FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2018年01月19日 (金) | 編集 |
回別第248回
抽選日2018年1月19日
本数字01 05 06 22 25 27 31
ボーナス数字(12) (18)

1等1口 4億8679万9,200円 
2等12口 724万4,300円 
3等89口 136万7,400円 
4等5,288口 1万3,500円 
5等8万4,474口 2,000円 
6等15万8,212口 900円 

販売実績額19億1783万4,000円 
=639万2,780口×300円 
キャリーオーバー0円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット J
抽選順序062227050125311218
球の色


■繰り越し
前回からり越し0
(本数字→ボーナス1個 12
ボーナスから0
回から3個 06 25 31
ット前回から0

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連1間1・同2
その他の特徴10台無し
予想しやすさ★★★★☆ 比較的標準に近い

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

第248回ロト7は、1等当選が1口出て、
48千万円となりました!
当選された方、おめでとうございます!

最近はキャリーオーバーが無く、2億円台が多かったので、
4億円台後半は、まずまず当選金額が高くて良かったかと。

反面、最高額10億円への道は、また半ばで途絶。
ロト7ならではの超高額当選が遠のきました。



第191回以降の出現数字は、
上位少数&残り中盤が最近の流れ。

上位は、同率5位だった2個の06 31が揃って当選。
その下の22も当選と、豊作と言えました。

中盤は、25は順当ながら、27は下位に近い。

下位からは、05に加え、単独最下位の01も当選。
分布は広いんですが、かなり下位に寄る結果でした。


初期トップ4の「23 28 29 30」からは、
2回続けて完全沈黙となり、また不調に逆戻り。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、
25が本数字、18がボーナス数字に登場。
前回は「37」がボーナスだったので、微妙な復活具合。



「いずれかの十台無し」優勢の流れは、2回続けて達成。
前回より地味な単独の「10台無し」に。

「00・20台無し、10台4つ」からだったので、
共通点が非常に少なく、繰り越しが壊滅的に。



要素を確認。
続数字1組、空き数字1組、下一桁数字2組」
10台無し

超濃いめ派手めの合間に来た標準の要素。
平均値連1間1・同1に、かなり近くなっています。

第191回以降で類型の「三連続数字を含む濃いめ」や、
それと紙一重の「平均値連1間1・同1近辺」という視点では、
後者に合致して、一応は大きな流れに収まっているか。


下一桁は同2組と多めの標準。
標準の数字1組または2組で、安定してきたかも。



繰り越し関連は、前回り越しが0個と少なめ。
前回が「00・20台無し、10台4個」だったのに、
今回が「00・20台3個ずつ、10台無し」では、
全く合うはずもないので、0個も致し方ない。

ボーナス繰り越しは、0個と標準的。
4回1個→3回0個→1個→0個→1個→0個。
凄まじく安定しないのが、逆に狙い目になっています。

回繰り越しは、3個と超多め。
2回続けてり越し0個だったので、逆の逆で多め。
要素的にも前回と似ていて、近かった感じ。

ットから繰り越しは、0個と少なめ。
よもや、こちらも全然共通点が無いのがスゴい。



今回の使用球は、セットJ
1番目に長く使用されていなかったセット球。

前回は4番目からの採用だったので、
1番目に戻る前に寄り道もありそうでしたが、
あっさりと1番目へ帰ったのは少し意外。



球の色は、2個が「水色」と「ベージュ」の2色。
かたよりとしては、標準的な部類。

「緑」と「黄色」の2色が、ボーナスにも出ない完全沈黙。
完全沈黙無しが3回続きましたが、ようやく終了。



★その他の情報

リハ248041422242528340932

第248回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連1間1・同0四同1 連間複合、奇数偶数比1:6 配色:セットA

こっそりとリハで、珍しい要素が出ていました。
下一桁*4が全て本数字で揃った四同1は超絶レア。
それに引っ張られて、偶数の比率が超高いのも特徴。

初期トップ4からは「28」が、
初期ワースト3からは「25」が登場。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック