FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2017年03月17日 (金) | 編集 |
回別第204回
抽選日2017年3月17日
本数字05 19 20 21 30 34 36
ボーナス数字(07) (12)

1等0口 該当なし 
2等4口 1952万9,000円 
3等100口 109万3,600円 
4等4,310口 1万4,800円 
5等6万8,340口 2,300円 
6等12万9,597口 1,000円 

販売実績額17億2333万4,400円 
=574万4,448口×300円 
キャリーオーバー1週累積 2億3745万7,480円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット I
抽選順序360534192130200712
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 36
ボーナスから0
(ボーナス→ボーナス1個 12
回から1個 34
(本数字→ボーナス1個 07
ット前回から2個 21 36 (第190回・セットI
(本数字→ボーナス1個 12
(ボーナス→本数字1個 34

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0三連1間1・同1
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★★☆☆ 三連が復活

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第204回ロト7は、1等が出ず、
24千万円がキャリーオーバー!

億万長者が誕生せず残念でした。
とはいえ、最近は1等が連発していたため、
新しくなった最高額10億円が非常に遠い状況。

久しぶりのキャリーオーバーで少し道が開けました。



第191回以降の出現数字は、足踏みしていた21が当選!
単独首位に躍り出て復活をアピール。

そして、三連続数字も再度成立して、
久々にとても第191回以降らしい結果になっています。

21以外は、量が多い中盤からの出現が多かった。
34は直近5回中3回本数字+1回ボーナスで上り調子。

一方で、現役最長17週休眠だった05の第191回以降初当選や、
11週休眠だった19当選という弱数字の台頭もありました。

初期トップ4の「23 28 29 30」からは、
30が当選で、ひとまずの存在感。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、完全沈黙で、
大阪抽選以外では削除数字として機能。



4回続けて「いずれかの十台無し」から、
大阪抽選を挟んで4回続けて「各十台あり」に。

三連とは別に、30台が3個あったので、
逆に「各十台あり」になる方が狭い道でした。

「各十台あり」が続いて、流れが変わった感じでしたが、
今回を見ると、そうでもないかという気がします。
うーん、ちょっと微妙な傾向です。



要素を確認。
続数字0組、三連続数字1組、空き数字1組、下一桁数字1組」
各十台あり

3数字密集型の三連を含む要素2箇所分散型。
それでいて、三連のどちらかの辺が欠ければ、
平均値連1間1・同1になるのが、第191回以降らしさ。


下一桁は、数字1組と標準的。
前回は同3組で「同2×2回→同1×2回→・・・」ループ崩壊。
しかし、それを除外すれば、一応は元の道に戻った形。
再びループが始動となった可能性があるかも。



繰り越し関連は、前回り越しが1個と標準的。
そして、ボーナス繰り越しも0個と標準的。

いわゆる標準の「り越し1個+ボーナス繰り越しも0個」に。
4回続けてボーナス繰り越し1個だったため、
むしろあるのが標準と言えるほどなので、逆に新鮮。

回繰り越しは、1個と標準的。
好調34が大阪抽選からの繰り越し。

ットから繰り越しは2個と多め。
なんと36は、セットIで4巡続けての当選。



今回の使用球は、そのセットI
1番目に長く使用されていなかったセット球。

19巡目をシャッフルしていた都合で遅れていました。
使用から14週経過&2週スルーは待たせ過ぎ。
もういい加減に使おうよという状況だったので納得。



球の色は、2個が「紺」と「紫」の2色でした。
かたよりとしては一般的な部類。
前回から「赤」と「紫」が入れ替わったようなイメージ。

「赤」と「黄色」がボーナスにも出ない完全沈黙。
「黄色」は2回続けての完全沈黙と不調。



★その他の情報

今回は、ボールの検定中、抽選会場スピーカーに異常発生。
ノイズが響き渡る音声トラブルで、中断する珍しい事態に。

そして、そのハプニングが収まった後には、
なにかの番組のロケ? レポート? をやっていたようで、
なぜか非常に密度の濃い会場中継となっていました。



リハ20401 06 21 23 24 34 3704 09

第204回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同2 連間複合、10台無し 配色:セットA

「連間複合」&「いずれかの十台無し」は、
前回のリハーサルと共通点で同じ流れ。

こちらでも「34」が大活躍で連続登場。
本抽選より安定しているかもしれません。

初期トップ4からは「23」が登場で、
初期ワースト3から「37」が登場。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック