fc2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2017年12月29日 (金) | 編集 |
回別第245回
抽選日2017年12月29日
本数字02 08 09 11 24 26 27
ボーナス数字(07) (36)

1等2口 1億1749万4,400円 
2等12口 668万1,100円 
3等157口 71万4,900円 
4等6,149口 1万0,700円 
5等9万3,255口 1,700円 
6等16万0,222口 900円 

販売実績額17億6873万1,300円 
=589万5,771口×300円 
キャリーオーバー0円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット A
抽選順序112627080224090736
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 02 三繰1個 09
(本数字→ボーナス1個 36
ボーナスから1個 11
回から0個 三繰1個 09
(ボーナス→本数字1個 11
ット前回から2個 02 09(第235回・セットA
(ボーナス→本数字1個 11

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連2間2・同0
その他の特徴連間複合2、30台無し
予想しやすさ★☆☆☆☆ 超々濃いめ&繰り越し波乱

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第245回ロト7は、1等当選が2口出て、
12千万円となりました!
当選された方、おめでとうございます!

せっかく今年最後のロト7で1等を獲得されたのに、
累積ゼロから2口に割れて1億円強だったのは、
お気の毒にも思えますが、やはりうらやましい。

そして、お年玉気分の新年1回目の抽選も、
また累積金額無しなのが、ちょっと寂しい。



第191回以降の出現数字は、
上位少数&残り中盤が最近の流れ。

上位3個は、単独3位の36が前回本数字からボーナスへ。
そして、単独4位の09が3回続けて当選と絶好調。

24 26は中盤から上位に向かう感じ。
2回続けて当選の02は、いまだに中盤。
それ以外は、中盤から下位に広く分布。

全体としては、流れとは関係ないという印象。


初期トップ4の「23 28 29 30」からと、
初期ワースト3の「18 25 37」からは、
どちらも完全沈黙で、こちらも流れの外か。



「いずれかの十台無し」優勢の流れは、ひとまず復活。
3数字密集型2箇所の超々濃いめだったのも影響して、
2回休み後の「30台無し」と「いずれかの十台無し」に。



要素を確認。
続数字2組、空き数字2組、下一桁数字0組」
連間複合2、30台無し

続数字と空き数字が繋がった「連間複合」が2組!
2013年7月の大阪抽選だった第17回以来で史上2回目!
ハイパーレアな3数字密集型×2の超々濃いめ!

それでも、1等当選が2口だったのはスゴい。
こういう濃いめを狙っていたんでしょうか。

第191回以降で類型の「三連続数字を含む濃いめ」や、
それと紙一重の「平均値連1間1・同1近辺」は、
流れが遠ざかってしまったような感触。


下一桁は同0組と少なめ。
前回の変則的な数字1組に続き波乱。
3数字密集型2組が、全く噛まなかったのは逆に不思議。

標準の数字1組または2組で安定路線は崩壊。



繰り越し関連は、前回り越しが1個に加え、
り越し1個の合計2個と多め。
第239回で成立した形と非常に近くなっています。
そして、前回本数字からボーナス数字への移行が1個。

ボーナス繰り越しは、1個と標準的。
4回続けて1個→3回続けて0個→とりあえず1回1個。
波が激し過ぎるけど、なにはともあれ復活。

回繰り越しは、0個に加え、
り越し1個の合計1個と標準的。
こちらは可もなく不可もなく、09の好調さが際立つ結果。

ットから繰り越しは、2個と多め。
この繰り越し2個が02 09で、
加えてボーナス数字から11が本数字へ。
これが前回り越しと完全に一致しているのが驚き。

今回は、繰り越し全般で相当珍しい展開。
特に、前回・前回・同ット球前回の3回で、
共通して、本数字09と、ボーナス数字だった11が、
本数字へ繰り越したのが凄まじ過ぎる。



今回の使用球は、セットA
1番目に長く使用されていなかったセット球。

そろそろリズム変化や、強フェイントがありそうでしたが、
結果的には最有力の条件だった本命を無難に選択。



球の色は、2個が「黄色」の1色のみ。
かたよりとしては、少ない部類。

「紫」がボーナスのみの登場。
ボーナスにも出ない完全沈黙は今回無し。
意外に珍しい色の分布と言えます。



★その他の情報

リハ245051418243032341936

第245回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連0間2・同0三同1 三間1、奇数偶数比1:6 配色:セットA

前回・前々回の本抽選の名残となる「三間」に。
ボーナス数字を組み込めば「四間」になるし、
偶数が圧倒的に多いなど、かなり特徴的な出目。

初期トップ4からは「30」が、
初期ワースト3からは「18」が登場。
本抽選では沈黙も、リハでは存在感を見せています。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック