FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2017年03月10日 (金) | 編集 |
回別第203回
抽選日2017年3月10日
本数字06 13 17 22 32 33 36
ボーナス数字(12) (28)

1等1口 2億3690万2,300円 
2等9口 901万1,200円 
3等106口 107万1,100円 
4等5,225口 1万2,700円 
5等8万0,052口 2,000円 
6等14万7,130口 1,000円 

販売実績額17億8918万0,500円 
=596万3,935口×300円 
キャリーオーバー0円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット A
抽選順序133606223233172812
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 22
ボーナスから1個 32
回から2個 17 32
(本数字→ボーナス1個 28
(ボーナス→ボーナス1個 12
ット前回から1個 06 (第197回・セットA
(本数字→ボーナス2個 12 28

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間0・同3
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★★☆☆ 前々回に似た感じ

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第203回ロト7は、1等当選が1口出て、
23千万円となりました!
当選された方、おめでとうございます!

またもキャリーオーバーが発生せず、
最高額が10億円にアップしてから全然貯まらない。

無理やりにでも1等0口にするために、
かなり強引なセット球選定をした風だったんですが、
結局はキャリーならずで累積ゼロなのがなんとも。



第191以降の出現数字は、首位の「21 31」が足踏み。
その隙に、32が当選で首位に並びました。

絶好調なのが17で、第199〜201回にり越し達成。
第202回の大阪抽選を除外すると、東京で4回続けて当選!

同じくり越しを達成していた28は、
今回はボーナス数字で、露出度だけは維持。

その他、06 13 22も4回出現の第二グループに仲間入り。
大阪抽選が無かったかのような上位への集結。

初期トップ4の「23 28 29 30」からは、
上記の28がボーナス数字に登場しただけ。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、
3回続けて完全沈黙→大阪で「37」登場→完全沈黙。



4回続けて「いずれかの十台無し」から、
大阪抽選を挟んで3回続けて「各十台あり」に。

前回の大阪が例外&今回と前々回が似ているので、
さほど大きな揺らぎではないかもしれませんが、
下手すると、すでに大きく流れが変わっている可能性も。



要素を確認。
続数字1組、空き数字0組、下一桁数字3組」
各十台あり

前々回の連1間0・同2から、下一桁数字が1組増加。
まんべんない各十台ありで、薄めも似ています。
ボーナス数字の28と、36を入れ換えれば、
全体の構成がほぼ一致するほどそっくり。

やはり大阪を飛ばして考えれば、流れが繋がっている印象。


下一桁は、数字3組と珍しい超多め。
同2×2回→同1×2回→・・・」ループが崩れました。
大阪でも繋がっていたので、ちょっとした番狂わせ。

第191回以降で同3組は初めて。
同1組か同2組以外ですら13回中2回目。



繰り越し関連は、前回り越しが1個と標準的。
大阪→東京の戻り回でも、荒れませんでした。

ボーナス繰り越しは1個と多め。
というか、第191以降の統計から言えば、
むしろ1個が標準となるほどの高い発生率。
大阪との壁をものともしない勢いに驚愕。

回繰り越しは、2個と想定内の多め。
上述の通り、前回=東京前回で共通点が多く、
ボーナス数字を含めた絡みも目立つ。

ットから繰り越しは1個と標準的。
各十台の比率が異なり、共通点は意外に少ない。
ひょっとすると流れが変わっているのか?



今回の使用球は、セットA
5番目に長く使用されていなかったセット球。

22巡目の2セット目使用が早過ぎる。
5番目・6週前から採用自体が相当なイレギュラー。
第191以降の13回で、すでに3回使用の異常頻度。
またしても、事前想定が困難を極めました。

キャリーを発生させ、新最高額10億円に近付くために、
かなり強引なフェイントを仕掛けてきたのかも。

セットAは、基本的に1等防御率が高いセット球。
ですが、結局は1等が出て、キャリーオーバーとならず、
まだまだ10億円には遠い道のり・・・。



球の色は、2個が「紺」と「赤」の2色でした。
かたよりとしては一般的な部類。

「紫」がボーナスのみ出現。
「黄色」がボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ20310 19 22 24 25 32 3404 17

第203回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間2・同2 連間複合、00台無し 配色:セットA

3数字密集型+1要素の超濃いめ、
「いずれかの十台無し」は、第191以降っぽい。

本抽選よりこちらの方が、掴みどころがあって、
組み立てやすい分、難易度は低く感じます。

「32 34」辺りの活躍は、本抽選と同様。

初期トップ4からは完全沈黙で、
初期ワースト3から「25」が登場。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック