FC2ブログ
楽しくロト7予想しよう!セット球攻略&当選番号速報も!毎週数種の切り口でロト7予想!
2018年02月09日 (金) | 編集 |
回別第251回(大阪)
抽選日2018年2月9日
本数字01 15 20 26 28 34 37
ボーナス数字(23) (30)

1等1口 3億1290万6,800円 
2等2口 2591万5,900円 
3等76口 95万4,700円 
4等3,459口 1万2,300円 
5等5万9,358口 1,700円 
6等10万5,067口 1,200円 

販売実績額15億7073万4,600円 
=523万5,782口×300円 
キャリーオーバー0円 

みずほ銀行サイト宝くじコーナー当選番号案内でも確認してください。

セット球セット B [大阪会場]
抽選順序263734280115203023
球の色


■繰り越し
前回からり越し1個 26 三繰1個 34
(本数字→ボーナス1個 30
ボーナスから0
(ボーナス→ボーナス1個 23
回から3個 20 28 37 三繰1個 34
大阪同ットから2個 20 34(第161回・セットB[大阪])
(ボーナス→ボーナス1個 30
前回「大阪」から0個 (第240回・セットG[大阪])
(ボーナス→ボーナス1個 30
東京同ットから1個 26 34 37(第238回・セットB
(ボーナス→ボーナス1個 23

■当ブログの分析・評価
連続・下一桁など連0間1・同0
その他の特徴特になし
予想しやすさ★★☆☆☆ 要素薄過ぎで掴み所無し

続数字の組数、空き数字の組数、→下一桁がじ数字の組数)

20回目の大阪難波会場抽選となった
第251回ロト7は、1等当選が1口出て、
31千万円となりました!
当選された方、おめでとうございます!

1等当選金の振り分けが変更になって、初めての抽選。
従来の2億円台前半から、3億円台前半に増額。

ただ、販売実績額が伸びていなかったので、
もうちょっと上げ幅が欲しかったかなという印象。
3億円以上出ることが周知され、販売実績額も増え、
さらに当選金が増える好循環に期待したい。

最近はロト6で、キャリー無し時の最高額2億円が、
割と出るので、そちらとの差別化も出来てくるかと。

これまで最高額10億円は、4週分累積が必要でしたが、
このペースなら3週分累積で貯まりそうなのも朗報。



第191回以降の出現数字は、
上位少数&残り中盤が最近の流れ。

さすがに東京抽選とは勝手が違うのか、上位6位までは不発。

中盤と上位の中間から、東京から3回続けて当選の34
2回続けての26、加えて37が登場。
この当選で、34は大阪抽選単独首位に。

中盤からは、15 20 28が当選。

そして、東京で単独最下位だった01当選。
実は大阪抽選でも同率最下位だったので逆にスゴい。

総じて、東京抽選の傾向は大阪抽選に継承されず、
ボリュームの多い層から、出現した感じです。


初期トップ4の「23 28 29 30」からは、
28が本数字、23 30がボーナス数字。
なぜか4個中3個と、露出度が異様に高い。
前回は30が本数字、23がボーナス数字だったのが奇遇。
本数字に当選できなかった30は、ついに大阪首位陥落。

初期ワースト3の「18 25 37」からは、37が本数字。
本来なら、37は大阪であまり強くない数字。



「いずれかの十台無し」優勢の流れでしたが、
前回の東京抽選に続き、大阪でも「各十台あり」に。

大阪では「各十台あり」が最も多く成立しているので順当。



要素を確認。
続数字0組、空き数字1組、下一桁数字0組」
各十台あり

東京抽選と比べれば、標準〜薄めが多い大阪抽選。
とはいえ、歴代屈指の薄めで結構な規格外。

第191回以降で類型の「三連続数字を含む濃いめ」と、
それと紙一重の「平均値連1間1・同1近辺」という視点では、
まるで共通点が無いのは、大阪ゆえに致し方ない。


下一桁は、2回続けて同0組と少なめ。
大阪抽選20回中2回目なので、イレギュラーに少ない。

東京抽選では、標準の数字1組または2組で、
かなり安定してきたのに、大阪では逆行する結果。



繰り越し関連は、前回り越しが1個に加え、
り越し1個で、合計2個と多め。
30が前回の本数字からボーナス数字に移行。
東京と大阪で壁を感じさせない共通点の多さ。

ちなみに、抽選順で1個目が26、3個目が34
ボーナス数字2個目が23と、前回と共通の数字は3個とも、
東京→大阪なのに、出現順でも完全一致なのが面白い。

ボーナス繰り越しは、0個と標準的。
とはいえ、23が前回もボーナス、30が前回本数字で、
どちらも前回に顔を出していたので無関係ではない。

回繰り越しは、3個に加え、
り越し1個で、合計4個と過半数の超多め。
回の当選番号を、そのまま購入していたら、
なんと5等だったという驚きの一致。

大阪同ットから繰り越しは、2個と多め。
加えて、30が2巡続けてボーナス数字。
大阪セットB採用は2回目ながら、
本数字2個+ボーナス1個が続けて出ています。

前回の大阪抽選19回目・第240回で使用の
大阪セットGからは、0個と少なめ。
最近は、あまり大阪抽選での受け渡しがない。
しかし、こちらでも30が続けてボーナス数字。

東京同ットから繰り越しは、3個と超多め。
コトダマ的な繋がりだけなのに、意外に共通点あり。
そして、こちらもボーナス数字を継承し23が顔見せ。

なぜか、関連各所で「2330がボーナス→ボーナス」が超多発!



今回の使用球は、大阪セットB
東京視点で、1番目に長く使用されていなかったセット球。

大阪抽選で不確定要素はあったものの、
結局は素直な選択に落ち着いて、無難は無難。



球の色は、2個が「紫」と「黄色」の2色。
かたよりとしては、標準的と言えます。

ボーナス数字が2個とも「ベージュ」で、
「緑」と「水色」の2色が、ボーナスにも出ない完全沈黙。



★その他の情報

リハ251060924253235360103

第251回抽選直前に行なわれたリハーサルの結果。
連2間0・同2 10台無し 配色:セットA

濃いめ「いずれかの十台無し」で、本抽選と対照的。
要素の形としては、組み立てやすかったかも。

初期トップ4からは完全沈黙。
初期ワースト3からは「25」が登場。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック