FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2017年03月03日 (金) | 編集 |
回別第202回(大阪)
抽選日2017年3月3日
本数字03 07 11 16 22 34 37
ボーナス数字(29) (32)

1等1口 2億5436万4,500円 
2等18口 472万6,500円 
3等145口 82万1,400円 
4等6,040口 1万1,500円 
5等8万9,056口 1,900円 
6等13万3,997口 1,100円 

販売実績額18億7690万5,900円 
=625万6,353口×300円 
キャリーオーバー0円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット F [大阪会場]
抽選順序341622110703373229
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 11
(本数字→ボーナス1個 32
ボーナスから1個 34
回から1個 34
(ボーナス→本数字1個 11
大阪同ットからセットF[大阪]は初使用
前回「大阪」から2個 03 07 (第189回・セットD[大阪])
東京同ットから1個 34 (第192回・セットF
(ボーナス→本数字2個 03 22

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0間0・同1
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★☆☆☆ 手がかり無さ過ぎ

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

16回目の大阪難波会場抽選となった第202回ロト7は、
1等当選が1口出て、25千万円となりました!
当選された方、おめでとうございます!

大阪抽選&初使用の大阪セット球&要素薄めで、
極めて手がかりが少なく、簡単ではありませんでした。
それでも、1等を獲得できた勝負強さがうらやましい。

とはいえ、最高額が10億円になってから、
全然キャリーオーバーが出なくなったのは残念。



東京抽選・第191以降の出現回数と比較すると、
中盤以下の数字しか当選せず、共通点は無し。
でも、東京の長期休眠数字が出なかったのは奇遇。

一方で、大阪抽選視点でも、そんなにパッとせず。
03が「大阪抽選で3回続けて当選」と絶好調で、
大阪抽選の同率首位まで急上昇しました!
ですが、それ以外は、34を除き、大阪でも中盤以下。
初使用となった大阪セットFの影響も大きそう。

ちなみに東京セットF視点では、34が首位で、
その他は、中盤以下であまり共通点が見出せない。
やはり、大阪セットF固有の出現傾向なのか・・・。

初期トップ4の「23 28 29 30」からは、完全沈黙。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、
37が当選ですが、今回が大阪2回目で本来強くはない。



前回の東京抽選に続いて「各十台あり」に。
大阪抽選では、圧倒的な主流なので納得。



要素を確認。
続数字0組、空き数字0組、下一桁数字1組」
各十台あり

連間がゼロの超薄めは、大阪抽選では初めて。
各数字がまんべんなくバラつき過ぎています。

続数字0組ですら、大阪16回中2回目なので、
かなり異例とも言える特徴の無さとなりました。
ここら辺りも、大阪セットF初採用ゆえなのか。

もちろん、東京抽選・第191回以降とも合致せず。


下一桁は、数字1組と標準的。
とはいえ、抽選6個目まで0組ペースだったので、
危うく連0間0・同0のオールゼロになるところでした。

同1自体は、大阪で最大派閥なので問題なし。

また、東京で続いていた、
同2×2回→同1×2回→同2×2回→同1×2回→
同2×2回・・・というループも、
同1になったことで繋がっています。



繰り越し関連は、前回り越しが1個で標準的。
東京→大阪に関わらず1個が主流で標準的。

ボーナス繰り越しは、1個と多め。
最近は東京で猛威を振るっている上に、
前回の大阪でも1個だったので流れなのか。

ちなみに、前回り越しの11と、ボーナス繰り越し34は、
両方とも、直近3回で本数字2回+ボーナス1回当選。
互い違いながら、東京・大阪をまたにかけて、
3回とも出現という異常な露出度になっています。

回繰り越しは、1個と標準的。
上記のように、34が本数字から、11がボーナスから。

大阪同ットから繰り越しは、何度も書きましたが、
大阪セットFが初使用なのでデータがありません。

前回の大阪抽選15回目・第189回で使用の
大阪セットDからは、2個と多め。
03が大阪抽選で3回繰り越しを達成。

東京同ットから繰り越しは、1個と標準的。
こちらも34で、セットFの首位&2巡繰り越し中でした。
東京と大阪で関連性が感じられるほどの存在感。



今回の使用球は、散々書きましたが大阪セットF
東京視点で3番目に長く使用されていなかったセット球。

「大阪は過去使用セット球を使用」ルールと、
「1番目を2回続けて使用」ルールが適用されず、
3番目から大阪初使用は二重のフェイント。

有効射程圏内の3番目だったとはいえ、
想定するのは困難な状況でした。



球の色は、2個が「紺」の1色だけでした。
かたよりとしては少ない部類。
こちらでも相当まんべんなく掴みどころ無し。

「ベージュ」がボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ20211 18 19 23 24 30 3217 20

第202回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連2間1・同0 00台無し 配色:セットA

要素3箇所分散型の濃いめだけど、
下一桁数字は0組になっています。

前回の東京リハーサルと「11 18」が共通。

初期トップ4から、大阪首位でもある「30」と、
「23」が複数登場と盛況。
初期ワースト3からは「18」が登場。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック