FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2013年04月14日 (日) | 編集 |
201〜300のロト7シミュレーション予想でも、

やはり、1空き1・下一桁同1 は強い。

コンピューター乱数の確率では、いつもNo.1!
第2回も33さえなければ、実は連1間1・同1だった!

だから、この事実上の本命を中心に予想してみたい!



そして、暫定シミュレーションでり越し数字は「1」が40%ちょっと。
なので、連1間1・同1繰1が予想の基本となるかも!
(繰り越し数字の詳細は、近いうちに別の記事で紹介します)



今回も連1間1・同1とあわせて連1間1・同2も紹介。

第2回当選数字の本数字を紫文字に、
ボーナス数字を緑文字にしています。
ピンク文字は、2週連続で登場中の数。
※暫定シミュレーションでは、3回連続で同じ数が出るのは約2ヵ月に1回。



そのまま選んでも構いませんが、
連1間1・同1のどこかに、1足すか1引くかするのもおすすめ。
それではどうぞ!
 ↓

連1間1・同1→(1組、空き1組・下一桁同1
 暫定シミュレーション確率10.667%(1位)
 またちょっとだけ確率が上がりました。

■201〜300
〈205番〉 03 06 16 29 31 32 35 (連間複合)※第2回6等
〈207番〉 16 21 28 30 33 36 37 (00台無し)
〈208番〉 05 06 12 19 28 32 34
〈213番〉 02 04 05 11 20 26 31 (連間複合)
〈216番〉 03 04 12 16 18 23 35

〈262番〉 01 03 08 09 15 22 31 (00台4つ)
〈271番〉 02 06 07 12 14 23 25 (30台無し)
〈274番〉 14 19 28 30 33 34 37 (00台無し、30台4つ)
〈275番〉 03 07 09 15 16 30 37 (20台無し)
〈278番〉 04 12 13 17 19 27 36

〈293番〉 03 05 06 11 23 27 30 (連間複合)


■001〜200
過去数字からは、繰り越しになる数字を1個だけ含むものを集めました。
り越し02も気になる方は、以前の記事を参照。
ボーナス数字は検証用に入れておきます。

〈066番〉 04 06 17 21 25 26 29 (30台無し)
〈154番〉 09 19 20 23 25 28 36 
〈184番〉 11 13 14 20 25 30 37 (連間複合、00台無し)

〈188番〉 07 13 18 22 34 36 37 (連間複合)

〈163番〉 04 06 15 18 28 31 32
〈074番〉 08 15 18 19 21 26 32 (連間複合)



連1間1・同2→(1組、空き1組・下一桁同2
 暫定シミュレーション確率7%
 こちらはジャスト7%の7個出たので確率変わらず。

■201〜300
〈214番〉 05 15 27 31 32 34 37 (連間複合)
〈222番〉 15 18 25 27 30 32 37 (00台無し)
〈236番〉 03 10 17 18 26 28 30
〈237番〉 09 20 24 29 31 34 35 (10台無し)※第2回3等
     エェェーーーーーッ!!?
〈251番〉 04 07 10 24 25 28 30

〈270番〉 07 12 14 18 24 36 37
〈290番〉 06 15 18 19 24 26 34


■001〜200
こちらも、過去数字からは繰り越しになる数字1個系。

〈178番〉 07 10 15 16 20 22 37

〈067番〉 10 13 14 22 30 34 36 (00台無し)

〈137番〉 03 09 12 13 15 18 35 (連間複合)
〈177番〉 02 06 16 18 31 32 36 (20台無し)

〈036番〉 02 07 08 13 18 30 32 (20台無し)



3等が・・・!!!
「って、後出しで何言ってんの?」という方もいると思いますが、
数字自体は第2回の抽選前に、もう出てたんです。
ホントに後出しの世迷いごとですが・・・個人的には手応えを感じました。

34の三週入りも、12の本数字→ボーナス数字→本数字も、
ありえるような気がします。
ただ、情報の蓄積が少ない現状では、この2数字に
意外と買う人が殺到するかもしれません。
当たっても、山分け率が高くなってしまう危険性がある!?
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック