FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2018年01月12日 (金) | 編集 |
回別第247回
抽選日2018年1月12日
本数字10 12 13 16 34 35 36
ボーナス数字(11) (37)

1等0口 該当なし 
2等8口 874万4,900円 
3等75口 130万5,800円 
4等3,817口 1万5,000円 
5等6万2,163口 2,200円 
6等11万7,489口 1,000円 

販売実績額15億4339万5,000円 
=514万4,650口×300円 
キャリーオーバー1週累積 2億1513万0,950円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット G
抽選順序121310163534363711
球の色


■繰り越し
前回からり越し0
ボーナスから1個 36
回から0
(本数字→ボーナス1個 11
(ボーナス→本数字1個 36
ット前回から1個 13(第225回・セットG

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1三連1間1・同1
その他の特徴連間複合、00・20台無し、10台4つ
予想しやすさ★☆☆☆☆ 3数字密集型×2!

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第247回ロト7は、1等が出ず、
21千万円がキャリーオーバー!

億万長者が誕生せず残念でした。
ただ、最近はキャリーオーバーが発生していなかったので、
累積金額が発生したのは、悪くないかもしれません。

前回は、お正月絡みで販売実績額が伸びませんでしたが、
今回は2億円台に乗って、ほっと一安心というところ。



第191回以降の出現数字は、
上位少数&残り中盤が最近の流れ。

単独2位だった13と、同率3位の36が当選で、上位から存在感。
12 34 35は中盤からと、ここまでは順調だったんですが、
10 16は同率で下から2位だったので、凄まじく下位。

まんべんなくというより、上位・中盤・下位と、
3ブロックに分かれて、それぞれ固まったイメージ。


初期トップ4の「23 28 29 30」からは、完全沈黙。
前回やっと完全沈黙を脱出したのに、逆戻りで不安定。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、
37がボーナス数字のみに終わっています。
完全沈黙ではなかったけど、こちらも不安定。



「いずれかの十台無し」優勢の流れは、派手に復活。
「00・20台無し、10台4つ」と2箇所の十台無しに。

第225回・第227回・第229回に、1回飛ばしで、
立て続けに「2箇所の十台無し」が出たとき以来。
また派手め路線に流れが移ったんでしょうか。

それにしても、抽選順で10台が4個続いた後、
30台がボーナスまで4個続き、最後に10台1個。
00・20台がボーナスにも出ない完全沈黙なのが激し過ぎ。



要素を確認。
続数字1組、三連続数字1組、空き数字1組、下一桁数字1組」
連間複合、00・20台無し、10台4つ

3数字密集型が「連間複合」と「三連続数字」の2箇所!
そのせいもあり、各十台分布も大幅にかたより!

前々回の第245回は「連間複合」が2組で3数字密集型2箇所。
超派手め濃いめ路線で、一つの流れを形成しつつあるんでしょうか。

第191回以降で類型の「三連続数字を含む濃いめ」や、
それと紙一重の「平均値連1間1・同1近辺」と比較すると、
上記2種を合体させて、2倍の濃いめにしてしまった雰囲気。
今後どのように展開していくか、非常に気になる傾向です。


下一桁は同1組と標準。
標準の数字1組または2組で、安定へと向かうのか。



繰り越し関連は、前回り越しが0個と少なめ。
前回は10台と30台が1個ずつだったので接点が希薄。

ボーナス繰り越しは、1個と多め。
4回1個→3回0個→1回1個→1回0個→とりあえず1回1個。
驚くほど波があって安定せず、想定が難かし過ぎ。

前回り越し&ボーナス繰り越し視点では、
セオリーの正反対となり、結構なイレギュラー。


回繰り越しは、0個と少なめ。
ですが、本数字とボーナス数字で入れ替えあり。
というか、36が直近4回で本数字2回+ボーナス2回、
11が直近5回で本数字1回+ボーナス3回なのが、物凄い露出度。


ットから繰り越しは、1個と標準的。
使用されたセットGの東京前回は「00・30台無し、10台4つ」で、
2巡続けて、00台含む2箇所の十台無し&10台4つと、
今回は色々と普通じゃない出目になっています。



今回の使用球は、そのセットG
4番目に長く使用されていなかったセット球。

1番目からの採用が4回も続いていたので、
そろそろ他の位置が選ばれそうな状況でした。

そうなると、4番目のセットGが意外に条件が揃い、
フェイント側では有力な候補と言えました。



球の色は、2個が「赤」の1色のみ。
かたよりとしては、少ない部類です。

「ベージュ」がボーナスのみの登場。

ボーナスにも出ない完全沈黙は3回続けて無し。
過去にあったかと思えるほど、非常に珍しい事態。



★その他の情報

リハ247040511141622293135

第247回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同1 30台無し 配色:セットA

リハには珍しく、平均値ど真ん中の連1間1・同1
「30台無し」以外は、とても標準的な構成。

初期トップ4からは「29」が登場。
初期ワースト3からは完全沈黙。
ここら辺りも、極めて標準的と言えます。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック