰1三繰1繰1四繰1
ボ1
繰0繰1
166→170繰2ボ1繰0繰2ボ1繰1ボ1繰1
161→165繰1繰1三繰1繰1ボ1繰1ボ1繰0ボ1
156→160繰1ボ1繰0繰0ボ1

第191回以降
繰0 3回/7回 42.9% 
繰1 3回/7回  42.9% 
繰21回/7回 14.3% 
繰30回/7回 0% 
 三繰 1回/7回 14.3% 
 四繰 0回/7回 0% 
 ボ繰 4回/7回 57.1% 

第176回〜第190回
繰0 4回/15回  26.7% 
繰1 4回/15回  26.7% 
繰24回/15回 26.7% 
繰32回/15回 13.3% 
繰41回/15回 6.7% 
 三繰 3回/15回 20.0% 
 四繰 0回/15回 0% 
 ボ繰 6回/14回 40.0% 

第158回〜第175回
繰0 5回/18回 27.8% 
繰1 7回/18回  38.9% 
繰26回/18回 33.3% 
繰30回/18回 0% 
 三繰 2回/18回 11.1% 
 四繰 1回/18回 5.6% 
 ボ繰 9回/18回 50.0% 


第158回〜第175回第176回〜第190回は、基本的に、
  1. 基準となる「前回り越し1個」が少なめ
    標準の「前回り越し1個+ボーナス繰り越し0個」が
    極端に少なく、イレギュラーが常態に近い
  2. 「前回り越し2個」が結構多い
  3. ボーナス繰り越しが異常に多い
  4. 2回連続で同じり越し個数にならないことが多い

という、似たような流れで統一されていた印象。
あまり期間の区切りによって影響を受けていなさそう。
第191回以降も波乱含みなのは変わらずな感じ。

すでに「前回り越し0個+ボーナス繰り越し1個」が、
二度も成立しているという番狂わせな様相。

繰0が同率首位、ボーナス繰り越しが過半数と、
本当に波乱含みで、いわゆる標準の逆で安定し厄介。

「30台無し」&「奇数偶数比1:6」の凝縮効果で、
次回は多めに振れる可能性があるかも。

ただ、現状では、他の部分で予想を固めて、
繰り越し関連は成り行きの方が得策か。



続・空き・下一桁その他の特徴
第197回連0間3・同2四間1、奇偶比1:6、30台無し
第196回連0間2・同2-
第195回連1間0・同1-
第194回連0三連1間0・同110台無し、30台4つ
第193回連0三連1間2・同2三連間複合、10台無し、20台4つ
第192回連1三連1間0・同200台無し、10台4つ
第191回連1間2・同0間連間複合、30台無し、20台5つ

第197回の要素は、
0組・空き3組・下一桁数字2
四間1、奇偶比1:6、30台無し

数値的には、前回より空きが1組増えただけ。
しかし、四つの数字が空きで繋がる「四間」は、
かなりのレア要素で、そんなに頻発するとは考えにくい。

超濃いめの流れに沿っているとも捉えられ、
同じく4数字密集型の第191回「間連間複合」に、
テイストが似ているかもしれません。

続けて4数字密集型の超濃いめや、
三連の復活も充分にありえそうです。

また、濃いめ崩れの平均値近くも、
合間に発生するのが、これまでにあったパターン。


下一桁数字は、2回続けて同2組。
ちょっと前の定番で、標準的とも言えます。

揺らいでも同1組までが大多数を占めるので、
予想の組み立て次第で、適応するのが良さげ。



以上、参考にしてみてください。
みなさんの予想に幸運が舞い降りますように!
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック