FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2017年07月28日 (金) | 編集 |
回別第223回(大阪)
抽選日2017年7月28日
本数字10 13 19 21 26 33 34
ボーナス数字(24) (25)

1等0口 該当なし 
2等8口 898万1,800円 
3等99口 101万6,100円 
4等4,669口 1万2,600円 
5等7万0,043口 2,000円 
6等11万4,037口 1,100円 

販売実績額15億8520万4,200円 
=528万4,014口×300円 
キャリーオーバー1週累積 2億1653万7,490円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット A [大阪会場]
抽選順序192610132133342425
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 21
ボーナスから0
回から0
(ボーナス→本数字1個 13
大阪同ットから0個 (第170回・セットA[大阪])
(ボーナス→ボーナス1個 24
前回「大阪」から2個 13 21 (第219回・セットI[大阪])
(本数字→ボーナス1個 25
東京同ットから0個 (第214回・セットA

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間1・同1
その他の特徴00台無し
予想しやすさ★★★★☆ 平均値&繰1

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

18回目の大阪難波会場抽選となった第223回ロト7は、
1等が出ず、21千万円がキャリーオーバー!

億万長者が誕生せず残念でした。
大阪抽選だったせいもあるのか、
販売実績額が全然伸びなかった。
累積金額2億1千万円は、かなり少ない。



第191回以降の出現数字は、東京抽選視点で、
13 21が上位だけど、関連性が微妙な感じ。

一方で、大阪セットA視点でも、大阪抽選全体視点でも、
あまり有力な数字が出ていなかった印象。

初期トップ4の「23 28 29 30」からも、
初期ワースト3の「18 25 37」からも、
完全沈黙で、傾向が掴みにくい構成でした。



東京では「いずれかの十台無し」が優勢でしたが、
それが移ったのか大阪で「00台無し」に。

しかし、大阪で「00台無し」は初めて。
これまでの17回中14回が「各十台あり」で、
3回が「10台無し」とかたよっていました。

「00台無し」は大阪らしくないというか、
ちょっと新しい感じがします。



要素を確認。
続数字1組、空き数字1組、下一桁数字1組」
00台無し

平均値ど真ん中の連1間1・同1でした。
第191回以降の東京抽選の類型というより、
元々が平均値に近い大阪抽選らしい印象。

それでも、これほどの「ど真ん中」は珍しいし、
「00台無し」とあわせて、結構新鮮かも。


下一桁は、数字1組と標準的。
大阪では過半数の最多成立なので順当。



繰り越し関連は、前回り越しが、1個と標準的。
ボーナス繰り越しも、0個と標準的。
東京→大阪接続なのに極めて素直で、
なんと前回の大阪抽選から2回続けて標準。

回繰り越しは、0個と少なめ。
これぐらい接点が少ない方が、むしろ普通。

大阪同ットから繰り越しは、0個と少なめ。
大阪セットAは第170回以来で久々の選択。

前回の大阪抽選17回目・第219回で使用の
大阪セットIからは、2個と多め。
物理的に別のセット球のはずなのに、共通点が多い。

東京同ットから繰り越しは、0個と少なめ。
コトダマ的な繋がりだけなので、ある意味では普通。



今回の使用球は、大阪セットA
東京視点で3番目に長く使用されていなかったセット球。

「大阪は過去使用セット球を使用することが多い」
という慣例が、しばらくぶりに採用されました。

大阪最多使用の大阪セットAが、
有効射程圏内の3番目だったので納得。



球の色は、3個が「水色」の1色、2個が「紺」の1色。
かたよりとしては、割と大きい。

「緑」がボーナスのみの登場。
「赤」と「黄色」がボーナスにも出ない完全沈黙。
寒色系でまとまった地味な色合い。



★その他の情報

リハ22305 13 14 16 24 31 3226 33

第223回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連2間1・同1 連間複合、各十台あり 配色:セットA

こちらは平均値連1間1・同11組。
濃いめではありますが、構造はオーソドックス。

こちらも、初期トップ4と初期ワースト3が完全沈黙。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック